メイン

2012年01月23日

雪降る羽村市

DSCF3406.JPG

 いやはや、羽村市は大雪です。雷注意報まで発令されました。

2012年01月08日

IKEAで過ごす休日

DSCF3347.JPG

 久しぶりに船橋にあるIKEAにウィンドウショッピングに行ってきました。上の写真は船橋駅を通過する貨物列車を牽引するEF65です。

DSCF3351.JPG

 いやはや、相変わらず巨大な建屋。

DSCF3354.JPG DSCF3356.JPG

 買い物はそこそこに、早めにランチを済ませました。結果的にこれは大成功。

DSCF3357.JPG

 帰宅間際に三女が腹減ったっと大騒ぎしたので、ホットドッグを補給。今回の買い物はネコ用バス(実はベビーバス)でした。ヤレヤレ...

2012年01月07日

Omega修理完了

DSCF2968.JPG DSCF2969.JPG

 19年前、初ボーナスで買ったOmegaの腕時計が壊れてしまいました。実使用上困るのは折れたバンドのピンだけですが、他にも日付の針が竜頭を回しても無反応だったり、一日に数分ずつ遅れるなど不具合が目立っていました。

DSCF3381.JPG

 上の写真は修理で交換された部品です。どうやらガスケットやゼンマイまで交換されているし。本来であれば数年おきにオーバーホールをするのが望ましいとのことですが、今までサボっていたツケか修理代は\68,775-もかかってしまいました。

2012年01月04日

千葉で過ごす冬休み・池の補修

DSCF3333.JPG

 井戸水のポンプが停止していたので再起動しました。上の写真はメダカ池です。左側のスロープはカエル産卵用のバリアフリースロープ。今年はお腐れ水になることなく、無事にオタマジャクシが上陸しますように。

DSCF3335.JPG

 上の写真は別の場所にある、ひょうたん池。こちらは完全に水が干上がっていましたが、底の湿った泥の中にドジョウが4匹も生き残っていました。こちらもカエルが産卵する池ですが、念のため水草とメダカを投入しておきます。

2012年01月03日

千葉で過ごす冬休み・二日目

DSCF3302.JPG DSCF3304.JPG

 二日目は乙浜港へやってきました。いつも竿を出す場所は台船が着岸しているため、場所がありません。

DSCF3309.JPG

 という訳で、すぐ近くの干物屋さん(1-3月限定)に立ち寄りました。何とイワシの生干しが一匹10円で売っていました。お土産も兼ねて、シイラのみりん干し、イカの生干し、そしてイカの塩辛を買いました。

DSCF3311.JPG

 千倉港へ戻り竿を出します。間断なく釣れているので三女は上機嫌。しかしセグロイワシ以外、全く釣れません(笑)

DSCF3314.JPG

 あまり頑張らなかったので、本日の釣果はセグロイワシ46匹。

DSCF3316.JPG DSCF3318.JPG

 帰宅すると昨晩から仕込んだ生干しがちょうどいい具合に。これを焼いていると、今回千葉初参加のネコ共が足元にじゃれついて来ます。やっぱり生臭い匂いには反応するのか?

DSCF3323.JPG

 これはイカの生干しを、そのままぶつ切りにしたものです。私は軽く炙った方がと思ったのですが、干物屋さんの人に「こうやって食べるのがウマイ」と言われたので試してみました。結果はと言うと、驚きの美味しさで不覚にも日本酒を飲み過ぎてしまいました。

2012年01月02日

千葉で過ごす冬休み

DSCF3278.JPG

 元日の夕方移動で千葉へやってきました。元旦二日目から早速初竿出しです。毎年恒例のセグロイワシの入れ食い狙いです。

DSCF3285.JPG

 狙い通り大漁です。セグロイワシだけ72匹。どんな仕掛けを入れてもセグロイワシだけが掛かる様子に大爆笑。今年は針を大きくしたので、2年前の正月ほどは釣れませんでした。

DSCF3287.JPG

 これが今年デビューの秘密兵器「ミニ乾物ネット」です。さすがにコマセは食べたくないので、ワタを取った魚を放り込んで放置します。

DSCF3292.JPG DSCF3294.JPG

 残ったイワシは丁寧に開いて唐揚げにします。本当はマリネにしたかったけど、揚げたそばから三姉妹が摘んでいたので一瞬で無くなってしまいました。

2012年01月01日

謹賀新年2012

DSCF3236.JPG

 明けましておめでとうございます。昨年に引き続き年頭の写真はおせち料理。(笑) 親戚まわりの後、お正月は千葉方面で過ごす予定です。

2011年12月30日

忘年会@御徒町

DSCF3228.JPG

 一次会だけだったのに、恥ずかしながら無茶苦茶呑んでしまいました(冷汗)

2011年12月29日

東京ジョイポリスで過ごす冬休みの一日

DSCF3195.JPG

 納会も終わり予定表を見直すと、ぽっかりと予定の無い日がありました。普段あまり面倒を見られない罪滅しとばかりに、お台場にある東京ジョイポリスへ三姉妹を連れて行きました。

DSCF3198.JPG

 まあ、室内遊技場なので周囲は暗く写真はあまりありません。上の写真は事前に三女がチェックしていた「つぶつぶアイス(仮称)」 三女は一人身長が足りないので私が面倒をみることになりましたが、結構子供と二人でアトラクションに乗るのはいいですね。「頭文字D」のアトラクションでは三女を隣に乗せましたが大ウケでした。

DSCF3202.JPG DSCF3203.JPG
DSCF3204.JPG DSCF3209.JPG

 夕方になり、お台場のビーチハウスで夕日を眺めながらダラダラとビールを呑みます。大変な一年が終わりゆくと実感しました。

2011年12月24日

Santa Guild Project 2011

DSCF3180.JPG

 今年もサンタクロースの下っ端構成員としてクリスマスカードを準備しました。今年からプレゼントの多様化を受け、クリスマスカード兼プレゼントクーポンということになっています。

2011年12月23日

東京ペディ2011

DSCF3139.JPG

 今年最後のイベント、三才ブックス主催の「東京ペディション2011」無事に終了しました。上の写真は忘年会会場へ向かう途中に撮影した神田川沿いの道に並ぶ提灯です。

DSCF3172.JPG

 本日の収穫は、交通安全ステッカー、医療用PHS用ストラップ、そしてBluetoothバーコードリーダーです。本当に使うのだろうか...

2011年12月13日

突発的飲み会

DSCF3079.JPG DSCF3080.JPG
DSCF3081.JPG

 一次会@赤羽にて。


DSCF3084.JPG DSCF3086.JPG
DSCF3083.JPG

 二次会@新宿にて。

2011年11月19日

かいぼり相談会

DSCF2938.JPG

増え過ぎたザリガニを池袋の森から駆除すべく計画していた「かいぼり」ですが、雨天のため順延になりました。年内には何とか水を抜き、年明けの再注水に備えます。

DSCF2936.JPG

池袋駅前もイルミネーションが始まりました。ヤレヤレ、大変な一年でしたが残すとこ一ヶ月です。気を抜かないで頑張りましょう。

2011年07月24日

気まぐれ秩父小旅行・復路編

DSCF1726.JPG

 散々ビールを飲み継ぎながら、三峰口駅に到着しました。

DSCF1730.JPG

 SLを、もう一枚パチリ。

DSCF1731.JPG

 秩父鉄道三兄弟@三峰口駅。

DSCF1741.JPG

 今回のお目当ては、このターンテーブル。

 さらに動画です。位置合わせは手動でした。

DSCF1750.JPG

 この電車で御花畑駅へ向かいます。

DSCF1755.JPG

 仲見世商店街で、さらにアルコール燃料を補給!!

DSCF1758.JPG DSCF1762.JPG

 帰りはこのレッドアローで。右は切符です。

DSCF1761.JPG

 車内でさらにアルコール燃料を補給します。三女はお疲れでスリープモードに入りました。

気まぐれ秩父小旅行・往路編

DSCF1584.JPG

 久しぶりに小旅行でもと、三女をぶら下げて秩父方面へ小旅行に行きました。いやはや、新幹線は久しぶりです。

DSCF1589.JPG

 左が「はやて」、右が「はやぶさ」。

DSCF1590.JPG

 二階席車両は大人気。

DSCF1597.JPG

 とりあえず熊谷へ向かいます。

DSCF1602.JPG

 さすが新幹線。あっという間に熊谷へ到着しました。

DSCF1608.JPG

 秩父鉄道三兄弟(笑)

DSCF1609.JPG

 なかなかいい感じの時刻表。お酒の看板が、さり気なく私を誘惑しています。

DSCF1636.JPG

 定刻通り、SL特急が入線。ホームは阿鼻叫喚のるつぼに。

DSCF1644.JPG

 乗車券とSL特急券。そして秩父鉄道の"Penny Press"。

DSCF1647.JPG

 汽車は一路目的地の三峰口駅を目指して走る。

DSCF1649.JPG

 私にも燃料が必要だ!!!

DSCF1654.JPG DSCF1656.JPG

 おつまみは「SL弁当」で。

 上長瀞駅を通過後、荒川橋梁を通過します。前回の動画は、こちらのエントリーに。

DSCF1694.JPG

 車窓にそびえるのは「武甲山」です。

DSCF1716.JPG

 今回はGPSを持参しましたが、山間で受信状態が悪くデータが飛び飛びになってしまいました。

2011年07月22日

立川で呑んだくれる夜

DSCF1579.JPG

 友人と立川で一杯飲んできました。

DSCF1580.JPG

 終電を逃した、久しぶりにダメな飲み方(冷汗)

2011年06月25日

池袋で呑んだくれる夜

DSCF1315.JPG

 異業種交流の会場にて(笑)

2011年06月18日

Asakusa Underworld

DSCF1278.JPG

 ふと、浅草の地下街へ足を踏み入れてみる。

DSCF1283.JPG

 ご覧のように、かなりレトロな雰囲気。

DSCF1288.JPG

 居心地よく居座ってしまう人もいるようですね。

DSCF1291.JPG

 また、来られますように。

水上バスにて浅草へ

DSCF1230.JPG

 日本未来科学館を後にしてお台場の水上バス乗り場へ向かいます。

DSCF1241.JPG

 このルートはお台場観光後のお約束(笑)

DSCF1245.JPG

 レインボーブリッジ。

DSCF1249.JPG

 三女かなり機嫌がいい。

DSCF1251.JPG

 ガラ空きの船内を疾走する三女(笑)

DSCF1264.JPG

 こちらは御座船

DSCF1266.JPG

 日の出桟橋経由で浅草へ。

DSCF1277.JPG

 浅草に到着。ビルの合間からスカイツリーがよく見えます。

日本未来科学館 - 色々

DSCF1129.JPG

 大好きな光モノ(笑)

DSCF1131.JPG

 インターネット物理モデル。転がるパケットに三女が釘付け。

DSCF1136.JPG

 「はやぶさ」の旅程。

DSCF1139.JPG

 「しんかい6500」のキャビンも三女のお気に入りになりました。

DSCF1141.JPG

 深海で潰れる金属球やカップラーメンの容器。

DSCF1142.JPG

 「しんかい6500」のご尊顔。

DSCF1166.JPG

 MEGASTAR-II Cosmosの上映ドーム。これはかなりオススメ。整理券は開館と同時にダッシュしないと、すぐに無くなってしまいます。

DSCF1167.JPG

 ランチのカレーセット。これを適当につまんで二人分。

DSCF1222.JPG

 霧箱も見てきました。

DSCF1293.JPG

 おみやげの「磁性流体」。流体中の微粒子はかなり細かいので取り扱い注意です。(服に付くと取れにくい)

日本未来科学館 - Asimo

DSCF1170.JPG

 お約束のAsimo。

DSCF1176.JPG DSCF1181.JPG

 そう言えば、階段昇降実演は無くなってしまったのですね。

日本未来科学館 - GeoCosmos 2.0

DSCF1122.JPG

こちらは解像度が上がったGeoCosmos。同行の三女が気に入ったようです。

DSCF1218.JPG DSCF1220.JPG

かなり美しい...

日本未来科学館 - SkyTree特別展示

DSCF1114.JPG

 久しぶりに子連れで日本未来科学館へやって来ました。今日の特別展示は建設中の"SkyTree"について。

DSCF1148.JPG

 工事の看板も634m(笑)

DSCF1153.JPG

 これが根元の構造材だそうです。早く完成するといいですね。

2011年06月11日

LAOX解体中

DSCF1096.JPG

 秋葉原の有名ビルLAOXが解体中でした。とりあえず記念に写真をパチリ。

2011年05月21日

ホビーセンターカトー再訪

DSCF0951.JPG

 弟が実家から回収したNゲージ車両を修理するため、部品を探しにホビーセンターカトー東京店に行ってきました。記憶にある限り20年ぶり以上でしょうか。駐車場には相変わらず京浜急行230形電車が展示されています。

DSCF0952.JPG

 階段を上って2/3Fがショールームです。

DSCF0953.JPG

 残念ながら節電のためレイアウト運転は休止中。

DSCF0957.JPG

 碓氷峠のジオラマ。ケース上には「峠のかまめし」がさり気無く置いてあります。某社長野工場へ足しげく出張を繰り返した過去を思い出しました。碓氷峠の再訪記録はここらへんを。

DSCF0958.JPG

 レイアウトの主であるゴジラに別れを告げてショールームを後にしました。

2011年05月04日

南総海釣り記2011年春

DSCF0738.JPG

 千葉滞在二日目は懲りずに海釣りへでかけました。上の写真は千倉港の白灯です。震災の影響で防波堤に大きな段差ができていました。

DSCF0739.JPG

 千倉港偵察後、いつもの乙浜港へ移動。黙々と釣り始めます。

DSCF0741.JPG DSCF0746.JPG

 早くも三女の仕掛けに毒魚がヒット。ハオコゼの幼魚でした。一応何か釣れると嬉しいらしい(笑)

DSCF0749.JPG

 次女は懐妊中のウミタナゴを釣り上げました。写真撮影後、リリースです。

DSCF0753.JPG

 本日持ち帰った釣果は三匹。左からイワシ、キンタナゴ、ウミタナゴです。

DSCF0754.JPG

 例によって美味しく頂きました。いやはや安心して食べて良いのか迷いますが、とりあえず信じる者は救われるという事で!!

2011年05月02日

Drive Down to Chiba 2011

DSCF0589.JPG DSCF0599.JPG

 GWは平静を装って千葉へ出かけました。上の写真左は海ほたるの夜景。右は木更津側の夜景です。

2011年05月01日

厳戒の秋葉原歩行者天国

DSCF0495.JPG

 GWは久しぶりにカミさんと秋葉原散策。上の写真は近々改装のラジオ会館です。

DSCF0496.JPG

 なぜか消防車が。

DSCF0497.JPG

 ついでにミクの痛車も。

DSCF0503.JPG

 何とも頼りなさげなバリケード。そう言えば今日は日曜なので歩行者天国です。

DSCF0504.JPG

 何か防犯本部らしい。

DSCF0505.JPG

 整列した消防車両。

DSCF0509.JPG

 自分の記憶にある歩行者天国より、人通りが少ないような。

DSCF0511.JPG

 万世橋の交差点に設置されたバリケード。

DSCF0518.JPG DSCF0521.jpg

 再びラジオ会館に戻り、改装にあたっての「さよなら!!ウォール」を眺めます。何だかとても思い出とは思えないような新顔キャラもあったりして(冷汗)

DSCF0525.JPG

 自由で平和な秋葉原が続きますように。

2011年04月29日

本日の麺類@荻窪

DSCF0448.JPG

 恩氏の急逝により、関係者が集まることなりました。上の写真は告別会後に立ち寄ったシェ・マルコ(イタリアン)で注文したボンゴレです。ワインも入り、故人の思い出話もすすみ、まさにご本人の望むお葬式ができたのではないかと思っていました。謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。

2011年04月09日

椿山荘2011

DSCF0383.JPG

 上の写真は御茶ノ水駅近くの神田川水面を流れる桜の花筏。日本列島はすっかり春の気配でありながら、震災による自粛ムードが暗い影を落としています。そんな自粛ムードを打破すべく、久しぶりに家族総出で椿山荘へお花見バイキングへ行ってきました。

DSCF0385.JPG DSCF0401.JPG

 少し早めに現地へ到着し、園庭を散歩。すると真新しい「タヌキ」に関する看板が。しばらく散策すると水車小屋付近で本物に遭遇してしまいました。驚かさないようにと言いながら、子供は狂喜乱舞です。

DSCF0389.JPG

 夜桜が美しい。

DSCF0391.JPG

 チャペルを三姉妹に見せて、結婚したい願望を今から育てることにします。早く結婚して家を出て行きなさい。ただしその前に言葉遣いを直しなさい。(笑)

DSCF0393.JPG

 園内に点在する七福神。上の写真は福禄寿(ふくろくじゅ)様ですが、下から照らすのは不気味なので、できれば止めた方がいいのでは...

DSCF0394.JPG

 五重の塔は改装中。その隣の桜はライトアップされていました。

DSCF0399.JPG

 園庭を抜け、神田川沿いの桜も見事です。ただし例年花見客が酒盛りをしているのですが、今年はさっぱり。震災による自粛ムードの影響と思いますが、被災地の野菜や魚介類、そしてお酒を消費することで復興を後押しできるはず。自粛を呼びかけることで被災地のためになると考えるのは浅はかな考えではないでしょうか。ここは震災の犠牲者を偲びながら杯を傾けるのが粋というものです。

DSCF0402.JPG DSCF0403.JPG DSCF0404.JPG

 ひたすら食べ続けます。

DSCF0405.JPG DSCF0406.JPG DSCF0407.JPG

 ひたすら食べます。特に椿山荘のローストビーフは絶品。肉食長女は何回も取りに行っていました。三女はカニばっか。次女はまんべんなく、最後はアイスクリームとケーキまでちゃっかりと。私は胃袋が縮んだのか早々に断念。やはりオッサンが飲み食いして経済に貢献すると言っても限界があります。やはり次世代育成が肝心でしょう。

DSCF0410.JPG

 最後の写真は桜の柄をあしらったキャンドルグラス。次はホタルの夕べか夏祭りイベントで来たいと思います。

2011年04月02日

三人寄ればネオン街を徘徊

 夕刻久しぶりに池袋の森へ立ち寄ったところ、何故か池袋カエルクラスタの方々と突発飲み会へ。目的はビールによる放射線防護効果を確認するためです。

DSCF0366.JPG

 既に何件かハシゴした後、池袋西口公園で夜桜見物。

DSCF0368.JPG

 なぜか、ラジウム温泉の看板もパチリ。(笑)

サンシャインシティ宇宙展2011

DSCF0351.JPG

 震災の影響が続き、さらには現在進行形の原子力発電所事故も収拾にはほど遠い状況ですが、気分転換にサンシャインシティで開催中の「宇宙展」を見に行ってきました。会場は噴水広場です。

DSCF0352.JPG

 宇宙服を着ての缶バッジ写真撮影。一応大人も可とか。(笑)

DSCF0356.JPG

 再突入カプセルの断面構造がわかるレプリカ。パラシュートの収納方法に納得です。

2011年03月20日

輪番停電(計画停電)

DSCF0325.JPG

 既に報道でご存じかもしれませんが、震災の影響で首都圏が電力不足の事態に陥っています。詳細は東京電力のプレスリリースを参照して下さい。週末も駅構内は薄暗く、エスカレータも止まっています。弱視の方や高齢者は特に不自由かと思いました。また、関東や東北の一部では管理ブロック毎に停電を実施する輪番停電が始まっています。

DSCF0327.JPG

 上の写真は八丁堀駅の様子ですが、精算機も一台を残して電源を落としていました。

DSCF0326.JPG DSCF0329.JPG

 ここぞとばかりに不安や恐怖を煽る雑誌の中吊り広告。オウム真理教地下鉄サリン事件を起こした時を思い出します。そう言えば本日は事件から16年目でした。歴史は繰り返すか?

2011年03月18日

東北地方太平洋沖地震について

 2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震について、被災されました方々へ心よりお見舞いを申し上げます。また、被災地の一日も早い復興を願っています。私を含め親族は無事ですが、震災後の交通途絶や輪番停電等によりご連絡が大変遅くなってしまいました。

 震災後メディア等を通し玉石混淆の関連情報が伝えられていますが、一方で各方面の研究者や技術者個人により多数の情報が発信されています。追って有益と思われる情報を紹介したいと考えます。

2011年02月12日

鉄分及び養分補給

 同行の弟一家をヒキガエル観察だけに付き合わせるのも悪いので、久しぶりに撮り鉄に同行しました。撮影ポイントは前回と同じ。上の動画はFinePix F300EXRで撮影しましたが、やはり専用機の画質にはかないません。

DSCF0214.JPG DSCF0215.JPG

 夜は弟一家と館山の回転寿司屋へ。左は生牡蠣、右はゲソ握りです。無論他にも沢山食べました。(笑)

2011年02月10日

南房総で過ごす三連休

DSCF0168.JPG

 二月の三連休は久しぶりに千葉方面へ出かけることにしました。一度は崩壊した敷地内のメダカ池ですが、追加水草の投入と換水の結果去年の夏頃には生分解により復活。今年は蛙合戦が期待できそうです。同じ敷地内にある金魚を投入したひょうたん池には上の写真のように早速ヒキガエルが現れていました。

DSCF0172.JPG DSCF0175.JPG

 やはりメダカ池にもヒキガエルが登場。

DSCF0174.JPG

 敷地内の草むらにはヒキガエルがのそのそと歩き回っています。踏ん付けないように注意しないとね。(笑)

2011年01月29日

飲んだくれる一月の週末@隋園別館

DSCF0145.JPG

 春節前の隋園別館へ久しぶりに行ってきました。

DSCF0147.JPG

 水餃子食べて。

DSCF0148.JPG

 前菜盛り合わせも。

DSCF0149.JPG

 棒々鶏も注文します。店内は結構な混雑で注文した料理がなかなか出てきません。(笑)

DSCF0150.JPG DSCF0152.JPG DSCF0153.JPG

 お待ちかね北京ダック三点セット。(皮、肉、スープ)

DSCF0151.JPG

 油揚げパンとクワイ、挽き肉レタス包み。オススメ料理の一つです。

DSCF0155.JPG

 だめ押しに小籠包。腹一杯になりました。(冷汗)

2011年01月28日

タヌキ横断注意

DSCF0143.JPG

 青梅市のとある歩道脇に写真のような看板が設置してありました。そう言えばこの近くで夜タヌキを見かけた事があります。23区内でも野生のタヌキがいるようですね。ちょっと驚き。

2011年01月25日

霜寒の候

DSCF0142.JPG

 昨晩久しぶりの雨が降ったせいか、研究所近くの畑には一面の霜が降りていました。寒い日が続き、まだ室内でも毛糸靴下が手放せません。(笑)

2011年01月22日

飲んだくれる夜@池袋

DSCF0135.JPG

 「池袋の森」つながりで新年会。二次会は池袋のネオン街にある昭和の香り漂う赤提灯にて。

秋葉原の歩行者天国再開

DSCF0134.JPG

 長らく中止されていた秋葉原の歩行者天国が明日1/23から再開です。期待とは裏腹に戒厳令のお知らせになりそうな予感。(冷汗)

2011年01月16日

神田明神へお参りする・成功編

DSCF0121.JPG

 やはり神田明神にお参りせねばという事で、次女のお迎えにかこつけて初詣に行ってきました。とりあえず次女ご希望の銭形平次の碑へご案内。そうそう銭形平次は架空の人物です。

DSCF0124.JPG

 さすがこの時期になると境内は空いています。

DSCF0123.JPG

 折しも今日は「だいこく祭」の二日目。上の写真は境内を闊歩する大黒様。

DSCF0127.JPG

 そしてこちらは恵比寿様。後光が差していて、いかにも御利益がありそうでした。(笑)

2011年01月02日

神田明神へお参りする・挫折編

DSCF0108.JPG DSCF0110.JPG

 ITトラブル退散を祈願するため神田明神を訪れましたが、あまりの人混みに退散しました。上の写真は寒さよけに屋台で注文したモンゴイカゲソとおでん、そして日本酒熱燗です。

2011年01月01日

謹賀新年2011

DSCF0079.JPG

 明けましておめでとうございます。いきなり年頭の写真はおせち料理。(笑) ようやく怒濤の2010年が終わり、2011年が始まりました。

DSCF0082.JPG

 元日はお天気にも恵まれ、実家の屋上から建設途中の東京スカイツリーを撮影。

DSCF0084.JPG

 さらに気分良くFinePix F300EXRのパノラマ撮影機能を試します。(笑)

DSCF0085.JPG

 初詣は近所の神社にて。無事厄年の三年間を乗り切ったことを感謝しつつ、家族の健康を祈念しました。

2010年09月18日

稲刈り遠足・収穫編

 週末の土曜日、今年の春先に田植えをした稲が収穫の時期だという事で稲刈り遠足に同行しました。今回のオプショナルツアーは廃校を利用したカルチャースクール。粘土細工と押し花が目玉です。

DSCF3247.JPG

 とりあえず校内の様子を散策。そう言えば小学生や中学生の頃は廊下は走っていたよな。今では老化が走っていますけど。(笑)

DSCF3254.JPG

 あまりにも真っ直ぐな標語に、自分の魂が汚れている事を再度自覚。もう、あの頃の純朴な自分には戻れないのか〜〜

DSCF3258.JPG

 音楽室と思わしき部屋には有名音楽家の肖像が飾ってありました。写真下の左側は(夜になると目が動く)ベートーヴェン。さらにその左側には何かを剥がしたあとがありますが、誰の肖像が貼ってあったんでしょうね。学校の怪談ネタ?

DSCF3263.JPG DSCF3265.JPG

 仲良く並んだ黒電話は「三号共電式卓上電話機」(左)と「三号磁石式電話機」(右)です。どちらも歴史的価値のあるもの。

DSCF3271.JPG

 カミさん制作の押し花。

DSCF3282.JPG DSCF3283.JPG

 そして廃校に集う生物連中。左の写真は巣別れのために集結しているヒメスズメバチかアシナガバチでしょうか。右は廃校プールの水辺に佇む「ニホンアマガエル」。いくら保護色だからと言っても、いくら何でも水色過ぎです。プールの中の青水にはゲンゴロウマツモムシが大量に泳いでいました。ご存じの方は多いと思いますが、これマツモムシに刺されると実に痛いんですよ。

DSCF3290.JPG DSCF3291.JPG

 上の写真にあるように稲刈り体験は終了。アイガモさんの成長した姿が見られず、関係者にインタビューを敢行しましたが一様に口が重く彼らの現状は判明しませんでした。アイガモ〜〜〜、と叫ぶ事でこのエントリーを終了いたします。名付けて「田んぼの中心で合鴨農法と叫ぶ」。

2010年09月05日

高崎へ

DSCF3182.JPG

 弟のカミさん親族(祖母)が入院の末亡くなられたので、急遽斎場のある高崎市へ行くことに。長男家代表として私と両親含め三名で東京からの移動です。

 ちょうど来た新幹線は「ピカ乗りサマー2010」のペイントが施された「ポケモン新幹線」。私よりも先に親父殿がカメラを取り出して激写していました。

DSCF3183.JPG

 背もたれにはこんな印刷が。

DSCF3184.JPG

 親父殿は「○×(弟の名前)はこの手の土産は好きだろ。買っとけ!」と譲らないので、ほやの燻製(?)を購入。自分の分も買っておけばよかったと、少し後悔。(笑)

DSCF3186.JPG

 運良く高崎駅では「SLみなかみ」の入線を見ることができました。ホームは黒山の人だかり。いっそ通勤電車をSLにすれば、毎日通勤が楽しくなるのに。(笑)

 ところが撮影中に被った煤煙が目に入り、この日は終日泣きはらす事に。親父殿のコメントは「停止している機関車の煙が目に入るとは情けない事この上ない」。弟のコメント(過去に同じ事をやった)は「泣きはらせや〜」。まあ、言葉責めは我が家の習慣。これぐらいだったらスルーできる程度。(涙はひたすら流れ続ける)

takasaki.jpg

 何はともあれ本日の移動ルート。さすが新幹線は速いです。

DSCF3194.JPG

 昼食写真。火葬が終わるまでの待ち時間に。

DSCF3197.JPG

 短く簡素な式でした。遺骨はお寺のある四国へと運ばれます。弟夫婦と両親は週末をそちらで過ごす予定。
 個人的に感じたのは火葬は日本人の価値観に合っていると思う。誰だって死者と火葬後の遺骨を見れば、悲しみこそすれ諦めは付くでしょう。ご冥福をお祈りします。

2010年08月28日

ハムフェア打ち上げ

P1000142.JPG

 新橋の「魚金本店」にて。最後の最後に危険なぶっちゃけ話が出て盛り上がりました。東京ペディ2010が楽しみですね。フフフ...

草刈りボランティア2010

DSCF3145.JPG

 毎年恒例、自分が卒業した幼稚園の草刈ボランティアへ行ってきました。去年の様子はこちら。今年は猛暑の為か雑草の成長著しく、ナイロンカッターの草刈り器ではどうも能力不足です。また今年は高い木の枝が例年に無く切り払われており、日照が良くなったことも雑草が増えた原因かもしれません。お山の大イチョウも去年に比べだいぶ枝が刈り込まれていました。

DSCF3147.JPG

 木登りの枝からぶら下がったロープに残ったセミの抜け殻。夏休み明けに登園してきた幼稚園児のためにそっとしておきます。

DSCF3149.JPG DSCF3148.JPG

 園庭中央は花壇だったはずですが、今年は趣向を変えてとうもろこしの栽培をしているそうです。こんなに枯れちゃって大丈夫かなと思いましたが、何と品種はポップコーンだとか。

DSCF3152.JPG

 収穫したポップコーンは部屋の中で乾燥させるそうです。

DSCF3160.JPG

 ついでに海の組のステンドグラスをパチリ。去年撮影分に加えて、もう一枚。

DSCF3153.JPG

 ついでに小学校へ寄ってみると、同じくボランティアと思われる保護者が芝を刈っていました。いやはや、同日開催だったようですが在校生(二女)と卒業生には連絡があったのかな。

DSCF3165.JPG

 赤とんぼが秋の到来を予感させます。そろそろ猛暑日続きには限界なので。(笑)

2010年08月26日

大塚阿波踊り

DSCF3126.JPG DSCF3137.JPG

 大塚阿波踊り当日、三姉妹は祖父(私の親父殿)から小遣いをせしめて夜店へ行ってきたようです。何だかんだで色々と買い食いをして、冷めたたこ焼きとフライドポテトが私の夕食になりました。

DSCF3140.JPG

 最後は金魚すくい。金魚はメダカに交換してもらい、実家のベランダに置いてあるひょうたん池水槽へ追加投入。浮き草の陰でメダカも無事に夏の盛りを生き延びてくれるといいのですが。

2010年08月22日

ハムフェア2010・最終日編

DSCF3099.JPG

 ハムフェア二日目。炎天下の東京ビックサイト(国際展示場)。

DSCF3103.JPG

 そしてアンテナタワー、容赦なく照り付けるお日様。

DSCF3100.JPG

 ここでちょっと同日開催の「国際鉄道模型コンベンション(JAM)」へ浮気してみます。上の写真は「八木軽便鉄道倶楽部」の屋外展示。

DSCF3104.JPG DSCF3106.JPG

 ライブスチームも走っています。

DSCF3108.JPG

 去年は復活していた西ホール1-4Fエスカレータは今回閉鎖中でした。警備の人に尋ねると「主催者側の要望が無い限り動かさない」とのこと。このエスカレータが無いと遠回りしてエレベータを使わないといけないので不便なんですよね。

DSCF3122.JPG

 売り上げは渋かったけど、何はともあれ今年のハムフェアも無事に終了しました。次回東京ペディション2010でお会いしましょう。

2010年08月21日

男達のハムフェア2010

DSCF3090.JPG

 今年も夏の区切りイベント「ハムフェア」が始まりました。海外駐在から帰任して既に10回目。正直そんなにやったのかというのが実感です。

DSCF3091.JPG

 まずは会場を一回り。展示コーナーで気になる作品をパチリ。シャックをイメージしたジオラマのラジオ?

DSCF3093.JPG

 「見ろ! SCSI(FCAL)がゴミのようだ!」なんちゃって。

DSCF3094.JPG

 今年は準備不足のため、初日の売り上げは程々でした。二日目は頑張りましょう。

2010年08月14日

南房総で過ごす盆休み・四日目編

DSCF3073.JPG

 本日で盆休みも最終日。部屋を掃除しつつ、次回来るまでの留守番をカナヘビさんにお願いしました。

南房総で過ごす盆休み・三日目編

DSCF3049.JPG

 滞在三日目は館山湾自衛隊基地近くの沖ノ島へ。実はこの周辺の磯は中学生時代の夏休みを合宿で訪れた思い出の地です。

DSCF3054.JPG

 沖ノ島周辺の砂浜ではトンボが多数飛翔していました。ヤブ蚊に全く刺されなかったのは、彼らのお陰でしょうか?

DSCF3056.JPG

 本日の収穫はヤドカリとカニ数匹。5歳の三女はカニを素手で捕まえられるようになりました。

DSCF3061.JPG

 午後には滞在先へ戻り、カミさんと二人で近所を散歩しました。近くの漁港を経由して線路を渡り、田んぼの横を抜けていきます。どうも一部の田んぼが雀に好かれているらしく、足音を立てて近付くと地面が盛り上がるように大量の雀が飛び立ちました。

DSCF3066.JPG

 晩飯は館山駅近くの回転寿司「やまと」にて。上の写真はサザエの握りですが、金色のお皿が財布に突き刺さります。(笑)

DSCF3067.JPG

 滞在先に戻ると、壁の常夜灯付近にアマガエルが。どうやら灯りに集る虫を狙っているようです。実は結構頭良いのかも?

2010年08月13日

南房総で過ごす盆休み・二日目編

DSCF3018.JPG

 滞在二日目。朝から庭での草刈りです。ご近所さんからビニールハウスが陰にならないよう庭木を剪定して欲しいと言われたので、結構大胆に枝を落としました。これでもまだ足りません。

DSCF3022.JPG

 庭の片隅に生えているクルミの木は今の時期蝉が鈴なり。次女は面白がって幹にキックしていました。(空手を習っていたので)

DSCF3024.JPG

 メダカ池は生分解により復活。メダカもミナミヌマエビも累代発生を確認しました。残る課題はカエル産卵時期のバリアフリー化です。

DSCF3033.JPG

 午後は車で乙浜港へ海釣りに。早速次女が釣り上げたのはハゼ。今回はリリース対象。

DSCF3036.JPG

 弟の仕掛けにヒットしたのはクサフグ。次女と並んで毒魚に好かれているようです。これもリリース対象。(笑)

DSCF3038.JPG

 私はサビキにてアジを期待していましたが、結果はアジとカマスが各一匹。カマスは乙浜港では初の釣果でした。結局塩焼きにして美味しく頂きました。次回はアジが釣れますように。(笑)

2010年08月12日

南房総で過ごす盆休み・初日編

DSCF3001.JPG

 お盆休みは例年通り両親宅のある千葉で過ごすことにしました。前日深夜到着で、翌朝散歩に出かけようとしたらアマガエルが家の外壁に。こんな猛暑日を焼ける壁に張り付いて過ごしたら、押し花みたいになっちゃうよ?

2010年08月07日

お台場で飲んだくれる夏2010

 友人のお子さんが東京へ来ているとのことなので、それを理由にビーチで一杯という話になりました。最高気温が35℃を越える猛暑日が続く中、お台場へと繰り出すと意外と人出は多くありません。ビーチハウスのお姉さんに尋ねると「今年は暑過ぎて人が少ないね〜」とか。

DSCF2971.JPG

 まずは一杯目で乾杯。ポップチキンは主として子供用。そうそう、前回お台場に来たのは一昨年でした。

P1002564.JPG

 二杯目、三杯目、いや何杯飲んだかな? かき氷は子供用。(笑)

DSCF2972.JPG

 海には大きなボールが浮かんでいました。何かイベントをやっているようですが、詳細不明です。(興味無い)

DSCF2973.JPG

 こんな感じで人影もまばら。皆さんデッキのパラソルの陰に入っています。

DSCF2974.JPG

 そして容赦なく照り付ける真夏のお日様。

DSCF2979.JPG

 日が落ちてから、デックス東京ビーチの「鴻星海鮮酒家」へ流れました。Blogに写真を掲載したのは2006年ですが、写真を見直すと一昨年お台場に来た時も同じ店に来ていたようです。本当に「光陰矢のごとし」。いや、私の場合は「少年老い易く学成り難し」かな?

2010年07月31日

プチ鉄分補給

DSCF2943.JPG

 朝の立川駅で見かけた貨物列車を牽引する電気機関車のEF210。先代のEF200は最大出力で運用すると架線電圧が降下してしまうという変電所飛ばしとして有名です。ご参考まで。(冷汗)

2010年06月13日

Welcome back to the EARTH

DSCF2812.JPG

 2003年5月9日に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ(MUSES-C)」が本日地球に帰還します。小惑星「イトカワ」とのランデブーは過去のエントリーにも書かせて頂きましたが、数々のトラブルを信じられないようなシステムの多重化で乗り越えた成果には惜しみない賞賛を贈りたいと思います。

 何はともあれJAXA相模原キャンパスでイベントがあると聞き、短い時間ですが立ち寄ってきました。

DSCF2816.JPG

 上の写真は敷地内に展示されているM-3SII(左)とM-Vロケット(右)の模型。M-Vロケットは「はやぶさ」の打ち上げに使われました。

DSCF2825.JPG DSCF2827.JPG

 展示室内中央にはデンと「はやぶさ」の原寸大模型が設置してあります。上の写真は太陽電池の表(左)と裏側(右)から撮影した全景。

DSCF2821.JPG DSCF2818.JPG

 上の写真は太陽電池の表(左)と裏側(右)から撮影した本体部分のアップになります。イオンエンジンは四基稼動中。(笑)

DSCF2820.JPG

 展示室の窓側には「はやぶさ」のペーパクラフトが。リポビタンDで支えられています。完全に狙っているような。

DSCF2826.JPG

 先日ソーラーセール展開に成功した「IKAROS」。

DSCF2828.JPG DSCF2834.JPG

 呉市からの的川先生の講演ライブ中継は機材トラブルらしくビットレートの低い画像での配信になりました。音声は明瞭だったので実害は無し。今晩のカプセル切り離しと再突入の成功を祈念しています。

続きを読む "Welcome back to the EARTH" »

2010年05月03日

孤独の小旅行・小湊鉄道編

DSCF2588.JPG DSCF2590.JPG

 上総中野駅で待つこと一時間以上。ようやく小湊鉄道の列車が到着しました。見通しの悪いカーブと遮断機の無い踏切が多いのか、結構警笛を鳴らしながら接近してきます。

DSCF2592.JPG

 上の写真は駅での折り返し風景。

DSCF2595.JPG

 列車に揺られること一時間弱。五井に到着です。次回は逆ルートで乗ってみたいなぁ...

DSCF2596.JPG

 五井駅には小湊鉄道の車庫があります。奥に放置された旧型の貨車がなかなかいい雰囲気。可能だったら見学したいかも。その後はJRに乗り下宿に無事到着しました。

to_chiba.png

 上はGPSで記録した今回の往路。

to_ome.png

 こちらは復路になります。どう見ても千葉横断は遠回り。でも久しぶりに鉄分を補給した一日でした。

本日の麺類@上総中野

DSCF2576.JPG

 いすみ鉄道と小湊鉄道は上総中野(かずさなかの)駅で接続しています。ここでの接続待ちは約一時間半。何はともあれ昼食を済ませることにしました。入ったお店は駅前の食堂兼旅館の「なかじまや」。汗ばむ陽気だったので冷たい「きのこそば」を注文しました。

DSCF2581.JPG

 駅へ戻ると折り返しの電車が出発したところです。沿線の花とムーミンの絵がなかなか合っていました。

孤独の小旅行・いすみ鉄道編

DSCF2562.JPG

 明日から休日出勤なので、一足先に下宿へ戻ります。どうせ一日移動に使うならと千葉を東西に横断するルートを使うことにしました。まずは9時過ぎに千歳駅から外房線に乗車。

DSCF2563.JPG

 電車に揺られること約30分。安房鴨川で特急わかしおに乗り換えます。このまま乗っていれば東京までは早い到着になりますが、大原で「いすみ鉄道」に乗り換え。関東の駅百選認定記念の房総横断乗車券を購入します。小湊鉄道と合わせて少しお得とか。

DSCF2565.JPG

 実はこのいすみ鉄道では「ムーミン列車」というイベントをやっているそうです。ムーミンの登場人物を描いた列車の運行や駅でのスタンプラリー。またイベント列車専用のヘッドマークも付けて運行するとか。

DSCF2571.JPG

 網棚にはぬいぐるみもぶら下がっていました。何とも牧歌的。(笑)

2010年05月02日

飽食のゴールデンウィーク2010

DSCF2554.JPG

 滞在三日目の夕食は館山の回転寿司「やまと」へ。上の写真は地魚三点盛りです。左から「サヨリ」、「目鯛」、「ブリ」。ハンドルキーパーなので、今回ビールは我慢。(笑)

DSCF2555.JPG

 上の写真はカミさんが注文した「ねばねば」。何で沢庵がねばねばなのか謎です。(笑)

千倉の朝市

DSCF2546.JPG DSCF2547.JPG

 滞在中の食材調達目当てで以前のエントリーに書いた千倉の朝市に来ました。相変わらず魚介類は安いです。食料調達目的だけなら、防波堤釣りよりもずっと効率がいいでしょう。(笑)

DSCF2548.JPG

 滞在先に戻った後、昨晩釣ったイワシを生干しにしました。

DSCF2549.JPG

 朝市で買った五目干物は少し生っぽかったので、傘の骨に芸術的に配置して追加乾燥しています。早速ハエが寄ってきたのは言うまでもありません。

2010年04月04日

桜の季節2010

DSCF2505.JPG

 久しぶりに週末自転車に乗りましょうと言うことで、桜並木の多摩川沿いをポタリングしてきました。上の写真は多摩川サイクリングロード終点(起点)の阿蘇神社です。

DSCF2507.JPG

 河口まで55kmのキロポスト付近の桜。ここは阿蘇神社氏子の森で、この時期には花見客がレジャーシートを広げています。

DSCF2510.JPG

 桜のアップ。おそらく五分咲きから八分咲き。ここ一週間が見頃でしょうね。

DSCF2511.JPG

 阿蘇神社近くの分水路付近の桜。水面をよく見ると魚や貝(カワニナ?)がいます。ちょっと寒いけど、何とも清々しい風景。仕事も個人の生活も、こうあってくれればいいのですが。

DSCF2512.JPG

 とりあえず、阿蘇神社「氏子の広場」の看板をパチリ。この付近の草むらにはまむしが出るそうなので、要注意です。

DSCF2513.JPG

 最後の写真は羽村の堰から玉川上水の下流方面を撮影したものです。残念ながら曇り空ですが、羽村の堰付近には多くの屋台が並び、多くの人出で賑わっていました。一昨年2008年の様子はこちら。昨年2009年のエントリーはこちらです。まだ寒いですね。

2010年03月27日

花やしきへ

DSCF2467.JPG

 過去のエントリーを調べると、前回花やしきに来たのは2008年3月でした。既に二年前の事になります。相変わらずのレトロな遊具でしたが、今回は子供連中はフリーパスの腕輪をして園内をまわってもらう事にしました。一番下は5歳児ですが、乗れない遊具で時々激怒して親元へ戻る以外は至って平穏です。さすが4月から中学生x2名と小学生高学年x1名のサポートは強力でした。

DSCF2487.JPG

 私は機械に命を預けるのはまっぴらゴメン(信じていない)のですが、子供曰く一番面白かったそうです。今回は残念ながら園内が一部改修中で、あのジェットコースターは運休でした。

DSCF2496.JPG

 桜も一部咲き始め。まだまだ花見には早いです。

DSCF2499.JPG

 今回は友人ご一家の送別会も兼ねて、花やしきの後は随園別館へ移動。散々飽食したので、最後にはサービスのフカヒレスープが出てきました。次はいつになるのかな...

浅草で過ごす週末

 久しぶりに友人ご一家と浅草へ行ってきました。こちらは三姉妹ぶら下げての散財パターンです。

DSCF2441.JPG

 まずは待ち合わせ場所の雷門。2008年にパナソニック株式会社へ松下電器は社号を変更しました。しかし大提灯は松下電器の名前が残っています。

DSCF2442.JPG

 仲店通りも結構な賑わいです。

DSCF2444.JPG

 浅草寺は平成本堂大営繕で金龍の絵が本堂前面に掲げられています。下調べ不足というか、ちょっと驚きでした。

DSCF2446.JPG

 参拝途中、本堂前の線香釜で煙りを浴びました。一番心配な頭と心臓に煙をかけたのは言うまでもありません。(笑) これから花やしきへ向かいます。

2010年01月02日

初夢2010

 私は同行者無しで船で海外へ行こうとする途中。客船の船底、カーテンで仕切られた4等船室に荷物を置いています。周囲の旅行客にこのツアー評判を尋ねますが、蚕棚を自分で占領できたか否かで評判が変わるみたい。(飛行機での移動に似ている) さらに話を聞くと、周囲の人達が口々に船底の船室は風が強い日は揺れるんですよとも話していました。(相手は手を左右に広げ揺れる仕草をしながら) そう言えば風の音も聞こえるし船も揺れているようだと気付く自分。
 PCを起動しネットで口コミを確認しようとしているところへ船が最初の寄港地へ到着。ボリビアにある港のはずじゃなかったっけ(実際ボリビアは南米の内陸国で港は無い)、と思いながら周囲の人たちの会話とビルが建ち並ぶ港の風景を見て、ここはリヒテンシュタインだと気付く。(リヒテンシュタインも外洋に面した港は無い) 一時寄港にパスポートは必要なのか、部屋へ取りに行こうか迷っていたところで目が覚めました。
----------------------------------
 三年前に続く不条理初夢です。船で海外渡航をした事は無いし、ボリビアもリヒテンシュタインも行ったこともなければ意識したこともありません。昨年は忙し過ぎて初夢は見ませんでしたが、今年は再び解釈不能な夢を見てしまいました。夢判断によると解釈可能な部分は以下です。

- 船の寄港は人生の転機や終着点が見えている。(笑えない)
- 探しているパスポートは、自己のアイデンティティーを確認したいという欲求の現れ。(そう言えば...)

 さすがにボリビアとリヒテンシュタインはキーワードにありませんでした。どのような一年になるか興味津々です。

2010年01月01日

謹賀新年

DSCF2262.JPG

 「一年の計は元旦にあり」ということで元日からラジオ体操に行ってきました。甘酒と御神酒の振る舞い酒があり、甘酒を選択。今年はアルコール減量の一年にしたいと思います。(無理?)

 とりあえず今年の予定は以下。(Wikipediaより)

- 木星の衛星エウロパで、葉緑素を発見。
- 木星が、謎の物体モノリスにより恒星化。

2009年12月29日

Beachcombing

DSCF2236.JPG

 滞在三日目は午前中から海岸の貝殻拾い。最近では"Beachcombing"なんて洒落た呼び方があるようです。

DSCF2241.JPG

 散歩終着点の白子漁港では海面にボラの稚魚と思われる小魚が無数に泳いでいました。

DSCF2247.JPG

 昼食後、帰り道は内房線を渡った山寄りを歩きました。田んぼに生き物の姿は無く、田植えの時期までは静かな一時が続くようです。

2009年12月28日

師走の海釣り2009@乙浜港・納竿編

DSCF2229.JPG

 千葉滞在二日目も乙浜港にて海釣りの一日。三女の釣り姿もサマになってきました。

DSCF2231.JPG

 昨日に引き続きイワシ(セグロイワシ/カタクチイワシ)26匹に加え、トウゴロウイワシ3匹が釣れました。今年の海釣りはこれで手仕舞いです。

DSCF2232.JPG

 次女が捌いて昨日と同じく唐揚げに。

DSCF2235.JPG

 半分は長ネギとカイワレをトッピングにマリネにしました。野菜と共にカルシウムも取れるので、精神安定にはオススメのメニューです。あとはアルコールさえ控えられれば...

2009年12月27日

師走の海釣り2009@乙浜港・初日編

DSCF2221.JPG

 晩飯のおかず調達も兼ねて、いつもの乙浜港へ釣り竿を並べに行きました。初回のアタリは次女の仕掛けにキタマクラさん。相変わらず毒魚に好かれるのは次女。

DSCF2212.JPG

 フグですが、一応「福(フク)」に通じるから縁起の良い魚だそうです。堤防には干涸らびたフグが死屍累々ですが、彼は来年の家内安全を祈念して放流しました。

DSCF2223.JPG

 本日の釣果はセグロイワシが11匹。今年のお正月には一日で二束(二百匹)以上釣り上げ料理の下ごしらえに苦労したので、今回は針のサイズを6号へと大きくして小さい魚が掛からないようにしました。

DSCF2225.JPG

 今回は唐揚げにして全部おいしく頂きました。

千産千消

 一般的には「地産地消」。ただし千葉では生産された食材を県内で消費することを「千産千消」と呼び全国にその活動をPRしているそうです。今回の滞在ではそれに習い、現地での食料調達を強化することにしました。(笑)

DSCF2213.JPG

 まず現地到着翌日、千倉の朝市へ食料の調達に。朝7時開始ですが、定刻前に既に大勢のお客さんが来ているようです。

DSCF2214.JPG

 この干物が一かご\200-。他にカブとほうれん草を一束ずつ調達。(各\100-) これで大人一名とガキんちょ二名のおかずはOK。足りない分は在庫の消費でやりくりする予定です。

DSCF2217.JPG

 朝市の帰りに千倉港で釣り人の様子を確認しますが、さすがにこの時間では人影はまばら。

DSCF2220.JPG

 別の食材として、庭の間引き野菜をサンプリングしました。一応無農薬のカブと大根です。小さい!!

2009年12月26日

千葉で過ごす冬休み

DSCF2163.JPG

 今年の年末は長女とカミさんが自宅で過ごし、私は次女と三女をぶら下げて千葉方面で過ごすことにしました。上の写真は千葉への移動途中に立ち寄った「海ほたる」にて撮影。カッターフェースモニュメント前で三女がはしゃいでいます。

DSCF2190.JPG

 上の写真は海ほたるから眺める千葉方面の夜景。家族の未来もこの暗闇の中、アクアラインのように明るい街灯が灯っていればいいのですが。

2009年12月24日

昭和記念公園のWinter Vista Illumination 2009

 去年の花火写真に味をしめ、今年もEOS D60、GITZOの三脚(祖父の形見)、そして電子レリーズを持参して昭和記念公園の12月イベント(Winter Vista Illumination 2009)夜景撮影に挑戦してきました。今年は親父殿から14mmレンズを拝借です。

IMG_4761.JPG

 しかしながら現地到着が遅れ、撮影予定地点のふれあい広場到着前に花火が...

IMG_4788.JPG

 広場に到着した時点では既に花火は終了しています。気を取り直して海をイメージしたという「グラウンドイルミネーション」を撮影。昨年は宇宙がテーマでした。

IMG_4812.JPG

 帰り道にイチョウ並木を振り返り撮影。結構な混雑でした。

IMG_4824.JPG

 立川口ゲートもクリスマスの装いです。

IMG_4829.JPG

 最後にボランティア制作のビッグリースを撮影。同時開催のアートバザールでは「アトリエぱられる」の中央線ポストカード(このページ右下)を買いました。生活環境改善の一環で、額に入れて部屋に飾る予定です。来年もクリスマスの花火を見ることができますように。

2009年12月22日

Santa Guild Project 2009

DSCF2132.JPG

 昨年と同じくサンタクロースの下っ端構成員としてクリスマスカードを準備しました。今年はクリスマスイブが休日と重ならないため当日のタスクは孫請けに依頼です。

2009年12月18日

霜柱

DSCF2115.JPG

 ここ数日急に冷え込むようになり、通勤途中に霜柱を見かけるようになりました。A型インフルエンザも猛威を振るっています。皆様も、うがい手洗いを忘れずに。

2009年11月23日

東京へ帰還

 三連休は家族が両親宅のある千葉へ行くということなので、途中から合流することにしました。今回は風が強く海釣りは断念。連休後半を時差ボケ解消にとぐったり過ごしていると、あっという間に連休最終日になってしまいました。

DSCF2090.JPG

 車は定員オーバーのため、私とカミさんは外房線経由で帰宅します。上の写真は千歳駅に掲示してあった209系車両投入のお知らせ。

DSCF2091.JPG

 113系車両も、そろそろ見納めでしょうか?

2009年11月07日

クリスマスのイルミネーション始まる

DSCF2006.JPG DSCF2008.JPG

 ハロウィンが終わり、クリスマスの飾り付けが始まりました。上の写真は飲み会帰りに撮影した池袋駅前のイルミネーションです。仕事はと言うと、これから年末進行が本格化。再来週はTexas州へ行ってきます。

2009年11月02日

小石川植物園

DSCF1972.JPG

 ガキんちょ三人が両親に連れられ千葉へ行っている間、久しぶりにカミさんとご近所散歩をしてきました。目的地は小石川植物園。私の幼稚園や小学校時代、遠足や校外学習に訪れた思い出の場所でもあります。

DSCF1974.JPG

 園内を散歩すると薬園保存園が。いつも飲み会前後にお世話になっている「ウコン」や、高校の時部活で訪れた四万温泉で採取した「ハシリドコロ」や「トリカブト」の名前もありました。トリカブトと言えば狂言の「附子」。太郎冠者・次郎冠者の「あおげ、あおげ!」、「あおぐぞ、あおぐぞ!」の台詞はいつ聞いたのか覚えていませんが、頭の片隅に残っています。

DSCF1980.JPG

 日本庭園では家族連れがお弁当を広げています。それを狙ってか野良猫が出没していましたが、残念ながらカメラ目線はもらえませんでした。(笑)

2009年10月30日

同窓会

DSCF1968.JPG

 平均年齢40歳以上と思われる縦割り集団で夜の新宿を彷徨ってきました。世の中何があるかわかりません。持つべきは良き理解者か?

2009年09月23日

檜原村で過ごす秋の連休・復路編

DSCF1946.JPG

 秋の連休も今日で終わり。都内へ帰還します。上の写真はバス停近くにある「九頭龍神社」。何と21世紀の神社は公式ページまでありました。

DSCF1948.JPG

 数馬からバスに乗ること1時間。武蔵五日市からは五日市線に乗ります。次回は最近ご無沙汰している自転車で制覇してみたいかも。

檜原村で過ごす秋の連休・朝の散歩編

DSCF1933.JPG

 滞在三日目の朝。朝食前の運動にと、早起きの次女と宿近くの散歩に出かけることに。ガイドマップを見てチェックしたのが上の写真「九頭龍の滝」。近くの草むらを見ると、滝壺まで下りる道がありました。

DSCF1935.JPG

 滝壺に下りると、木橋がかかっています。上の写真は先ほどの看板の場所から下る道。滝とせせらぎの音が何とも涼やか(というか既に寒い)。

DSCF1936.JPG

 上の写真は滝の上流方面。注連縄(しめなわ)がかかっています。とすると、あちら側は「常世(とこよ)」か?

DSCF1939.JPG

 上の写真は下流側。とすると「現世(うつしよ)」の側ですかねえ。

DSCF1945.JPG

 散歩の後は朝食が美味い! 何はともあれ、現世に生きていることを実感しました。(笑)

2009年09月22日

檜原村で過ごす秋の連休・二泊目編

DSCF1923.JPG

 檜原村の三頭山荘滞在二日目の夕食「三菜会席膳」。かなりの健康食です。

檜原村で過ごす秋の連休・都民の森編その2

DSCF1898.JPG

 檜原村滞在二日目。朝からこんなに食べちゃって。(笑)

DSCF1899.JPG

 再びバスにて宿から都民の森へと向かいます。

DSCF1903.JPG

 今回の目的地は「木材工芸センター」。ここでは木片でキーホルダーを作ることができます。

DSCF1904.JPG

 私が作ってみたのは上の写真、「三女の右手」。一応手モデルの三女には気に入ってもらえたみたいです。

DSCF1914.JPG

 木工工作だけでは飽きたらず、生活の森方面の山道を登ってみました。途中の道は幼児には危なそうなので、カミさんと二人で森林館へ戻ってもらいます。

DSCF1917.JPG

 途中、ワサビ田を横目に生活の森を一週。途中、次女は蛇を踏み、逃げたその蛇に長女が腰を抜かしました。次女は以外と図太い。(というか鈍い)

2009年09月21日

檜原村で過ごす秋の連休・都民の森編

DSCF1845.JPG

 とりあえず都民の森・深林館から大滝の路を進みます。

DSCF1853.JPG

 振り返ると奥多摩の山間を抜ける車道が。

DSCF1856.JPG

 岩肌を流れる三頭大滝。

DSCF1857.JPG DSCF1862.JPG

 大滝休憩小屋から沢沿いに山道を登り、野鳥観察小屋へと向かいます。途中、木橋を抜けて沢を渡ります。模型題材として好ましいかも。

DSCF1864.JPG

 ようやく野鳥観察小屋が見えてきました。

DSCF1872.JPG

 小屋の窓からは野鳥が来るという池が見えます。十数分粘りましたが、野鳥の姿を見ることはできません。

DSCF1880.JPG

 元の道を辿り、滝見橋まで戻ってきました。

DSCF1888.JPG

 そうそう、山道沿いにはハシリドコロが生えています。山菜と間違えての誤食が絶えないとか。

DSCF1891.JPG

 看板には出会いの森周辺で見られる植物の写真が並んでいます。そういやヤマトリカブトも日本三大毒草の一つですよ。

DSCF1896.JPG

 最後の写真は今回の宿「三頭山荘」の夕食「山菜22品膳」です。マタタビ食べたら口の周りに猫が寄ってくる夢を見てしまいました。ふー。

檜原村で過ごす秋の連休・往路編

DSCF1826.JPG

 秋の連休は近場で過ごすことにしました。静かにゆっくり過ごせる場所ということで、東京都檜原村に二泊で宿を予約することに。上の写真は往路で利用した「ホリデー快速あきがわ」です。途中拝島まで奥多摩行き車両と連結しての運行でした。

DSCF1832.JPG

 次の発車は「ホリデー快速河口湖」のようです。ホームにはハイキング装備の行楽客がちらほら電車の到着を待っていました。

DSCF1840.JPG

 武蔵五日市駅到着後西東京バスに乗り、無事宿のある数馬バス停に到着。チェックイン時間前だったので、とりあえず荷物を置かせもらい都民の森へ向かいます。

DSCF1839.JPG

 到着後、都民の森付近の外気温は13℃を確認。一応秋装備が役に立ちそうです。

2009年09月05日

9月の誕生日会

DSCF1781.JPG

 9月は私を含め誕生月の親族が多く、両親と共に大塚駅の「寿し常」で誕生日会を開催することになりました。上の写真はおつまみに注文した「タコの吸盤」。両親曰く私の前歯が生えたときの好物だったそうです。(笑)

2009年08月23日

冷夏の草刈りボランティア2009

DSCF1769.JPG

 私の母校で行われている8月末恒例の草刈りは無事に終わりました。今年は冷夏の影響か、去年ほどヤブ蚊に悩まされずにすみました。雑草の伸びも今ひとつです。

DSCF1772.JPG

 幼稚園内には34年前の私が見上げたステンドグラスがそのままに。そう言えば、海釣り好きはここが原点かも?

男達のハムフェア2009

 今年2009年のハムフェアですが、他の色濃いイベントと重なっていました。まあ、それぞれの参加者もそう思っているのでしょう。何はともあれ、やっぱりハムフェア参加者は他のイベントに比べ平均年齢が高そうです。(笑)

DSCF1760.JPG

 まずは、上のポスターはハムフェアのもの。

DSCF1761.JPG

 そう言えば会場内のエスカレータには上の写真にあるような注意書きが掲げてありました。結局エスカレータの逆行対策としては使いこなしで対策という事なんですかねえ。

DSCF1759.JPG DSCF1763.JPG

 上の写真、左は「国際鉄道模型コンベンション(JAM)」、そして左は「GUNDAM BIG EXPO」のポスター。そう言えば連邦軍の制服を着た人が昼食時隣に座っていましたっけ。(^^;;

DSCF1765.JPG

 そしてハムフェア名物のアンテナタワー。 

DSCF1768.JPG

 今年のハムフェアも無事に終了しました。次回東京ペディション2009でお会いしましょう。

2009年08月16日

飽食の盆休み@南房総

DSCF1745.JPG

 晩飯は家族全員で近くの「寿司美浜」へ。朝方解体現場を見たばかりだと言うのに、鯨の竜田揚げを注文。私の口には一切れしか入らず。今回の見学で、三姉妹には「鯨は食料」というフラグが立ったようです。

DSCF1746.JPG

 そして今回釣れなかったアジの刺身を注文。

DSCF1747.JPG

 最後にお寿司を頂いて千葉滞在を締めくくりました。

夏の海釣り2009@乙浜港・二日目編

DSCF1740.JPG

 鯨解体見学後、三姉妹を引き連れ乙浜港へやってきました。相変わらず風が強くコンディションはいまいちです。

DSCF1741.JPG

 上の写真はマゴチ。高級魚だそうですが、口の中も含め、体色が青く釣り上げた次女は気味悪がって触ろうともしません。クーラーボックスの中は案の定ヌルヌルになりました。(笑)
 
DSCF1743.JPG

 今回持ち帰ったのは上の写真にある四匹のみ。マゴチにイサキの幼魚、そしてカワハギです。カワハギは当初リリース予定でしたが、三女が「ママが好きだから」(いつもみりん干し食べているので)という理由でお持ち帰りです。

 結局全てフライパンで蒸し焼きにして頂きました。狩猟生活も悪くないですよ。(笑)

2009年08月15日

夏の海釣り2009@乙浜港・初日編

 南房総滞在三日目は長女と次女を連れ、お馴染みの乙浜港へ堤防釣りに行ってきました。春先岸壁に係留されていた台船は姿を消していましたが、風が強く良いコンディションではありません。

DSCF1673.JPG

 まずは次女が一匹目にハオコゼを釣り上げます。次女は毒魚に好かれる傾向が... もう毒魚判定も自らできるようになりました。ただし針外しは私の役目だそうです。

DSCF1674.JPG

 この時期にはニシキベラもよく釣れます。見た目が悪いとの理由で、今回は余裕のリリース対象です。

DSCF1675.JPG

 底を狙うとカワハギさんがヒット。小さいので今回はリリース対象にしました。

DSCF1676.JPG

 夕方頃からアジを狙ってサビキ仕掛けを投入しましたが、今年は冷夏のためかサバだけが釣れました。引きはなかなか強く面白いのですが、すぐに引き上げないと仕掛けが絡まってしまいます。マメに仕掛けを上げ、15cm程度のサバを15匹釣り上げました。

DSCF1715.JPG

 魚捌きは次女の出番。サイズ的に無理だろうと思いながら三枚おろしに挑戦。結局全部塩焼きで美味しく頂きました。明日はアジが釣れますように。(笑)

2009年08月14日

二人旅で始まる盆休み

DSCF1653.JPG

 長女と次女のピックアップと高速バスへの乗車を親父殿に依頼しました。無事に乗車したとの連絡を受け、定刻に千倉駅へお迎えに。

DSCF1663.JPG

 既に夕食は済ませたとのことなので、ついでに千倉港へ海釣り見物に立ち寄りました。集魚灯と発電機持参の釣り人の足下には群れをなして魚が集っています。見える魚は釣れないと言われますが、強力ライトによる逆光ならOK?

2009年08月13日

Drive down to Chiba 2009

DSCF1638.JPG

 お盆休みは両親宅のある千葉方面で過ごすことにしました。長女と次女はキャンプ中不在のため、明日高速バス移動にて合流予定です。上の写真は経由地の海ほたるから眺める千葉方面の夜景。(真っ暗)

2009年07月20日

NHKラジオ体操80周年記念・当日編

DSCF1593.JPG

 ラジオ体操生中継の朝、時間ぎりぎりに会場へ到着すると普段と違い黒山の人だかり。会場での発表では参加人数2500人とのことです。体操に先立って流れる「ラジオ体操の歌」はピアノの生演奏に、会場すぐ隣の東邦音大付属中学高校生さんのコーラス。さすが全国中継は違います。

DSCF1594.JPG DSCF1595.JPG

 会場にはBSキャラクターの「どーもくん」(左)と「ななみちゃん」(右)も参加。しかし、彼らがラジオ体操をするのは無理があるような。体操終了後、「どーもくん」は集った子供たちに口の中へ色々と詰め込まれていたようです。(^^;;

DSCF1599.JPG

 上の写真は中継用の機材他。

DSCF1600.JPG

 こちらは生演奏用のピアノ。

DSCF1603.JPG

 最後に上の写真は会場で配られた記念品です。今年はあんパンじゃありませんでした。(笑) ちなみに2005年はこちら、2006年はこちらです。2007年以降は聞かないで下さい。(^^;;

2009年07月19日

NHKラジオ体操80周年記念・前日編

DSCF1585.JPG

 今年も来てしまった「NHKラジオ体操」。ご近所の大塚公園ラジオ体操会創立80周年記念という事もあり、7月20日は「夏期巡回ラジオ体操・みんなの体操東京大会」が開催されることになりました。(生中継)

DSCF1589.JPG

 着々と進む設営風景。体操の音楽は録音にあらず、ピアノの生演奏のようです。横断幕を準備する傍ら、ピアノの調律作業も行われていました。

DSCF1591.JPG

 上の写真は近所に配られたラジオ体操の案内です。明日時間に間に合うようであれば行ってみようと思います。

2009年07月11日

バザー収穫品

DSCF1572.JPG

 母校の中学でバザーがあると聞き、恩師へのご挨拶がてらノコノコと顔を出してきました。買ったのは上の三品と、折りたたみスコップ。そして空手を習っている次女用のパワーリスト。何だかなー(笑)

2009年07月05日

日暮里駄菓子問屋街再訪

 長女模試お迎えの帰り道、日暮里の駄菓子問屋街に立ち寄ってみました。問屋街と言っても再開発前の面影は無く、駅ビルに二店舗を残すのみとなっています。

DSCF1541.JPG DSCF1546.JPG

 例によってイカのゲソを買ってきました。(笑)

2009年07月04日

交通博物館の遺構

DSCF1534.JPG

 秋葉へ部品を買いに行ったついでに交通博物館の跡地に立ち寄ってみました。人影はまばらでしたが、時折中を覗き込んでいる人もいるようです。この跡地はどうなるのでしょうか。

2009年06月27日

どじょうを食べてみる

DSCF1518.JPG

 弟夫婦が実家に来るというので、一族総出で大塚駅で夕食会をすることになりました。上の写真は個人的に注文した「どじょうの天ぷら」です。意外と泥臭くない...

2009年06月25日

Good luck for Skimmers

M_Look.png

 スキミング被害にあったようですとクレジットカード会社から連絡がありました。詳しく話を聞くと、6/25深夜に実物のクレジットカード使用のレコードが北米のNew Jersey州から上がってきたとのこと。私は今年海外渡航はしていないので、カードは即時停止。新規番号のカードを再発行してもらうことになりました。
 携帯やSkypeはクレジットカードを使って支払いをしているので、それらを全て再登録する必要があります。今回の被害は全額カード会社が持つとのことですが、おかげで面倒くさい手続きが増えてしまいました。
 そう言えば北米に住んでいた時、自分の車とカミさんの車を連続して同じカードで給油したところカードが一時無効になったことがありました。カード会社に事情を説明したところ即時カードを有効にしてもらいましたが、「俺はワイフのサーバントなんでね」と言ったらウケたのを思い出しました。(笑)

2009年06月13日

SAYONARA 古炉奈

 秋葉原駅前の「炭火珈琲庵古炉奈」ですが、今月の14日に閉店することになったそうです。秋葉原の有名どころが一つ消えるとあって、土曜日に友人数名と最後のお茶会をすることになりました。

DSCF1510.JPG

 上の写真は参加者の注文分全て。自分が注文したのは一番手前のブレンドコーヒーです。

DSCF1511.JPG

 水出しコーヒーも飲みたかったのですが、既に売り切れでした。

DSCF1512.JPG

 ケーキも残り在庫僅か。さすがに野郎ばかりのお茶会ではケーキを注文する猛者はいません。(笑)

DSCF1513.JPG

 外には待ち行列ができていたので早々に店を出ることにしました。知る人ぞ知る「音キチ倶楽部」閉店も驚きでしたが、残るは「タニマ 喫茶」と「珈琲 庵」かな。

DSCF1516.JPG

 最後に上の写真は中央通りからの眺め。今後「ザ・グランヴァニア」という本格欧風コスプレレストランに生まれ変わるそうです。何だかなー。

2009年06月07日

大恐竜展を見る

 無料チケットを譲ってもらったので上野の科学博物館で開催中の「大恐竜展」を見に行くことになりました。久しぶりに家族揃っての博物館巡りです。

DSCF1475.JPG

 上の骨格標本は「クリオロフォサウルス」。

DSCF1490.JPG

 次は「マプサウルス」。

DSCF1493.JPG

 最後の大物は「マシャカリサウルス」。

DSCF1502.JPG

 カミさんが疲れたと言い出したので、本館展示は見送ることにしました。上の写真は本館裏に展示してある「ラムダロケット」と「ランチャ」。日本初の人工衛星「おおすみ」打ち上げに使われました。個人的には恐竜よりもこちらの方に興味が向いていたりして。

 そうそう、秋葉原で来月「かぐや」による月探査の成果と今後の月探査を展示する「Fly me to the Moon in AKIBA」というイベントが行われるそうです。予定が合えば見に行きたいところかも。

2009年05月09日

神田祭

 久しぶりに秋葉へ行くと、今週末は二年に一度の神田祭が催されていました。外国から来たと思われる観光客は、思わぬイベントに写真を撮りまくっています。神田明神前は黒山の人だかりでした。

DSCF1411.JPG

 山伏行列の後に続くのは「大江山凱陣」。江戸時代に始まり、平成19年に170ぶりに復活したとか。「大鯰と要石」も見たかった! そうそう「ケロロ軍曹」も出現していたとか。(笑)

DSCF1412.JPG

 「相馬野馬追 騎馬武者」も現れました。お見事な手綱捌きです。リアル馬を秋葉で見ることができると知っていたら、ガキんちょ共を連れて来るんだった。

2009年05月05日

任天堂囲碁大会

DSCF1405.JPG

 連休も残すところあと二日。今日は長女の囲碁大会が日本棋院であるとのことなので、私と長女の二人で先に千葉から帰宅することにしました。東京駅から御茶ノ水経由で総武線に乗り、市ヶ谷で降ります。

 本日参加するのは「任天堂杯」。勝ち数によって級位認定も行います。結果は一応勝ち越し。囲碁中断前の最高位十一級まで、残すところもう一歩になりました。

2009年05月04日

飽食のゴールデンウィーク

 晩飯は両親と近くの「寿司美浜」へ。

DSCF1395.JPG

 上の写真は子供用のお寿司。しかし育ち盛りの長女は足りないとか。

DSCF1398.JPG

 大人は貝のお刺身盛り合わせをつまみながら飲んだくれて。

DSCF1400.JPG

 大人用のお寿司は来たものの、ガキんちょ共に一部ご提供です。

DSCF1401.JPG

 ちらし寿司もオススメ。次はいつ来られるかなぁ...

2009年05月03日

春の海釣り@乙浜港

 南房総滞在二日目はお馴染みの乙浜港へ堤防釣りに出かけました。潮時は小潮でベストとは言えず、風も強いので釣りをするコンディションとして良いとは言えません。

DSCF1363.JPG

 港湾工事のためか巨大なクレーン船が護岸に係留されていました。そのため釣り場の一部が使えなくなっているようです。ただし中には護岸と船の間に仕掛けを落としている猛者も見かけました。

DSCF1366.JPG

 今回同伴したのは長女と次女。私は仕掛けの準備をすませ、餌付(ジャリメ)けは本人たちに任せます。まず次女の一投目ハゼ仕掛けにアタリが来ました。釣り上げてみると掛かっていたのは、小さなハオコゼ(毒魚)です。そして次も上の写真、ハオコゼ(毒魚)でした。次女が釣り上げるのは毒魚ばかり。(笑)

DSCF1368.JPG

 その次はハオコゼに似ていますが、オハグロベラです。体色に赤みが強いので雌のようでした。毒はありませんが、普通は食べないとのこと。よって先に釣り上げた二匹の毒魚に続いてリリース対象にしました。

DSCF1369.JPG

 こんな感じでまったりと連休の釣りを続けます。時間も15時頃になり、朝から来ていた釣り人が三々五々帰り始めました。

DSCF1371.JPG

 そうこうしている内に次女の仕掛けにアタリです。銀色の魚影に一瞬胸をときめかせましたが、結局釣れたのは上の写真アイゴです。(毒魚) 今日は底を狙っても毒魚しか釣れません。私は何とか食べられる魚を釣り上げようと、サビキ仕掛けで時々横切る銀色の魚影を狙い続けます。(笑) 長女は本日一番の大物らしいカワハギをバラしてしまい、一人がっかりモードでした。

DSCF1374.JPG

 上の写真堤防猫にもお願いしたいところですが、今回はお供え物無し。

DSCF1379.JPG

 結局本日の釣果はサビキ仕掛けにかかった上の写真シマアジ(15cm程度)と、長女の浮き釣り仕掛けに掛かったカサゴの幼魚です。今回は魚を捌きたいという次女のために安い調理用包丁を買ったので、何とか目的は達成できたかな。今日も色々と釣れたので、堤防五目釣りには釣り魚図鑑必携だということを実感した一日でした。

2009年04月26日

東京へ帰還

DSCF1343.JPG

 散々飲まされたお通夜から一夜明け、今日は告別式です。上の写真は「立飯」。

DSCF1347.JPG

 斎場で煙突から立ち上る煙。黒煙から、白煙。そして透明に。

DSCF1352.JPG

 斎場の一角にはイノシシ用の罠が置いてありました。三原近辺はまだ町中にイノシシが出没し、農作物を荒らすそうです。親戚の飼っていたウサギも死後土葬にしたところイノシシに掘り返されて無残な状態になっていたことがあるとか。

nozomi_up.png

 火葬の後、ホテルで「仕上げ」(葬式用語)の会食を済ませ、往路と同じルートで東京へ戻りました。
 今回の葬儀ですが、自分も昨年40歳台に乗り人生折り返し点と思っていた考えに再検討を促す結果になりました。こんなストレスフルな時代、100年に一度の世界恐慌とHDD業界の再編、ワーストケースは60歳代で死ぬことも考えておく必要があるのかもしれません。(なんちゃって)

2009年04月25日

広島県三原市へ

 親戚(従兄弟の父)が急逝したので週末は一泊の予定で広島へ行くことになりました。仕事中に連絡を受けましたが、まだ64歳でリタイヤ生活をこれからお楽しみと思っていた矢先の訃報です。

DSCF1312.JPG

 仕事以外で東海道新幹線に乗るのは本当に久しぶり。できれば葬式では無く、観光旅行を楽しみたかったというのが本音。今回同行するのは私の両親とインフルエンザを逃れた次女、合わせて四人連れが東京組として現地へ向かいます。別に赤ん坊連れの弟が埼玉組として飛行機で現地へ向かいました。

DSCF1313.JPG DSCF1315.JPG

 東京を八時台に出発する「のぞみ」に乗車。同行の親父殿はビールを飲んで早速寝てしまいます。私はLoox君を取り出して溜まったBlogの更新をと思いましたが、新幹線からはWillcomのサービスはぶつ切り状態で使い物になりません。東京新大阪間では無線Lanの車内サービスがありましたが、セットアップを忘れていたので、ほぼオフライン環境での移動となりました。

DSCF1320.JPG

 福山では「こだま」に乗り換えます。

DSCF1323.JPG

 昼過ぎには定刻通り三原駅に到着。自分が覚えていた光景とは打って変わって再開発の進んだ町周辺という印象です。

DSCF1325.JPG

 そうそう、三原はタコ漁の町として観光事業に乗り出しているそうです。駅の売店ではタコ関係のお土産がずらりと並んでいました。

DSCF1334.JPG

 上の写真は写真好きだった故人のアルバムです。ここにも新幹線の写真がありましたが、0系のアナログ速度計と今は無いビュフェの写真に弟と見入ってしまいました。

nozomi_dn.png

 最後はGPSのトラック情報です。ログを見ると区間最高速度は時速約280km/hでした。礼服やスーツで過ごす移動はどうも苦手です。お通夜の席でも散々アルコールを飲まされ、その日は早々に寝てしまいました。

2009年04月11日

4月度誕生日会

 四月の家族誕生日会として大塚駅で食事会をしました。一次会後子供は母親殿に預け、カミさんと親父殿、そして私の三人で親父殿オススメの串駒房へ。

DSCF1271.JPG

 箸置きはホオズキです。お店の人に尋ねたら、食用ホオズキという種類があるとか。一口食べてみると、甘いトマトのような味でした。

DSCF1274.JPG DSCF1277.JPG DSCF1281.JPG

 ぽつぽつ料理を注文し、お店の人が勧める日本酒を頂きました。写真一番右側はホヤです。もう、完全に飲んべえメニュー。(笑)

DSCF1285.JPG

 最後は階段の下にあるオカメとヒョットコにさようなら。

2009年04月06日

花見2009@飛鳥山公園

DSCF1258.JPG

 昨日に続き、江戸時代から花見の名所である飛鳥山公園へ出かけました。さすがに名所なだけあって、座る場所にも困るほどの人出です。

DSCF1260.JPG

 見事な桜の回廊。きっと桜の木の下には(以下自粛)...

DSCF1262.JPG

 花壇の花も満開でした。

2009年04月05日

花見2009@大塚公園

 満開の桜が見たくて、ご近所の大塚公園で花見をしてきました。

DSCF1239.JPG

 テラスの上にかかる見事な桜。梶井基次郎の「櫻の樹の下には死体が埋まっている」を思い浮かべます。(^^;;

DSCF1244.JPG DSCF1257.JPG

 マクロで撮影してみました。来年も無事に花見ができますように。

2009年03月31日

サヨナラ菜来軒

DSCF1174.JPG

 長らく我が家が通っていた中華料理屋の菜来軒ですが、今月末で閉店だそうです。両親もよく食べに来ていたそうなので、もう30年以上は続いてたのでは。

DSCF1173.JPG

 上の写真は店に張り出してあった閉店のお知らせ。

DSCF1171.JPG

 この焼きたて餃子は絶品でした。これがもう食べられないと思うと本当に残念でなりません。外食チェーンやファーストフード店が増える中、安心して食べられる自営料理屋さんが減っていくのは悲しいことだと思います。

2009年03月29日

本日の麺類@日野宿

DSCF1218.JPG

 今週末は東京都下の研究所に逗留ですが、日曜一日はカミさんの日野宿史跡巡りに付き合ってきました。昼飯は同行した三女がラーメンが食べたい(笑)と言い始めたので、近くの「中華そば嘉万」にて。一応三女はご満足の様子です。

DSCF1221.JPG

 近くにあった新選組六番隊長の井上源三郎資料館に立ち寄りましたが、残念ながら本日は休館のようでした。しかし、この資料館の外観は何とかならないものでしょうか。確かに誰が見ても新選組関係とわかるとは思いますが。(笑)

2009年03月28日

花見転じてアウトドア飲み会2009

 ちと時期は少し早いかもしれませんが、同じ職場の人達と羽村の堰上流の阿蘇神社付近で花見をしてきました。昨年の様子はこちらです。

DSCF1198.JPG

 上の写真は過去のエントリーにも掲載されている、多摩川サイクリングロード終点の阿蘇神社参道。世界恐慌と円高で日本の製造業は青色吐息ですが、何とか生き延びることができるようお参りを済ませました。

DSCF1202.JPG DSCF1203.JPG

 一方、やはり桜の開花は部分的です。桜を見るというよりアウトドア飲み会として盛り上がっていました。参加者の皆様お疲れ様でした。梅雨入り前にまた企画しましょう。

2009年03月20日

ボンド杯

 久しぶりに長女が囲碁大会へ参戦。久しぶりに日本棋院へ行ってきました。過去のエントリーを探すと、前回の参加は「ジュニア囲碁大会」です。実に二年半ぶりの大会参加になりました。最後の「ボンド杯」参加は2005年3月でした。

DSCF1181.JPG

 上の写真は一応神妙な面持ちで試合に臨む長女。

DSCF1196.JPG

 何とか勝ち越し、参加賞のボンドセットをもらいました。私やガキんちょ共の工作に使わせて頂きます。(笑)

2009年01月10日

初詣@神田明神

DSCF1113.JPG DSCF1106.JPG

 今年の家内安全・商売繁盛、そしてITトラブル退散を祈願するためIT守護の神田明神へ初詣に行きました。90円を割り込む勢いの円高と世界恐慌のダブルショックもあって大変な年になりそうですが、何とか生き延びることができるよう、そしてガキんちょ共が就職する頃には景気が回復しているようお願いしました。

DSCF1109.JPG

 そうそう、上の写真は大黒天様。下からライトアップされた威容(?)に戦慄です。(笑)

2009年01月03日

千倉港でイワシを釣る

 昨日の大漁に味をしめ、次女と長女、そして三女までもが釣りに行きたいと言い始めました。まあいいさとカミさんを説得し、昨日と同じく千倉港の防波堤でまだ四歳の三女を完全監視下に置き釣りを始めます。

DSCF1088.JPG

 昨日と違って昼過ぎから調子よく釣れ始めました。コマセ無しでもサビキ仕掛けを入れるとすぐにアタリがきます。私はもっぱらガキんちょ共が釣り上げた魚の針外しばかり。堤防内はきっとイワシの生け簀状態でしょう。結局夕方頃まで粘っていました。

DSCF1093.JPG

 結局釣果は二束(二百匹)以上。さすがに天ぷらにするのは大変なので、全てツミレ汁にして美味しく頂きました。次女が魚の捌きに興味津々なので、鰺包丁でもプレゼントしようかと思います。

2009年01月02日

釣り初め2009

 お正月三が日は千葉の両親宅にお邪魔することにしました。お目当ては海釣りなのですが、途中の千倉港ではイワシが大量に釣れていたようです。が、まずは五目釣りを狙って最近定番の乙浜港へと向かいました。

DSCF1058.JPG

 私はとりあえずカワハギを一匹。次女はいきなりアイゴと思われる毒魚を釣り上げました。これはリリース対象です。しかしいつまで経っても釣れない長女の怒りゲージが爆発寸前と思われましたので、イワシが釣れている千倉港へと移動しました。

DSCF1064.JPG

 14時過ぎには千倉港に到着。しかしイワシの群れはどこかへ行ってしまったらしく、全く釣れません。とりあえず大漁祈願を上の写真、千倉漁港白灯の堤防猫にお願いしました。

DSCF1073.JPG

 堤防猫へのお願いが効いたのか、16時過ぎからイワシ(セグロイワシ/カタクチイワシ)が釣れ始めました。サビキ仕掛けで、どんどん釣り上げます。

DSCF1079.JPG

 他、最終的にはウミタナゴとゴンズイ(リリース対象)各一匹が釣れました。イワシは結局47匹です。

DSCF1084.JPG

 結局魚は全部唐揚げにして美味しく頂きました。やはり、もうちょっと針を大きくしないと料理の下ごしらえが大変です。(笑)

2009年01月01日

謹賀新年2009

DSCF1044.JPG

 母方の親戚へご挨拶に向かう途中、大塚天祖神社へ初詣に行きました。おみくじの結果は「末吉」。世界恐慌の行く末は不透明ですが、「相場 : 見込みあり 買え」とのこと。(去年の結果はこちら) とりあえず底値感のあるドルへ換金しておきますか...

2008年12月24日

昭和記念公園のWinter Vista Illumination

 昭和記念公園では今年の12月にイルミネーションと花火のイベント(Winter Vista Illumination)を開催すると聞きました。その日は早く帰宅できそうなので、久しぶりにEOS D60、GITZOの三脚、そして電子レリーズを持参して夜景撮影に挑戦しました。

IMG_4492.JPG

 まず、上の写真はシャンパングラスツリー。色が刻々と変化しています。光源はやはりLED?

IMG_4466.JPG

 ふれあい広場付近には地面に宇宙をイメージした「グラウンドイルミネーション」が輝いています。お察しの通り周囲はアベック比率がとても高く、私は自分が不純物であることを痛感しました。(笑)

IMG_4448.JPG

 最後は打ち上げ花火でクリスマスイブのフィナーレを飾ります。来年も良い年になりますように。

2008年12月17日

Santa Guild

DSCF0860.JPG

 Santa Guild、それは世界最大のギルド組織。頂点はサンタクロース、最下位構成員は全ての子供の保護者です。12/24までに子供に希望のプレゼントのヒアリングを行い、プレゼントとサンタの代筆クリスマスカードを準備しなければいけません。
 そしてクリスマスイブには子供の枕元にサンタの代理でプレゼントを届けるのが最重要使命です。下っ端構成員の私はプレゼントとクリスマスカードを調達済み。あとは隠密行動の可否にかかっています。(笑)

2008年11月23日

栃木県湯西川温泉への旅・復路編

 宿をチェックアウトし、バスで再び東武鉄道沿線へ。帰路はルートを変更し鬼怒川温泉駅へと向かいます。

DSCF0816.JPG

 定刻にバスは鬼怒川温泉駅へと到着。何もない野岩鉄道沿線に比べれば、かなり開けた観光地駅です。

DSCF0814.JPG

 駅前に屹立する「鬼怒太郎」。

DSCF0817.JPG

 そして帰りの電車は東武特急「スペーシア」の「きぬ118号」です。残念ながら個室は予約がいっぱいでした。一応リターンマッチ検討中です。

DSCF0821.JPG DSCF0823.JPG DSCF0824.JPG

 電車に乗る前に駅弁を調達。左から「栃木牛めし弁当」、「ゆばちらし弁当」、「栗おこわ弁当」です。家族で適当に取り分けながら食べましたが、やっぱり育ち盛りの長女は牛めしにご執心でした。

DSCF0822.JPG

 そして私は呑み鉄モードで帰ってきました。上の写真は日本酒のワンカップですが、東武観光マップが印刷してあります。これってオヤジギャグ?

平家落人の里

DSCF0793.JPG

 凍った道を歩き、宿から10分ほど離れた場所にある「平家落人の里」へやってきました。途中凍った橋の上で三女が走って尻餅をつき大激怒。泣かないだけ偉い?

DSCF0795.JPG

 ここは平家の落人村の生活を再現した集落なのですが、さすがにこの季節の栃木は茅葺屋根から下がるつららが寒々とした気持ちにさせます。

DSCF0804.JPG

 雪の積もる茅葺屋根は平家の落人村のひっそりとした生活を連想させます。ここ湯西川では源氏の平家討伐から身を隠すため、以下の風習が今でも伝承されているとか。

- 端午の節句は一日遅れて祝う
- 鯉のぼりは上げない
- 鶏は飼わない

 「驕る平家は久しからず」の諺は、米国に端を発した世界金融危機を見ると現代にも通用する教訓だと思いました。ヤレヤレ...

朝食、そして散歩

DSCF0776.JPG

 ここ湯西川温泉は平家落人が開いた里だそうです。温泉に入浴後、凍った橋を渡ると川上左手には上の写真のように茅葺屋根の集落を保存した平家部落が見えます。

DSCF0785.JPG

 何はともあれ朝食を頂きました。こんな朝食を一日三回食べれば長生きができそうな。

DSCF0788.JPG

 朝食後は腹ごなしの散歩にと、全員で落人村を再現した「平家の里」を見に行くことになりました。ガキんちょ共三名は、外に出るなり一昨日降った雪で雪だるまを作ってご機嫌です。

湯西川温泉の公衆浴場に入ってみる

 湯西川温泉には公衆浴場があり、一般の旅行客も入ることができます。(入浴料\200-) さすがに昨晩は早く寝てしまったので、一人早朝その浴場に行ってみました。

DSCF0779.JPG

 目指す場所は橋のたもと。一見するとそれとはわかりませんが、建物の隙間から漏れる湯気が温泉があることを教えてくれます。

DSCF0774.JPG

 いかにも味のある建物と看板。横には共同浴場入浴の心得が書いてありました。

DSCF0771.JPG

 湯船は質素な石造りですが、掃除が行き届いているので清潔そう。ゆっくり温泉に浸かり温まったところで、宿に戻りました。ちなみにこの公衆浴場は混浴だそうですが、私はそれがお目当てではありませんので念のため。(笑)

2008年11月22日

日光駅から湯西川温泉へ

DSCF0757.JPG DSCF0758.JPG

 昼食後は日光線で下今市駅まで戻り、そこから新藤原方面へ行く電車に乗ります。新藤原駅から先は第三セクターの野岩鉄道に入ります。

DSCF0761.JPG

 到着した湯西川温泉駅は地下にあり、エレベータを使って地上の駅舎へ出ることになります。そこからバスで揺られること30分で湯西川温泉に到着しました。

 滞在先の民宿「山島屋」さんに到着し、お風呂を済ませお待ちかねの夕食です。

DSCF0765.JPG

 山菜等きのこ料理を中心に、おいしく頂きました。

DSCF0767.JPG

 左上は鹿のお刺身。下は岩魚の塩焼きです。
 寒空の下歩き疲れたのか、夕食後は全員八時過ぎには寝てしまいました。

yunisigawa.png

 上は湯西川温泉までをGPSで記録した旅程。東京からほぼ真北への移動でした。

日光東照宮

 下今市駅で東武日光線に乗り換え、終点の東武日光駅に到着しました。バスのチケットを求める人の列を横目に、駅前から家族五人タクシーで日光東照宮に移動します。

DSCF0707.JPG

 私やカミさんは修学旅行以来。小学生以下のガキんちょ共三人は、これからの下調べと言ったところでしょうか。何はともあれ、上の写真の参道を抜け表門へと向かいます。

DSCF0713.JPG

 お守り等、買い物をしながら五重の塔まで到着。

DSCF0721.JPG

 三神庫の上神庫の屋根下には「想像の象」の浮き彫り細工が施されています。ご存じかもしれませんが、日光東照宮の社殿には多数の動物を見ることができます。

DSCF0726.JPG

 次は神厩舎の三猿を見ました。解説には「八面彫刻は三猿を含めて人間の一生を風刺」と書いてありますが、カミさんに言わせるとこれも含めて建物彫刻が何とも説教くさい。なるほどなと思いつつも最近の新聞紙面の事件を見ると、社会に対してはもっと説教が必要なんじゃないかと思いました。(笑)

DSCF0742.JPG

 そして奥宮に通じる門の上にある「眠り猫」。裏側は雀の浮き彫り細工です。それにしても、こんなに小さかったっけ? そうそう、本殿などは平成の大修理の真っ最中でした。

DSCF0743.JPG

 境内の一角には、なぜか洋酒の酒樽が並んでいました。

DSCF0745.JPG

 上の写真は鳴き竜の天井画が描かれている本地堂(薬師堂)です。堂内は録音も撮影も禁止とのことなので、とりあえず建物の外観を掲載。私の記憶だと竜の頭の直下で順番に手を叩けたはずですが、今はなぜか拍子木を案内の人が打って鳴き竜の音を聞かせるようになっていました。

DSCF0749.JPG

 最後は陽明門。魔除けの逆柱は残念なことに後になって存在に気付きました。宮沢賢治が「農民芸術概論」の中で語っていた「永遠の未完成、これ完成なり」に重なります。今回は宿への移動途中で時間が無く、修学旅行並みの駆け足観光でしたが、次回はもう少し暖かい時期にゆっくり散策したいと思います。

栃木県湯西川温泉への旅・往路編

 11月二回目の三連休、久しぶりに家族揃っての温泉旅行を計画しました。目的地は栃木県の山奥にある湯西川温泉です。途中、日光東照宮にも立ち寄ります。

DSCF0690.JPG

 直前の予約にもかかわらず、東武鉄道の臨時特急「きりふり」指定席を取ることができました。三女は誰かの膝の上に座らせるつもりです。(乗車後自分だけの席が無いと大激怒)

DSCF0692.JPG DSCF0694.JPG

 上の写真は東武浅草駅のコンコース売店で買った朝食+α。左はイクラと錦糸卵が乗ったお弁当(名前失念)と、右は名物「深川めし」です。

DSCF0697.JPG

 電車は定刻通り発車し、栃木の山並みを見ながら旅は続きます。

2008年11月16日

芋煮会

DSCF0680.JPG

 会社の同僚主催で芋煮会やってきました。場所は埼玉県の巾着田近くにある河原。曼珠沙華のシーズンはとっくの昔に終わってしまいましたが、紅葉がとても綺麗でした。川には魚影が見えましたが、釣り竿を持ってこなかったことをちょっと後悔です。

2008年10月13日

江戸東京博物館まで行ってみる

DSCF0597.JPG

 次女の遠足の下調べも兼ねて両国駅近くの江戸東京博物館まで行ってきました。待ち合わせ場所を確認後、両国国技館前を経由して駅まで戻ります。

DSCF0599.JPG

 上の写真は国技館併設の「櫓太鼓(やぐらだいこ)」。次回の東京場所は2009年1月だそうです。

2008年10月12日

呑み鉄@秩父鉄道

DSCF0540.JPG

 2006年末の長瀞一泊以来秩父鉄道にはご無沙汰していましたが、久しぶりに三姉妹をぶら下げてSLパレオエクスプレスに乗りに行くことにしました。今回は熊谷発ルートです。埼京線と高崎線を乗り継いで、SL発車一時間前には熊谷駅に到着。乗車後はボックス席を陣取り、車窓にビールとおつまみを並べます。

 途中車内販売のお弁当を買いましたが、直前で「SLべんとう」が売り切れに。代わりに「C58みそとん弁当」を買いましたが、今ひとつ子供受けは悪くアイスクリームの追加が必要でした。

 上は埼玉在住の弟撮影によるSL走行動画です。撮影場所は「ひろせ野鳥の森駅」。前から三両目、後ろから二番目の窓で手を振っているのは私です。撮影場所を知っていたら車内から迎撃撮影したのに。(笑)

 車内でダラダラしているうちに早くも列車は荒川橋梁を通過。上の動画は上長瀞駅から荒川橋梁を通過するまでの車窓風景です。車内アナウンスがいい感じかも。

DSCF0574.JPG DSCF0578.JPG
DSCF0580.JPG DSCF0588.JPG

 上の写真は三峰口のSL整備風景とホームに鈴なりのギャラリー。ちょっと近付けません。

DSCF0596.JPG

 最後は1000形(旧国鉄の101系)に乗り、西武秩父からレッドアローで帰還しました。三女は途中で燃料切れによりスリープモードに。やはり一日旅行を快適にこなすためにも、子供の基礎体力は必要です。

2008年09月27日

成田で鉄分を補給する

 最近カミさんの持ち帰り仕事が増え、週末はガキんちょ共の不満が高まっています。そこで、久しぶりに鉄分の補給も兼ねて、軽便保存鉄道(羅須地人鉄道協会まきば線)のある「成田ゆめ牧場」へ行ってきました。事前に現地のイベントスケジュールを調べると、本日はSL運転日。開場に合わせて自宅を7時過ぎに出発しました。

DSCF0382.JPG

 上野から京成に乗り京成成田駅へ。その後JR成田駅へ徒歩で移動し滑河駅へと成田線に乗ります。駅からは牧場行きのシャトルバスが運行していて、車の無い我が家でも問題ありません。とりあえず牧場に入ると上の写真の大きなサイロが見えます。

DSCF0396.JPG

 途中乗馬や自転車乗りに引っかかりながら、まきば線までやって来ました。

DSCF0416.JPG

 今日の牽引車は赤い六号機。先にナローの車両を見たのは2003年9月に訪れた赤沢森林鉄道以来です。やっぱり小さい!

 ついでに動画も。今回は小型三脚 + FinePix F100fd での安定撮影です。

DSCF0420.JPG

 ティンバートレッスル(木橋)を渡る蒸気列車。橋を渡るSLは、やはりナローでも絵になります。

DSCF0421.JPG

 上の写真は頸城鉄道で使われていたラッセル車のラキ1。ヤードの隅に留置されているだけと思いきや、何と実際に除雪作業に使ったことがあるとか。もう驚きです。

DSCF0424.JPG

 名脇役の腕木式信号機に。

DSCF0433.JPG

 DLの酒井ワークスと、それに牽かれるナベトロ三兄弟。

DSCF0434.JPG

 最後の写真はFORDのトラクター。大人の夢を充電しに、また来よう...

2008年09月14日

南総海釣り・堤防五目釣り編

 昨日のリターンマッチを果たすべく連休二日目も乙浜港へやって来ました。今回は現地到着が早かったので、堤防先端に近い場所で竿を並べることに。今回も弟とツルんで来ましたが、彼が釣り糸を出すとキタマクラさんがヒット。この語源はご存知のように「食べると死ぬ(北枕になる)」からで、いかにも弟らしいとニヤリ。

DSCF0325.JPG

 と、言いながら私は今回も長女と次女連れなのでガキんちょ共の釣り準備に追われていました。何はともあれ餌付けは自分でできるようになったものの、針外しは危険(それに棘や毒のある魚も釣れるので)なので任せられません。上の写真は早速長女の仕掛けにかかったカサゴの幼魚でしょうか。針を外そうと手を近づけると背ビレの棘二本を立てて威嚇のポーズです。これはリリース対象。

DSCF0330.JPG

 上の写真は同定不可の一匹。縦縞が無ければイサキの幼魚に見えるのですが。それともフエダイの一種?

DSCF0332.JPG

 上の写真はご存知「マハゼ」さん。

DSCF0341.JPG

 コッパメジナを堤防猫にお供えします。

DSCF0345.JPG

 ハゼの仕掛けではメゴチが釣れました。案の定、針を外すときに手痛い一撃。しばらくバケツの中で観察してから(粘液を出すので)リリースしました。周囲が暗くなるまで粘りましたが、アジは一匹も釣れず。お盆休みの大漁は一体何だったのかと思いました。

DSCF0348.JPG

 最終的に持ち帰ったのは上の写真の左からクロダイ×3匹、メジナ、イサキの幼魚(と思われる魚)、ヒメジ、そしてカワハギです。全て次女が捌いて潮汁にして美味しく頂きました。

2008年09月13日

南総海釣り・ボウズ編

DSCF0295.JPG

 前回の大漁に気を良くして、三連休初日は乙浜港へ海釣り行きました。何はともあれ、上の写真の堤防猫にご挨拶。

DSCF0297.JPG

 今回は到着時間が遅く堤防先端付近が混んでいます。少し離れた突堤の角で粘りましたが、釣果はゼロ。周囲の様子を見ても、ほとんど釣れている気配がありません。日が落ちて暗くなったところで早々に撤退しました。

2008年08月30日

草刈り森林浴2008

DSCF0272.JPG

 今年の8月後半はゲリラ雷雨に見舞われる日が多かったようですが、私の母校で行われている毎年恒例の草刈りは無事に終わりました。前日まで雨が降り続いたので、薮蚊が元気なのには参りました。この瞬間だけ雨が降らなかったのは、さすが日本で一番運の良い子供を集めている幼稚園だけのことはあります。(笑) ちなみに、片付け直後に大粒の雨が降り出しました。

2008年08月27日

SAYONARA my home at Shenandoh dr.

HPIM0645.jpg HPIM0642.jpg

 上の写真は一緒に仕事をしている米国人に送ってもらった現在のCalifornia駐在当時の借家です。帰国後、私が現地を最後に訪れたのは2001年7月。もう7年もの歳月が過ぎてしまいました。敷地の北西側にカミさんが植えた当時は小さかったバラも、今では上の写真のように大きく育っています。聞いた話では、この家は今年の5月に別の持ち主の手に渡ったとか。価格は日本円で一億二千万円とのことです。(この値段を聞くと当時の家賃は安かった?)

AIMG0128.JPG AIMG0127.JPG

 上の写真は過去のエントリーからの再掲載。(2001年7月撮影) 大体同じアングルからの写真を選びましたが、北側のバラは一部しか残っていないようです。この家の持ち主だった40年前の某電気メーカ駐在員は「またアメリカに住みたい」と言っていましたが、その夢は少しでも実現したのでしょうか。

2008年08月15日

内房線を巡り東京へ帰還する

 長かった夏休みは呆然としている間に終わり、翌週の業務再開に備えカミさんと私で一足先に東京へ戻ることになりました。ガキんちょ共は両親の車で後日帰還の予定です。

DSCF0190.JPG

 今日はゆっくり休みたいというカミさんの希望に従い、7時台の千歳駅発の電車に乗ることにします。この夏空とも、今日でお別れ。

 この時間の内房線は113系です。窓も開くし、旅情満点。ただし館山駅で接続した特急さざなみには車内販売も自動販売機も無く、久しぶりの呑み鉄を逃しました。

uchibou.jpg

 ちなみにGPS Loggerで記録した内房線のルートは上のMapになります。都内までの距離を考えたらアクアラインを鉄道路線併用にして、内房線湘南新宿ライン直通なんてのを検討してくれればいいのに。(笑)

2008年08月14日

南総海釣り・アジ大漁編

 南房総に来てから四日目。昼間の釣りも飽きたので、ようやく夕方出動でアジを狙いに出かけることにしました。前日と同じく乙浜港に出かけます。途中の釣具屋で冷凍オキアミのブロックとコマセ用の「アジパワー」を購入。あとは東京で仕入れた、安売り\100-サビキ仕掛けを準備しました。

DSCF0171.JPG

 現地到着は15時過ぎ。大体アジが釣れ始めるのは夕方の5時をまわってからになります。その時間まで浮き釣りをしていると、後ろに堤防猫の姿が。(17:11撮影) 彼(or 彼女)は美味い魚が釣れる時間がわかっているのでしょうか。おまけにこの野良猫ですが、後ろを振り返る度に間合いを詰めてきているような気がします。

DSCF0526.JPG

 17時を過ぎたところで仕掛けをサビキに変え、仕掛けを底から1m程巻き上げるといきなりマアジがヒット。野良猫のアジ予想は的中しました。竿は一本だけサビキの仕掛けを付けていましたが、底で二三回シャクるとたちまちヒットします。これは面白い...

 ガキんちょ共は野良猫にお礼にと、小さなメジナとカゴカキダイを食べさせていました。アジを提供しないところは現金なところです。(^^;;

DSCF0178.JPG

 18時前、周囲がすっかり暗くなったところで釣り場を撤退。やはり小学生×2を連れての夜釣りは危険です。それに保護者も視力の衰えで、この暗さでは重りがよく見えません。(^^;

74.png

 ちなみに釣り場ですが、沖側防波堤の内側です。防波堤は途中まで車で行けるので、そこから200m程歩いた先になります。上記GPS Mapでは図中マーカの位置に駐車しました。

DSCF0187.JPG

 本日の釣果ですが、17時頃までの釣りではメジナ小×3匹、ニシキベラ×3匹、そしてイワシ×2匹。左下の金魚みたいな一匹はクロホシイシモチでしょう。写真右上の二匹は何でしょうか?

DSCF0188.JPG

 お目当てのマアジは竿一本使用の一時間で22匹を吊り上げました。初めて千葉で魚屋の店頭でお目にかかれる魚が釣れました。ふー。

DSCF0181.JPG

 ちなみに近くのスーパーでは似たようなサイズのマアジは一匹\198-です。吊り上げた魚は翌日以降食卓に並びましたが、アジが一番食べるのに抵抗が無かったようです。(笑)

続きを読む "南総海釣り・アジ大漁編" »

南総三景

 南房総に来てから四日目、午前中はアマガエルを捕まえたいと言うガキんちょ三人を連れ付近を散歩しました。

DSCF0160.JPG

 GW前に田植えをしていた水田では、もう稲穂が大きな実を付けています。既に水田の水は浅く、カエルの姿は見られませんでした。

DSCF0161.JPG

 仕方が無いので付近の漁港へ足を延ばします。私も子供の頃、よくこの漁港で釣りをしたものです。釣れたのは「トウゴロウイワシ」ばかりでしたけど。

DSCF0162.JPG

 最後の写真は敷地内のビオトープ池。一年前と同じくサヤミドロが繁茂しています。睡蓮が葉を広げてサヤミドロの勢いが少しは衰えることを期待していましたが、全く期待外れでした。(笑)

2008年08月13日

南総海釣り・もっとメジナ編

DSCF0146.JPG

 南房総に来てから三日目、今日は途中合流した弟とツルんで再び「乙浜港」で竿を並べました。炎天の下、釣り人もまばらです。

DSCF0145.JPG

 いきなり「カゴカキダイ」さんがヒット。派手な色ですが、意外と美味いらしい。

DSCF0151.jpg

 水面近くを悠々と泳いでいるのは「ウミガメ」さん。野良モノは初めて見ました。料理するとしたら、やっぱりウミガメのスープ? 時々水面を見ると5mc位の野良イカも漂ってきます。網を近付けると一丁前に墨を吐いて逃げました。いつか餌木(エギ)でデカイのを釣り上げてやる!

DSCF0153.JPG

 結局あまりに強い日差しに負け、数時間粘ったあげく昼過ぎには撤退しました。本日の釣果はメジナ大×1匹、小×10匹、カゴカキダイ×3匹、ニシキベラ×4匹、そしてアイナメ×1匹でした。しかし小メジナは食べるところがとても少なく、次回からは釣り針をもっと大きくしようと思います。(^^;

2008年08月12日

南総海釣り・メジナ編

DSCF0140.JPG

 今年の夏休みですが、再び千葉の両親宅で過ごしています。到着翌日には弟おススメの「乙浜港」へ下見も兼ねて行ってきました。長女、次女を含め三人で日中軽く竿を並べましたが、釣れるのはもっぱらメジナ(一匹だけはイシダイ)ばかり。次回は夕刻以降に時間を変えてアジでも狙いたいところです。(笑)

2008年08月03日

日野市歴史探訪

 最近幕末史に凝っているカミさん(実はコミックの銀魂に端を発したらしい)の荷物持ちで新選組ゆかりの日野市へ行きました。

DSCF0076.JPG

 炎天下を日野駅から歩きたどり付いたのは上の写真、「日野宿本陣」。

DSCF0079.JPG

 次は「日野市新選組のふるさと歴史館」。

DSCF0108.JPG

 最後は日野市役所前中央公園で行われた保存会による西洋流砲術演武を見ることに。

 上の動画は手持ちのデジカメで撮影したものなので、手ブレが乗ってしまいました。やはり動画撮影には小型でも三脚を使ったほうが良いようです。当然演武は空砲を使ったものでしたが、なかなか迫力がありました。

DSCF0110.JPG

 炎天下での演武、お疲れ様でした。>保存会の皆様

2008年07月20日

海の日の三連休・飽食編

 連休中日の昼食は館山駅近くの回転寿司「やまと」にて。

DSCF0013.JPG

 上の写真はミンク鯨の握り。南房総は近海捕鯨が盛んな地域であり、以前写真を掲載したツチ鯨と並んで、ここ千葉県南房総では伝統的な食材です。ちなみに私は学校給食で鯨を食べた世代。鯨というと懐かしい食材というイメージです。

DSCF0018.JPG DSCF0028.JPG

 上の写真左は同店で注文した「しったか(尻高)貝」の塩茹で。飲兵衛遺伝子のせいでしょうか、三歳の三女も参加し三姉妹で先を争って食べていました。右の写真は後日見付けた道の駅にある魚介類売り場に並んでいるものです。そこらへんの磯でよく見かける貝だと思っていましたが、結構いいお値段でした。

DSCF0019.JPG

 最後に注文したのはサザエのお刺身。生臭さは全く無く、ワタも磯の香り。本当はビールか日本酒を注文したいところでしたが、ハンドルキーパーなので今回は我慢です。(^^;

海の日の三連休・南総海釣り編

 前回の釣果に気を良くし、今回も弟とツルんで三連休の一部を海釣りに費やすことにしました。今回の目的地は白浜付近で定評のある乙浜港です。両親宅から車で20分程走ると、7時前後で既に大勢の釣り客が竿を並べていました。

DSCF0012.JPG

 とは言うものの数時間粘りましたが釣果はゼロ。魚影は見えるのですが、折からの晴天と海底の砂地が見えるぐらいの透明度。「見える魚は釣れない」の法則通りでした。

DSCF0011.JPG

 上の写真は弟の投げ釣り仕掛けに引っかかった餌木(エギ)です。ここ乙浜港はアオリイカの釣り場としても知られているとか。この港は基本的に底は砂地のようですが、海草に引っかかった仕掛けは少なくないようです。この日のボウズで、お盆休みのリターンマッチを決めました。(笑)

2008年07月13日

Roomba, Gurunpa 2008

DSCF0417.JPG

 東京都某所に構えた私の研究室ですが、メンテナンスの手間を少しでも抑制すべくiRobot社のルンバ(Roomba)550を買いました。約一年前にも自宅用にRoomba Discoveryを買いましたが、最近電池を交換した以外順調に稼働中(とは言うものの床の上の障害物が激増しているため稼働率が低下との噂)です。

 なお、購入したのはスケジューラ付きの最新モデル(第五世代と謳われている)。国内価格はめちゃ高なので最悪自分でメンテナンスする覚悟で平行輸入品を買いました。購入に使った通販ショップはこちら。トラブルは今のところありませんが、集塵能力にはとても満足しています。壊れたら直接本社とやりとりする予定ですが、自分で修理する気があるならば部品を取り扱う通販ショップもあるようです。

2008年06月29日

「西の魔女が死んだ - The Witch of The West is Dead」

 梨木香歩の「西の魔女が死んだ」は100万部の大ロングセラー小説です。私も原作は読みましたが、映画化されたと聞き、ガキんちょ三人を映画館に連れて行きました。

DSCF0358.JPG

 当日は雨天、作品が上映されている映画館は銀座シネスイッチです。かなり早く会場に到着したのですが、既に数名の待ち人が。

 実は私は映画を見ませんでした。敵前逃亡とも言われましたが、いずれ発売されるであろうDVDを一人部屋で見ようと思います。子供三人を映画館に送り、秋葉原へ部品を買いに移動しました。

DSCF0368.JPG

 上の写真はパンフレット。映画紹介の他、まいの魔女修行ノート付きです。読むとワイルドストロベリージャムが食べたくなります。「何でも自分で決めて、最後までやりとげること」

DSCF0359.JPG

 目が赤い長女と次女、それにポカーンとした三女を連れ銀座天國で昼食を食べ帰宅しました。少なくとも上二人は、この作品から何かを感じてくれるといいのですが。

2008年06月28日

椿山荘で呑んだくれる夜2008・ホタル編

 去年に続き、今年も手堅く4月に椿山荘の「ホタルの夕べ・ディナーバイキング」の予約を済ませました。今回は日頃不在の私に代わってガキんちょ共の面倒を見てくれている両親をご招待。

DSCF0357.JPG

 とりあえず、ロースとビーフをお皿に取り乾杯。弟夫婦も飛び入りで参加で、結婚式の時には食べられなかった料理を取りに早々に会場内へ散って行きました。

CRW_4270.JPG

 食事もそこそこに、足元がふらつく前にと庭園を散歩します。今回は前回の反省を生かし、三脚を持参しましたが何せ周囲が明る過ぎて綺麗なホタルの飛跡が撮れません。ホタルの写真は早々に断念し、庭園写真を何枚か撮影しました。

CRW_4279.JPG

 上の写真は庭園のシンボル、三重の塔です。煌々とライトアップされていました。

CRW_4295.JPG

 こちらは幽翠池と、それに映るフォーシーズンホテルの窓明かり。夜景は綺麗ですが、こうも明るくてはホタルの撮影はムリです。(^^;

2008年06月22日

株券を電子化する

F-stock.jpg

 上の写真は某社の株券です。2009年1月に迫った株券電子化を前に、ようやく重い腰を上げ証券会社への預け入れ手続きを行いました。私はどうも職業柄他人に預けた電子データを信用することができません。念のため株券を両面スキャンし手元に保存することにしました。これも一種の職業病でしょう。

 株券記載の関澤義社長(現相談役)と山本卓眞社長(現名誉会長)には頑張って頂いて、是が非でも株価を上げてもらいたいと思います。全てのコンピュータ技術者が幸せになることを願ってやみません。(お前が言うな?!)

2008年06月06日

呑んだくれる夜@新橋

DSCF0327.JPG

 久しぶりに新橋で一杯飲みました。思い出話に花が咲き、少々呑み過ぎたのかネオンが目に沁みます。

2008年05月05日

鯨とメジナの午後

 沖ノ島の後にした後、昼食は館山駅前の回転寿司屋にて。連休中のためか、待ち時間は約20分でした。

DSCF0215.JPG

 上の写真は、ここ南房総で水揚げされている「ツチクジラ」の寿司になります。千葉県南房総市の和田港が沿岸捕鯨の基地になっており、毎年6-8月が水揚げの期間になるそうです。

DSCF0216.JPG

 昼食後は道の駅「ちくら・潮風王国」へ移動します。売店でお土産を調達するのが目的ですが、先日釣り上げたメジナが売られていました。餌代を考えると、ここで買ったほうが安いです。(笑)

DSCF0217.JPG

 近くの岸壁からオキアミを餌にして釣りをしている人がいました。様子を見ていると、フグが入れ食い状態。仕掛けを投げ入れた瞬間に浮きが水中へ消えていました。周囲には子供ギャラリーがずらりです。

25年ぶりの沖ノ島

DSCF0204.JPG

 5月5日は館山の沖ノ島へ。沖ノ島は海の生物観察をするため、毎年夏中学の部活合宿で訪れていました。ここへ来るのは実に25年ぶりになります。

DSCF0205.JPG

 ちょうど5日は新月の大潮。磯遊びをするのにはもってこいのタイミングです。

DSCF0207.JPG

 私の母親はガキんちょ三人を連れて食べられる貝を探しています。私も網を持って磯をうろちょろすると、やけに大きな魚が泳いでいました。網ですくい上げると、潮溜まりに取り残されていたのはゴンズイです。背びれの棘に毒があるので、海へ帰ってもらいました。

2008年05月04日

南総海釣り

 連休後半は再び南房総で過ごします。滞在初日の3日と4日に釣りに出かけました。

DSCF0181.JPG

 日差しは強くないものの、当日の紫外線量は真夏並みだとか。私はばっちり日焼けしました。釣り人の数は、そこそこ。アジ狙いの人もいましたが、まだ時期が少し早いようです。

DSCF0183.JPG

 ハゼ狙いの仕掛けと共に、今回は浮き釣りも試しました。大体2mぐらいのタナを狙って仕掛けを落とすと、まずはハコフグがかかりました。これを食べる地方もあるそうですが、今回は放流です。

DSCF0186.JPG

 上の写真はメジナ。超遠近法撮影で大きく見えますが、実際は体長20cm程度。(笑)

DSCF0193.JPG

 メジナはバーベキューグリルで塩焼きに。スーパーで買ったマグロのカマと並べると小さく見えてしまいます。

DSCF0167.JPG

 上の写真は昨日5月3日に釣った海タナゴです。もうちょっと大きければ...

DSCF0195.JPG

 海タナゴは三枚におろすと食べるところがとても少なく。(笑) 他に釣れたハゼと共に再び天ぷらになりました。

2008年04月29日

呑んだくれる昭和の日@お台場

 飛び石連休の昭和の日は気温も上がり、友人を誘ってお台場へ行ってきました。

DSCF0133.JPG

 お台場は連休イベントのためか、凄い人出です。ようやくビーチハウス前のテーブルを確保して飲み始めました。友人のお子さん一人を含め、うちのガキんちょ共は浜辺でアサリ拾いをしています。

DSCF0143.JPG

 まだ水は少し冷たいようですが、膝までの深さなら大丈夫。日が傾くまで水遊びは続きます。

DSCF0144.JPG

 品川方面に落ちる夕日を眺めながら、ビールを飲み干し続けました。(笑)

2008年04月27日

春の南総でハゼを釣る

 今回の連休ですが、天候はあまり良くありません。曇天の下、近くの漁港へ海釣りに行ってきました。

DSCF0102.JPG

 ボウズを避けるため、長女と次女は無難なハゼ狙いの仕掛けを使ってもらいます。餌は青イソメですが、餌付けも自分でできるようになりました。

DSCF0106.JPG

 まずヒットしたのは上の写真、小さなトラギスです。防波堤は危ないので三女は留守番ですが、持ち帰った魚の中で一番のお気に入りでした。

DSCF0112.JPG

 結局釣れたのはハゼばかり14匹。本当はウケの良いアジなんか釣れると良かったのですが、まだ時期が早いようです。

DSCF0115.JPG

 とりあえず午前中で釣り場を撤収。帰り道でサツマイモを買い、昼食は蕎麦と芋天、ハゼ天になりました。

2008年04月26日

南房総へ

DSCF0101.JPG

 空気を運んでいるような「特急わかしお」に乗り、千葉の両親宅へ行きました。同行者の冷たい視線を気にしつつ、久しぶりの飲み鉄モードです。(笑)

2008年04月19日

JAXA筑波宇宙センター特別公開日・GPSでお宝探し編

DSCF0059.JPG

 昼食後はスタンプラリーの景品目当てに会場内を巡回します。上の写真はH-IIロケットの屋外展示。うーん、一度は打ち上げを見てみたいなぁ...

DSCF0069.JPG

 上の写真はコントロールセンター。JAXAの活動を紹介するアニメや、かぐやの観測軌道を紹介するビデオを上映していました。

 で、最後のイベントは「GPSでお宝探し」。この筑波宇宙センターには磁気試験棟を中心にだだっ広い空き地があるのですが、その一部に隠してあるQZS-1を探すというもの。GPS携帯や、貸し出し用のハンディGPSを使ってオリエンテーリング風にポイントを経由し、その緯度経度をヒントにします。

821.png

 私はnuvi360を持っていたので、それを使って参加しました。さすがに敷地が開けているのでGPS衛星の受信状態は最高です。MSASをOnにすると、すぐにディファレンシャルの測位モードになりました。
 受信している衛星の中で#42がMTSAT-1R。ここでは受信できていませんが、衛星番号#50はMTSAT-2。いずれも日本が打ち上げた運輸多目的衛星です。これらの衛星がMSAS信号を発信しているのですが、結構いい仕事していました。(笑)

DSCF0076.JPG

 上の写真がお目当てのQZS-1。何だか頭の上にプリンが乗っているんですけど。(^^; 実物は2009年度に打ち上げの予定だそうですが、無事に成功するといいですね。

JAXA筑波宇宙センター特別公開日・水ロケット編

 かねてから一度は見てみたいと思っていた「筑波宇宙センター特別公開」。週末を利用して長女と次女をぶら下げて行ってきました。水ロケットを飛ばせるとの誘い文句が効いたのか、上機嫌で朝出発の準備は完了。秋葉原経由で筑波へ向かいます。

DSCF0039.JPG

 アキバつくばエクスプレスで揺られること小一時間、つくば駅前から宇宙センターまではシャトルバスが出ていました。JAXA御用達のバスです。

DSCF0043.JPG

 上の写真は正門から見える「総合開発推進棟」。

DSCF0048.JPG

 何はともあれ、混雑が予想される「水ロケット教室(打ち上げ体験のみ)」の会場へ急ぐことに。上の写真は発射を待つ色とりどりの「水ロケット」です。JAXAのステッカーが貼ってありました。

DSCF0051.JPG

 工作を待つ列を横目に、打ち上げ体験の整理券を早々にもらいました。ヤレヤレ、これで延々と待たなくて済みそうです。

DSCF0052.JPG

 上の写真はランチャーにセットされた「水ロケット」です。台枠はアルミ製で、なかなかしっかりした造り。JAXAの人が設計したのか、ちょっと気になります。(笑)

 打ち上げの様子は動画で。当日は風が強くロケットの軌道が流されていましたが、なかなか盛り上がっていました。理系人気もこの調子で回復するといいのですが。

2008年04月06日

花見2008

 同じ職場の人達と多摩川沿いで花見をしてきました。会場は羽村市のほたる養殖地付近です。事前に会場のGPS位置情報を受け取っていたのですが、荷物運びを手伝おうとして散々迷ってしまいました。(^^;

DSCF0013.JPG

 上の写真は阿蘇神社から少し下流側へ下った場所にある、多摩川サイクリングロード55kmポスト付近。花見会場はこの近くです。

DSCF0014.JPG

 迷いついでに、羽村の堰まで行ってきました。多摩川土手の桜が満開。

DSCF0017.JPG

 上の写真は別の角度から撮った多摩川土手の桜並木。

DSCF0018.JPG

 サイクリングロード沿いの花壇には、チューリップが植えてありました。羽村市ではチューリップ球根の栽培も盛んです。毎年この時期にはチューリップ祭りというのも行われるそうです。

DSCF0023.JPG

 何はともあれ、花見会場に集合。バーベキューコンロで肉を焼き始めます。何だか北米生活を思い出すなー。

DSCF0027.JPG

 夕刻、逆光に桜の花びらが舞っています。おかげさまで今年の花見も無事に終わり。皆さん、お疲れ様でした。

2008年03月29日

サクラサク

DSCF7732.JPG

 自宅近くにある豊島区の公園で桜が満開です。桜の木の下では、既に花見会場のセットも終わっているようでした。今年も楽しい花見ができますように。

2008年03月23日

従兄弟の結婚式に参加する

 従兄弟の結婚式に出席してきました。会場は天王洲アイルの「シェ松尾 天王洲倶楽部」。カミさんは留守番。ガキんちょ共の妨害も無く、一人フレンチが食べられると内心ほくそ笑んでいました。(笑)

 長いセレモニーの後に運ばれてきた料理は以下になります。私も結婚前にこんな料理を食べながらデートしたかったです。(^^;;

DSCF7714.JPG DSCF7716.JPG

 上の写真、冷前菜(左)と続けて運ばれてきたのが温前菜(右)。

DSCF7719.JPG

 魚料理が出てきて、

DSCF7720.JPG

 お口直しのグラニテ(シャーベット)が。

DSCF7721.JPG

 最後は肉料理、和牛フィレ肉のソテーが... (かなり嬉しい)

DSCF7724.JPG

 ワインを飲み過ぎたので、デザートはパス。
 東京湾の夜景を眺めながら、親戚と久しぶりに歓談できました。次はいつだろう。(笑)

2008年03月22日

浅草と花やしき

 三月も二十日を過ぎ、だいぶ暖かい日が増えています。年が明けてからは多忙の連続でしたが、ようやく一段落付きそうなので一日家族サービスにと花やしきへ行ってきました。前回花やしきへ来たのは、2005年の夏。うーむ、そんなに間が開いてしまいましたか。

DSCF7649.JPG

 今回は家族総出の大移動。浅草駅、浅草寺と経由して花やしきへ向かいます。

DSCF7651.JPG

 雷門前では国内外からの観光客が写真を撮っています。相変わらずの混雑でした。

DSCF7652.JPG

 仲店の混雑も相変わらず。足早に通り過ぎました。(笑)
 途中昼食は「つくしや」というもんじゃ焼き屋さん。調理は長女と次女に任せましたので、カミさんとゆっくりホッピー/黒ホッピーを飲みながらの昼食です。(久しぶり)

DSCF7682.JPG

 目的地の花やしきでは2008年春のリニューアルオープンを前に改装工事が行われていました。既に花やしきホームページで知っていて、ガキんちょ共にスケジュール延期を打診したのですが「また来ればいい」とのこと。とりあえず、入場し長女と次女にはフリーパスを買いました。

 しかしそれで治まらないのが四歳の三女。何でも上の姉貴と同じにできると思っているので、乗りたくても乗れないアトラクション前で大激怒モードに。カミさんも最後には不機嫌のカンカンモードになってしまいました。(想定内)

DSCF7701.JPG

 何はともあれ帰路は浅草からタクシーで都電の三ノ輪橋駅経由。日光街道から三ノ輪駅まではレトロなアーケード街になっていて、私以外の女性陣はみつ豆なんぞを買い込んでいました。ふー、

2008年02月17日

女子美大の卒業展示を見に行く

 カミさんが女子美大の卒業展示を見に行きたいというので、子供も連ねて上野の東京都美術館へ出かけてきました。場所は上野動物園正門を左へ曲がってすぐの場所にあります。

DSCF7574.JPG

 一通り展示を見ると、三女は空腹のため絶叫モードに。(^^; とりあえず我慢してもらいつつ、他の展示室で行われている書道展や都内の公立学校の生徒さんが作った美術作品の展示を眺めていました。それにしても子供の絵や造形作品を見るのはいいものです。かなり目の保養になったかも。

2008年02月13日

Google T-Shirt当選

DSCF7581.JPG

 Googleツールバーユニクロ専用カスタムボタンキャンペーンに応募したところ、忘れた頃に商品が送られてきました。今年の運を使い果たしていないといいのですが。(^^;;

2008年02月10日

都電レトロ電車

DSCF7567.JPG

 しばらくぶりの家族サービスをする一日。上の写真は国立科学博物館に向かう途中、大塚駅で見かけた都電荒川線を走るレトロ車両です。

2008年01月26日

神田明神にお参りする

 ここ数ヶ月、立て続けにトラブルに見舞われています。タイミングも内容も最悪で、人智を超えた原因があるような気がします。こんな時こそ困った時の神頼み。ITの守護神、神田明神にお参りに行くことにしました。

DSCF7551.JPG

 当日の天候は晴れ。まずまずのお参り日和です。

DSCF7562.JPG

 で、買ったのは上の写真「厄除守護」のお守り。二つ買って、一つは自分用。もう一つは北米の設計拠点の連中に渡そうと思います。"Amulet of Akihabara shrine"と説明したら理解してもらえるでしょうか? 粗末に扱われないといいのですが。(^^;

2008年01月20日

奥多摩駅探訪

 寒い日が続き、サイクリングから足が遠のいてしました。冬用装備ということでウィンドブレーカーを通販に注文しましたが、まだ届くには数日かかりそうです。これではイカンという訳で、自転車には乗らないにしても、引きこもり状態を打破すべく奥多摩へ電車で出かけてきました。

IMG_4116.JPG

 まずは青梅駅から201系の展望電車「四季彩」に乗ります。

DSCF7546.JPG

 途中、車窓の眺めにしばし日頃のストレスを忘れました。その後は何のトラブルも無く、奥多摩駅に到着です。

IMG_4123.JPG

 昼食後、201系電車にて青梅方面へ戻ります。プチ鉄分補給をした半日でした。

2008年01月01日

謹賀新年

DSCF7429.JPG

 親戚へ新年の挨拶へ出かける前、初詣に近所の大塚天祖神社へ行ってきました。おみくじの結果は大吉でしたが、「旅立 : よし 連れ人に注意」とのこと。実は明日からSingaporeへ出張するのですが、旅先でのトラブルが心配になりました。(^^;

2007年12月24日

Noradサンタ追跡2007

noradsanta2007.png

 毎年恒例、Noradのサンタ追跡プログラムが始まりました。今年のサイトはYoutube、Google Mapと連携し動画を配信しています。皆様にもMerry Christmas!

2007年12月23日

東京ペディション2007

 時差ぼけの眠気に耐えながら、某「ラジオライフ」が主催する東京ペディション2007に出展者として参加しました。会場は去年と同じサンシャインシティの文化会館です。

DSCF7412.JPG

 会場外には入場を待つ人の列が... 一般入場開始後は、あっと言う間に会場が人で埋め尽くされてしまいました。

DSCF7410.JPG

 上の写真は当ブースの様子。入場料と出展参加無料のせいか、売る方も買う方もまったりムードでした。実は同日に別のフロアで開催されていたイベントに私の両親が来ていたのですが、帰り際に東京ペディにも顔を出してきました。親父殿はともかく、母親は「何が楽しいのか全く理解に苦しむ。」と、いかにも一般人らしいコメントを残していきました。(^^;

2007年11月25日

大盛り昼食と八高線

 連休最終日、私は某研究所へ行くため、途中まで弟夫婦の車で送ってもらいました。実はかなり遠回りなのですが、送ってもらいついでに東京近郊で唯一の非電化区間を走る八高北線に乗るためです。

DSCF7190.JPG

 余談ですが、足代として昼飯を弟夫婦にご馳走することにしました。昼食を取ったのは鋸南町にある「お食事処 ばんや」という店です。ここは保田漁協直営の店なのですが、特に丼物は盛りが凄まじく一人では食べ切れません。上の写真は「イカ掻き揚げ丼」ですが、実は掻き揚げが三枚積み重ねられていました。まあ、次回来たときは握り寿司を注文することにします。

DSCF7191.JPG

 何はともあれ八高線への乗車駅である「小川町駅」へ到着。ここは東上線とJRの接続駅で、この駅を含む「倉賀野駅」から「高麗川駅」までが非電化区間になります。何と接続駅の癖に駅にJR職員が常駐しておらず、跨線橋にはSUICAの乗り継ぎ機が並んでいました。

DSCF7194.JPG

 小川町から汽車に乗り電車に揺られること約30分、沿線の山並みを眺めている間に高麗川に到着しました。ここからは電化区間になるので、別の電車に乗り換えます。上の写真は高麗川で撮影した八高線車両のキハ110系。それにしても、まだまだ東京近郊にこんな路線が残っているんですね。乗り換え電車の「八王子行き」にほっとしました。(笑)

2007年11月24日

月とビオトープ

DSCF7178.JPG

 千葉に来たら自然観察ネタは欠かせません。上の写真はビオトープ池の様子ですが、メダカは順調に代替わりをして二代目が元気に泳いでいます。写真は撮れませんでしたが、体長1cm程度の水棲昆虫の姿も見られます。ゲンゴロウかミズスマシでしょうか。

 また、弟が放したミナミヌマエビが大繁殖していました。彼らは基本的にコケや死骸しか食べないのでアメリカザリガニのような極端な食害は無いと思います。夜、懐中電灯で水中を照らすと光る目がよく見えました。

DSCF7187.JPG

 最後の写真は望遠鏡で見る満月。望遠鏡のアイピースにデジカメを近付けて撮影したものですが、なかなか良く撮れています。「月周回衛星・かぐや」はどこを飛んでいるんでしょうねえ。

晩秋の海釣り@千倉港

 三連休は久しぶりに千葉の両親宅へ行ってきました。確か前回来たのはお盆休み。すっかり季節が変わってしまいましたが、この時期にしては暖かな天候だったようです。

DSCF7175.JPG

 今回は特に何をするという予定は無かったので、一緒に来ていた弟夫婦とガキんちょ上二名を連れて近くの千倉港へ釣りに行くことにしました。連休二日目は大潮に加え天候も良く、絶好の釣り日和です。

DSCF7177.JPG

 今回私は浮き釣りの仕掛けにして、まったりと過ごすことに。結局昼過ぎまで粘って釣り上げたのは、小メジナ×2匹とハゼ×3匹でした。周囲ではトウゴロウイワシが何匹も釣られていましたが、完全な外道扱いです。ちなみにトウゴロウイワシはイワシではなくボラの仲間だとか。

DSCF7183.JPG

 何はともあれ我が家の釣りモットーは"Catch & Eat"。メジナは塩焼きにしたかったけど、釣果は全て唐揚げにされてしまいました。せめて三枚下ろしぐらいはできるようになってもらいたいです。(^^;

2007年11月09日

東京湾で船を見る

 遠足の引率ボランティアに参加するため、年次休暇を取りました。目的地は「船の科学館」。浜松町駅に集合し、日の出桟橋から水上バスで目的地へ向かいます。

DSCF7005.JPG

 上の写真は水上バスから眺める「船の科学館」。日の出桟橋発船の科学館行きは、一日に三便しか無く、私も今回が初めての乗船でした。

DSCF7011.JPG

 私が引率した小学生四人組には事前にネットで操船シミュレータがあると調べた生徒さんがいて、早速お目当ての装置がある6Fへと行きました。上の階からは「南極観測船 宗谷」が一望できます。後で宗谷の船内を見学したのですが、お別れメッセージが壁に残されていたり観測隊員の思い入れを強く感じました。

DSCF7057.JPG

 上の写真は「青函連絡船 羊蹄丸(ようていまる)」です。この写真は帰りの水上バスから撮影しました。

DSCF7022.JPG

 この船は貨物列車を直接線路から収容し輸送する貨車航送が可能です。その列車を収容したデッキには青函連絡船在りし日の青森駅前が再現されているのですが... かなりB級なテイストがします。いつかじっくり見に来たいかも。

DSCF7114.JPG

 最後に水上バスに乗って日の出桟橋へと向かいます。当日は近々退役を控えた「南極観測船 しらせ」が晴海ふ頭に接岸しているのが見えました。間近を通り過ぎる水上バスから見上げる艦影は大迫力です。まさかこんな間近で見られるとはと、疲れが吹き飛んだ瞬間でした。

2007年11月02日

鉄道博物館に行ってみる

 報告が遅れましたが、数ヶ月前から新しい職場で働いています。転職とは言っても狭い業界の中。友人からは「地獄の一丁目から二丁目へ駒を進めた」と言われました。ただ前の会社と比べて一つ良いのは、今の会社は年休消化に気を配ってくれること。月に一回は必ず三連休があります。そんな訳もあって平日休みとなった11/2は、かねてから行きたいと思ってた鉄道博物館へ足を伸ばすことにしました。

DSCF6950.JPG

 とは言っても野郎一人だけで鉄道博物館へ行くのは寒いものがあります。当日は乗り物好きの三女には保育園を休ませ、一緒に連れて行くことにしました。学校がある長女と次女から嫉妬の視線が突き刺さります。上の写真は東京駅から乗った新幹線MAX二階席から外を眺める三女です。

DSCF6951.JPG

 大宮駅で降りると、上の写真にあるような案内が掲示してあります。取り急ぎ弟のアドバイスに従って駅弁を調達しました。

DSCF6954.JPG

 昼食に買った駅弁は上の写真「大宮弁当」になります。鉄道博物館でも駅弁は売っているのですが、大変な行列なので事前調達が正解。食事をする場所は、開放されている展示車両の一部が使えます。ミュージアムショップも30分待ちの行列なので、早々にお土産を断念しました。

DSCF6958.JPG

 紹介写真で何度も見ていましたが、2Fから眺める展示車両は圧巻です。平日ということもあって、小学生未満連れのお祖父ちゃん/お祖母ちゃん、そしてカメラを構える野郎一匹狼がメインのお客さんのようでした。

DSCF6963.JPG

 館外に出ると、壁には万世橋の交通博物館に展示してあったD51が埋め込まれていました。実に一年半ぶりの再会です。ちなみに交通博物館の館内を最後に見学したのは6年以上も前のこと。もうちょっと空いていたらと思いましたが、山手線のラッシュ等都会のストレスを味わうのも鉄道を知るという事なのでしょうか。(笑)

2007年10月21日

御岳山で過ごす週末・復路編

 いい加減酔っ払ってしまいそうなので、御岳山を早々に切り上げます。再びケーブルカーで下山しました。

DSCF6946.JPG

 三女のリクエストにお応えして、青いケーブルカーの「青空号」に乗車。上の写真は麓の滝本駅の様子になります。

DSCF6947.JPG

 駅には相変わらず川魚の入った水槽が置いてあります。でも... 「僕たちは先日の台風で住みかを失った仲間です」とか。8月に見た山女は誰かの胃袋の中でしょうか。(^^;

IMG_4100.JPG

 再びバスで御嶽駅へと向かいます。

IMG_4101.JPG

 御嶽駅到着後、多摩川の川原へ下り、御嶽渓谷を散策することにしました。残念ながら川の水はまだ濁っています。

IMG_4112.JPG

 木々の一部は既に紅葉していました。奥多摩に都心よりも早い一足早い秋の到来を感じる一日です。

御岳山で過ごす週末・山頂散策編

 昼食後は腹ごなしに御岳山の展望台付近を散策します。

IMG_4097.JPG

 都心方向には新宿の高層ビル群が見えました。冬には空気が乾燥するので、もっと良く都心の様子が見えるそうです。

DSCF6944.JPG DSCF6939.JPG

 上の写真左側は御岳山のリフト下にある川魚のお店「やもめの売店」。ガキんちょ共は鮎や山女の塩焼きを貪り食っていました。(^^;

DSCF6941.JPG

 私は一風変わった食べ物ということで「山女の骨酒」に挑戦。これはワンカップの熱燗に山女の塩焼き一匹が丸々入ったものです。外見だけ見てもプロフェッショナルな感じがかなり... 味はなかなか。でも、次回は別々に頂くことにします。(笑)

御岳山で過ごす週末・御岳神社お参り編

 私は知らなかったのですが、実は昨晩泊まった宿の目の前は「山岳耐久レース」のコースでした。長女と次女は頑張って夜遅くまで観戦していたので、朝は遅れ気味です。後で知ったのですが、今年のレースでは死亡事故があったとか。亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

DSCF6930.JPG

 何はともあれ、我が家のモットーは「早寝、早起き、朝ごはん」。前の二つは守られないことが多いのですが、最後の一つは欠かせません。上の写真は宿の朝食ですが、材料が多彩な健康食です。普段もこの手のメニューを食べていれば長生きできそうな気がします。

IMG_4077.JPG

 10時ぎりぎりにチェックアウトし、宿を後にします。参道に並ぶ土産物屋を抜け、武蔵御嶽神社へと坂を登りました。

IMG_4078.JPG

 鳥居を抜け、さらに登ります。

IMG_4076.JPG

 神社のある山頂付近からは横浜方面が見通せました。遠くには海がきらめいています。一番高いビルはランドマークタワーでしょうか。

DSCF6934.JPG

 山頂の武蔵御嶽神社に参拝後、足取りも軽やかに石段を降ります。私は家族の健康とガキんちょ共の学業成就を祈願。長女と次女だけではなく三歳になる三女も手を合わせていましたが、一体何をお願いしたのでしょう。

2007年10月20日

御岳山で過ごす週末・夜景撮影編

 宿での夕食もそこそこに、久しぶりにD60で御岳山から見える都心の夜景を撮影してきました。(長時間露光の夜間撮影は蛍以来) 東京方面は部屋から見えないので、ケーブルカーの終点にある展望台までの1kmを歩きます。お付き合いしてくれた長女と次女は、地面から這い出したミミズや、それに襲い掛かるムカデに引っかかりながら夜道を歩いてくれました。

IMG_4060.JPG

 上の写真は、展望台から新宿方面を望んだところ。写真下側は多摩川沿いの集落です。

IMG_4064.JPG

 二枚目は、八王子方面になります。今晩はどうもガスが出ているのか、都心の遠方まで見渡せません。展望台での撮影は早々に切り上げて、宿に戻ることにしました。

IMG_4070.JPG

 部屋に戻ると願いが通じたのか、急に周囲の空気が澄んできました。夜空には冬の星座、オリオンがくっきりと見えます。

IMG_4071.JPG

 最後の写真は、部屋から見た横浜方面の夜景です。ランドマークタワーが見えるはずなのですが...

御岳山で過ごす週末・往路編

 暑い夏も終わり東京に涼やかな秋がやってきました。そう言えば8月以来家族旅行はさっぱりです。色々と騒がしかった身の回りも落ち着きましたので、久しぶりに一泊の家族旅行を計画しました。

IMG_4049.JPG

 今回の目的地は東京都青梅市の御岳山。ここは都心から2時間の距離でありながら、奥多摩の自然が楽しめます。上の写真は往路で青梅駅から乗車した展望型電車「四季彩」です。車内は多摩川側にクロスシートを配置してあり、沿線の眺望を堪能できました。

 青梅駅から電車に揺られること、約20分。御嶽駅で下車し、バスとケーブルカーを乗り継いで山頂へと向かいます。ケーブルカーの終点から約1kmを徒歩で移動し、今晩の宿である「駒鳥山荘」に到着しました。この付近は古くからある武蔵御嶽神社の宿坊があり、部屋によっては東京や横浜の夜景が見えるとか。

DSCF6913.JPG

 宿に到着して、ほっと一息。上の写真は夕食のお料理です。小学四年生の長女は、そろそろ子供メニュー卒業の予感がしました。

2007年10月08日

携帯の電池が膨張する2007

DSCF6905.JPG

 上の写真右側に写っているのは、去年の8月末のエントリーで交換したP901iSの電池です。交換から約13ヶ月が経過しましたが、前の電池と同じく膨張し容量抜けを起こしてしまいました。実は最寄のドコモショップへ持ち込んだのが10月6日。そこで二年目以降だと無料で電池交換になると聞き、ちょうど契約二年目の今日に電池を再度交換してもらいました。

 ちなみに新品電池の厚さが5.65mmなのに対し、膨張して容量抜けを起こしたものは7.15mm(+26.5%)でした。これは裏蓋が開けられなくなって当然です... 意外と再現性があると分かったので、定期的に寸法を測定してみるかも。(笑)

2007年10月01日

永田町を巡る都民の日

 9月は色々と忙しく、連休が全て仕事で潰れてしまいました。家族信用貯金の目減りは明らかなので、その対策としてガキんちょ共を社会科見学へと連れ出すことに。行き先は、こちらのエントリーと同じく参議院東京地裁です。

 当日私に同行するのは長女と次女。他に長女の同級生男子と、そのお母様。さらにまた別の同級生男子が単独で同行しました。

DSCF6873.JPG

 国会議事堂前に到着したのは10時20分過ぎ。参議院の見学は毎正時開始なので待合室で時間を潰します。上の写真は参議院別館の売店の様子。「逆風に負けるな! 晋ちゃんちゃんまんじゅう」の文字が涙を誘います。左にあるのは「晋ちゃんのねじれ餅」。これってギャグ? と思いながら、さらにお隣の「漫画王」には、「男前太郎 ローゼン閣下」の文字が... (わかる人にはわかる)

 そうそう、福田総理のお土産は現在製作中だとか。見学ルートは前回と同じでしたが、休みの人が多かったのか参議院内の移動にはたっぷり一時間かかりました。

DSCF6880.JPG

 参議院を見学後、憲政記念館で昼食を取り東京地裁へと向かいます。途中、洋式庭園の中にある日本水準原点をに立ち寄りました。上の写真にある建物の中には水晶板に刻んだ測量の高さ原点が設置してあります。鍵穴から中を覗いて「水晶版が見える!」と言っていた悪ガキもいましたが、6月3日の測量の日に合わせ施設公開を行っているようです。

 その後は東京地裁の見学。前回と同じく刑事犯中心で傍聴をしました。いずれも加害者の事情を理解するにつれ、理由も無く悪事に走る人は少ないんだろうなと実感します。ガキんちょ共の精神的成長に合わせ、また裁判の傍聴に連れて来ようかという気になりました。

2007年08月25日

草刈り森林浴

DSCF6744.JPG

 毎年の恒例行事、私の母校で卒業生ボランティアによる草刈りが行われました。昨日降った雨のせいか、雑草を刈っていると蚊柱が立ちます。上の写真は駆除用に地面に刺した蚊取り線香。何だか絵になります。

2007年08月18日

富士山洞窟巡り・西湖蝙蝠穴編

 最後に立ち寄ったのは「西湖蝙蝠穴」。ここは洞窟の天井が低く、入り口でヘルメットを貸してくれます。

DSCF6721.JPG

 まさに「川口浩探検隊」という様相の長女と次女。既に進もうとする方向がバラバラです。

DSCF6722.JPG

 洞窟に入ろうとする二人。既に洞窟に入るのも三回目で、全く緊張感がありません。

DSCF6723.JPG

 結局蝙蝠は人が入れないようにしてある柵の向こう側にいるそうです。いつかは蝙蝠が普通に見ることのできる自然が戻ってくるといいですね。

富士山洞窟巡り・富岳風穴編

DSCF6715.JPG

 氷穴に続き「富岳風穴」へ立ち寄りました。ここは駐車場も狭く、洞窟内の混雑も思ったほどではありません。上の写真は最深部にある「天然冷蔵庫」。昔は種子や蚕の繭を貯蔵していたそうです。

富士山洞窟巡り・鳴沢氷穴編

 酷暑もまだ続く8月の週末、涼を求めて富士五湖周辺の洞窟へ行ってきました。今回は長女と次女の二人連れ。三女はともかくカミさんは探検嫌いなので留守番です。中央高速をひた走り、やって来たのは「鳴沢氷穴」。観光バスやマイカーで駐車場が大変な混雑でした。ちなみに地理的な考察はこちら

DSCF6687.JPG

 洞窟の入り口付近に掲げられた看板。本当かいなと思いながら、ちょっと期待してしまいます。

DSCF6697.JPG

 洞内へ入ろうとする環境客で、入り口から出口までは一時間の大渋滞です。上の写真は、ようやく洞内に入ったところ。洞窟内からは冷たい空気が吹き出しています。

DSCF6702.JPG

 洞窟の一部では天井までの高さが90cm程度しか無いので、小学生でも屈んで歩く必要があります。

DSCF6706.JPG

 こちらは洞窟内にある「地獄穴」。どこまで続いているかわからないほど深いそうです。穴の中にはお賽銭が多数投げ込まれていました。伝承では江ノ島まで通じでいるとか。私はこういった話は大好きです。

DSCF6707.JPG

 上の写真は洞内にある「氷の貯蔵庫」。冷蔵庫が無かった時代に夏場まで氷を貯蔵していたとか。

DSCF6708.JPG

 こちらは「氷の池氷柱」です。秋が始まる頃には消えてしまうそうですが、今の時期でも結構氷が残っていました。

2007年08月15日

東京湾横断

 いよいよ最終日、帰路はカミさんとガキんちょ共を横浜にあるカミさんの実家にドロップするため東京湾フェリーに乗りました。お盆休み最終日とあって、ひどい渋滞を覚悟しましたが全くそんな気配はありません。ガラガラのフェリーで短い船旅を楽しむことができました。

DSCF6651.JPG

 今は混雑している時期なのか、一度に三船が同時運航しています。金谷出航後に早速すれ違ったのは「くりはま丸」。

DSCF6652.JPG

 千葉側を見ると鋸山がそそり立っています。一度はガキんちょ共と一緒に谷底を覗いてみたいかも。

DSCF6657.JPG

 出発が朝早かったので昼飯前にお腹がすいたというガキんちょ共(+カミさん)にソフトクリームやアメリカンドックを食べさせていると、船の後を海鳥が群れをなして付いてくるのに気付きました。早速パンを買い、三姉妹にウミネコがパンを空中キャッチする様子を見せます。やっぱり子供がパンを投げてもコントロールが悪いのか、なかなか鳥が空中キャッチできません。

2279.png

 そうこうしている間に中間地点を過ぎました。若干ルートから外れているのは、往路と復路でルートが違うからでしょう。地図上にプロットしてあるのは、久里浜から金谷へ向かうルートのようです。

DSCF6658.JPG

 そうこうしている間に、再び金谷へ向かうもう一隻のフェリーとすれ違いました。こちらは「しらはま丸」。ちなみに私が乗船しているのは「かなや丸」です。

DSCF6661.JPG

 眼前には久里浜港が見えてきました。やっぱり船旅はいいものです。

DSCF6671.JPG

 到着後、夏の日差しでホワイトアウトする久里浜市内へと車は出て行きます。

2007年08月14日

海底透視船現る

 観光ガイドブックにも掲載されていますが、ここ野島崎灯台からは「海底透視船」なる海底を覗ける観光船が出ているそうです。

DSCF6646.JPG

 上の写真は海底透視船の看板。何だかノリが「海底軍艦」のようで、往年の東宝特撮映画を彷彿とさせます。(きっとその頃描かれた看板に違いありません) ガキんちょ共も乗る気満々で、なし崩し的にこの船へ乗ることに。

DSCF6647.JPG DSCF6618.JPG

 小さな漁港へ降りていく坂道の下に、海底透視船「轟天号かもめ丸」が見えます。手前の小屋はチケット売り場。ちなみに船内は土足禁止。靴を脱いで乗船です。

DSCF6628.JPG

 船は中央の船底に大きな窓が付いており、周囲を座席が囲っています。船が出港すると、どんどん水が澄んでいき海底に揺れる海草が手に取るように見えました。魚の姿はちらほらでしたが、窓の外側を青い小さなクラゲが流されていったとき、それを見ていたガキんちょ共からは一斉に歓声が上がっていました。一応満足してくれたかな?

DSCF6636.JPG

 ちなみに船外を見ると、周囲は太平洋の波が押し寄せています。そこそこ揺れる20分間の短い航海でしたが、青い空と緑の山、そして太平洋から吹く風は爽やかさ満点でした。

道の駅「ちくら・潮風王国」

 最後の滞在日は一日ドライブの予定。近場ということで、外房の海岸沿いの道を車で野島崎灯台方面へ走りました。

DSCF6596.JPG

 途中立ち寄ったのは道の駅「ちくら・潮風王国」。上の写真、サザエキャッチャーも健在でした。

DSCF6597.JPG

 こちらは「サザエカレー」。缶詰よりも、どこかの食堂で食べてみたいです。

DSCF6599.JPG

 上の写真は道の駅を隣接した芝生公園から撮影したところ。右側にはプールの中に漁船が展示してあります。暑い!!!

DSCF6600.JPG

 道の駅海側には岩場が広がっています。家族連れが岩場で遊んでいましたが、それを見ているうちの三姉妹もモノ欲しそうな眼差し。ここで遊んでいると日が暮れてしまいそうなので、早々に道の駅を後にしました。

2007年08月13日

飽食の夜@南総

 晩飯は恒例の「美浜寿し」へ。ここで晩飯を食べるのが、千葉へ来る楽しみの一つです。

DSCF6585.JPG

 まずはビールとお通しのボイルしたイカ。ガキんちょ共に一気食いされました。(大人用は別途追加)

DSCF6588.JPG

 上の写真は、本日のお刺身で秋刀魚です。何も付けずに食べてもOKとのこと。新鮮でした。

DSCF6589.JPG

 こちらはサザエの壷焼き。アルコールを含んだ塩から青い炎が立ち昇っています。

DSCF6592.JPG

 最後は岩牡蠣。この寿司屋の前にある浜の岩場で取れたということで、新鮮そのものです。Rが付いていない月でも大丈夫。他に握り寿司を適当に分けて、夜道を帰りました。

防波堤釣りをする千倉港

 先日のハゼ釣りに味をしめたのか、釣りに行きたいコールがかかりました。前回ほどは釣れないかもしれませんが、休みの日にのんびりを釣り糸を垂れるのも悪くはありません。

DSCF6572.JPG

 とりあえず前日に千倉港付近で釣り餌を購入。ついでにポイントもチェックしましたが、白灯付近が車も入れるので良さそうです。当日は、この付近で釣りをすることにしました。

DSCF6579.JPG

 ドタバタとした挙句、上の写真は釣り当日の様子。何だかんだで遅くなり、現地到着は昼前でした。釣り餌の扱いですが、長女はOK。次女はまだまだです。

DSCF6583.JPG

 悠々と水面を泳ぐボラの群れ。他にもサヨリの群れを見ることができました。付近の排水口付近では30cm近いのボラが群れています。

DSCF6581.JPG

 上の写真は、そのボラの群れへ仕掛けを投げ込む長女。「見える魚は釣れない」の教訓通り、魚は仕掛けをスルーしていました。

DSCF6584.JPG

 私はのんびりとハゼ釣りの仕掛けを投入して置き竿にしました。結局釣れたのは上の写真、5匹のハゼ。釣果はそれぞれ、長女はゴンズイ一匹(慌ててリリースしたため写真無し)、次女は四匹、私は一匹でした。

2007年08月12日

南総で過ごす夏休み2007

 ガキんちょ共の世話を密かに当てにしていた両親は海外旅行へ出かけてしまい、今年のお盆休みは祖父母抜きで過ごすことになりました。今回は車が自由に使えるので、久しぶりに私の運転で千葉の両親宅へ行き、夏休みを過ごすことになります。

DSCF6557.JPG

 上の写真は海ほたるに展示してある海底トンネルの掘削カッターです。昼間に見るのは久しぶりでした。直径は14.14mで、その巨大さは手前の小学生二人と比べてみれば実感できると思います。

DSCF6564.JPG

 朝早く東京を出発したので、渋滞に巻き込まれることも無く昼前に外房の目的地へ到着しました。上の写真は滞在先近くにある瀬戸浜海水浴場です。これは日に焼けそうだ...

DSCF6565.JPG DSCF6568.JPG

 フリフリの幼児水着は卒業して、長女と次女はスクール水着姿で磯遊びに余念がありません。二人ともカニは素手で捕まえられます。

DSCF6573.JPG

 太平洋の荒波を堪能した後、晩飯は呑んだくれながら外でバーベキューをすることにしました。上の写真は7年ぶりに発掘されたバーベキューコンロです。何だかんだ言って、使い慣れた道具が一番でした。

2007年07月29日

散財@土用の丑の日前日

 明日は土用の丑の日。出張や単身生活との引き換えと言いますか、なし崩し的にカミさんに鰻丼をご馳走することになりました。行ったお店は池袋のサンシャイン通り近くにある「木曽路」。昼はランチもやっています。

DSCF6435.JPG

 カミさんが注文したのは上の写真「特上鰻重」。さすが全く遠慮がありません。

DSCF6438.JPG

 とは言うものの、私も食事時間を使ってW-ZERO3[es] Advancedに機種変更をしました。思えば2006年3月にClieから乗り換えましたが、悩ましさを認識しつつ使いこなしていたと思います。これもココロのスキマを埋めるため。「ドーン!!!!

2007年07月01日

呑んだくれて始まる7月@お台場ビーチ

 7月に入り気温も上がり、ガキんちょ共のカキ氷要求指数が上昇してきました。私もたまには海でも見ながらビールでも飲んでゆっくり過ごしたい。そこで、久しぶりにお台場へ行くことにしました。前回お台場へ行ったのは、もう一年近く前のことです。

DSCF6198.JPG

 池袋から臨海線で揺られること約30分。久しぶりにお台場ビーチにやってきました。とりあえずは、ビールをカミさんと飲み始めます。カキ氷は解けてしまうので、一つを三姉妹で分けてもらいました。私は朝は遅く起きたので、ビールとおつまみで朝食兼昼食ということに。

DSCF6201.JPG

 早速海に入る三姉妹。全員分の着替え準備は万全です。

DSCF6203.JPG

 次女は意外と大胆でした。カニを求めて突堤下にある岩場の石をひっくり返しています。将来彼氏が付いて来られるか心配です。(笑)

DSCF6204.JPG

 岩場の先端で次女の写真をパチリ。岩場の隙間にはカニが結構いて、大きなピンセットを使うと比較的簡単に捕まえられます。また、お台場では水質浄化のためアサリを放流しており、砂場を掘ると結構採れました。さすがに水はあまり綺麗では無いので、食べるのはちょっと... です。

DSCF6206.JPG

 海の生き物観察も無事に終わり、ビールは二杯目以降に突入です。ガキんちょ共には、ポップチキンが大人気でした。かなーり不健康に過ごす週末です。

DSCF6244.JPG

 ビーチハウス横のデッキでは大道芸をやっていました。パフォーマーはヘブンアーティスト(東京都公認の大道芸人)のSOBUKIさん。三女は火を使ったパフォーマンスにビクビクしていました。(笑)

DSCF6253.JPG DSCF6254.JPG

 散々日差しを浴びて疲れたので、早めの晩飯はデックス東京ビーチの「築地玉寿司」にて。上の写真は「おすすめにぎり」です。その後酔っ払った勢いで子供とプリクラ撮影して帰ってきました。(^^;

2007年06月29日

自家焙煎珈琲・凡

 退職の報告に新宿で一杯飲んだくれてきました。二次会はアルタ前から少し歩いた場所にある「自家焙煎珈琲・凡」。このお店に入ったのは本当に久しぶりです。

DSCF6183.JPG

 上の写真はブレンドコーヒー。昔と変わらず、いい香り。

DSCF6187.JPG

 キャッシャーは相変わらずMacintosh Color Classic。今でも見ることのできる前世紀のMacです。

2007年06月09日

椿山荘で呑んだくれる夜・ホタル編

 一年越しの念願かなって、椿山荘の恒例イベント「ホタルの夕べ・バイキング」へ行ってきました。予約をしたのは椿山荘のホームページが更新されて間もない4/20。今では平日も含め、ほとんどの日が予約で埋まっています。

DSCF6107.JPG

 タクシーに乗ること15分、椿山荘の会場に到着しました。まずはローストビーフをお皿に盛り、ビールでカミさんと乾杯。そろそろガキんちょ共もバイキング慣れしてきたのか、会場内に早々と散って行きました。

DSCF6109.JPG

 飲み食いすること二時間。腹いっぱいで動けなくなる前にと、8時過ぎに庭園へ出ることに。小雨の振る、生憎の天気です。

DSCF6119.JPG

 庭園の中ほどに見晴台があり、そこから弁慶橋や古香井(ここせい)付近を飛ぶホタルを見ることができます。実は私は生まれてこの方、屋外で飛ぶホタルを見たことがありませんでした。幻想的な光、そんな言葉は何度も聞きましたが、明滅しながら飛翔する緑の蛍光は、その表現だけでは言い表せない感情を抱かせます。日本全国で盛んにホタルの保護活動が行われていますが、それに携わる人の気持ちが理解できるような気がしました。

Roomba, Gurunpa

 私の研究室が移転し、広くなった床を掃除するためカミさんがiRobot社ルンバ(Roomba)を買いました。最初は全く片づけをしていない部屋で動作させてみましたが、充電用ホームベースから発進して三秒後にヨーヨーの紐が絡まり緊急停止。久しぶりに三分間息が止まるほど笑ってしまいました。

DSCF6106.JPG

 気を取り直して床の上に散らばっている障害物、特にケーブル等を片付けた後ルンバを再出動させました。私は単なるオモチャと思っていたのですが、実際使ってみるとなかなか優秀。普段掃除の行き届かないベッドやソファーの下も薄型ボディで隅々まで綺麗になりました。動きもなかなか人間的で、ガキんちょ共はルンバが上手に掃除できるようにと進路上の障害物を夢中で片付けていました。

 この結果に気を良くしたカミさんは、早速ルンバに「ぐるんぱクン」と名前を付けました。ご存知の方は多いと思いますが、絵本のロングセラー「ぐるんぱのようちえん」が元ネタ。カミさんの話では、毎日出勤前にルンバの出動ボタンを押しているそうです。今日も我が家のルンバは自分探しの旅に出ているのでしょうか。早くもカミさんは日本未発売のScoobaにも注目し始めました。

2007年05月09日

銚子で補給する鉄分・帰路編

 ヤマサしょうゆの工場見学を終え、徒歩で銚子駅へ向かいました。三女は昼寝が足りないのか、既に限界。抱っこモードになってしまったので、早めに電車へ乗り込むことにしました。

DSCF5881.JPG

 上の写真、一番左側が卓上ヤマサしょうゆ。工場見学のお土産です。右の二つは、駅で買った千葉の地酒「通酒」になります。ようやく呑み鉄モードに入れることになりました。(しょうゆは除く)

DSCF5888.JPG

 上の写真は犬吠駅と仲ノ町駅で買い込んだ、銚子電鉄関連のお土産。手前が「ぬれ煎餅はねだし」、奥の左から「ふわふわあげせん塩味」、「ぬれ煎餅・普通味」、「ぬれ煎餅・うすむらさき」、「銚電のいわしの佃煮」。ぬれ煎餅、ガキんちょに狙われているので、すぐに無くなってしまいそうです。オンラインショップの再開が待ち遠しいです。(笑)

DSCF5890.JPG

 晩飯には上の写真、駅弁の「春小町」を買いました。お弁当は三女と分け、車内で買った水割りを呑みながら東京へ無事帰りました。銚子電鉄も無事に一日を終えたようで何よりです。次回はいつ来られるかわかりませんが、上のガキんちょ共を連れて鯨やイルカを見に来たいものです。

銚子で補給する鉄分・しょうゆ工場見学編

 せっかく平日に銚子へ来るのだからと、行きの電車からヤマサしょうゆの工場見学を予約しました。銚子電鉄の時刻表を眺め、予約を入れたのは15時から。仲ノ町駅の車庫を見学した後、徒歩で5分ほどの距離にある工場見学受付へと向かいます。

DSCF5869.JPG

 上の写真は工場の入り口。敷地は東京ドーム四個分の広さだそうです。ここでの生産量は、一日に製品40万リットル分。国内の需要を全てまかなっているとか。

 工場見学は50分間のメニューです。内20分間は、しょうゆに関する映画を見ます。三女は徒歩で疲れたのか、暗くなったとたんに寝てしまいました。その後、見学のため徒歩で工場内をまわります。最初に見せられたのが製品のボトル詰めと梱包。ボトル詰めは毎分300本の能力があるそうで、全て自動化されていました。ボトルに蓋をするまではクリーンルーム中の作業ですが、クラスはそんなに高くないそうです。しょうゆ自体に殺菌能力があるので、極端に高いクリーン度は不要とか。

 次に見学したのは、しょうゆのもろみタンク。室外にも濃厚なしょうゆの香りが漂ってきています。他に原料となる小麦と大豆の貯蔵サイロ等を案内してもらいました。説明を聞いて驚いたのですが、しょうゆの製造は原材料の加工から製品まで約半年かかるそうです。さすがにラインの端から原材料を入れると反対側からしょうゆが出てくることは無いだろうと思っていましたが、そんなに時間をかけて作るものなのかと認識を改めました。

DSCF5871.JPG

 最後に上の写真は記念撮影スペースです。見学後、卓上しょうゆをお土産にもらいました。日本に現存する最古のディーゼル機関車「オットー」も展示してありましたが、うまく撮影できなかったので写真はありません。

銚子で補給する鉄分・仲ノ町駅編

 外川を出て十数分。電車は銚子電鉄の車庫がある仲ノ町駅に到着です。今日は三時からヤマサしょうゆの工場見学を予約しているので、待ち時間に車庫見学をすることにしました。見学者は駅で入場券を購入します。切符のデザインは二種類あり、私は銚子電鉄のマスコット「デキ」の図柄にしました。

DSCF5840.JPG

 仲ノ町駅のホームから、側線に留置している「桃太郎電鉄」の広告ラッピング電車を見ることができます。三女の視線釘付けでした。

DSCF5845.JPG

 踏み切りを渡り車庫に入り、まずはデキの写真をパチリ。しかし間近で見ても小さい車両です。ボギー台車に運転台と動力が付いているようなものでした。

DSCF5855.JPG

 車庫一角のジャンクヤード。交換された踏切の警報機が放置されています。産廃とは言え、このまま捨ててしまうのはもったいない。オークションでも企画したら買い手は集まるんじゃないでしょうか。

DSCF5862.JPG

 再び駅に戻り駅舎内の売店で見かけた「はねだし」のぬれ煎餅。うすむらさきのはねだしは品切れです。会社へのお土産用に一袋買いました。(笑)

銚子で補給する鉄分・外川駅編

 「岬めぐりシャトルバス」で犬吠駅に戻り、ギリギリで下り電車に間に合いました。とりあえず犬吠駅には戻らないので、ぬれ煎餅サービス券を現物と交換し、お土産を買い込みます。

DSCF5818.JPG

 犬吠駅のホームで待っていると下り電車が近付いてきました。雑草の茂る路盤を電車が行く、のどかな風景です。

DSCF5820.JPG

 発車後数分で終点の外川駅に到着。落ち着いて車内釣り広告を眺めると、ずいぶん垢抜けた広告が増えたような。

DSCF5821.JPG

 電車を降り、とりあえず写真をパチリ。写真では見えませんが、電車の背後にはオープンカーの「澪つくし号」が留置されています。

DSCF5824.JPG

 外川駅の様子は前回訪問時と変わりません。澪つくしのロケ記念の看板前に置いてあった、ヒゲタしょうゆのベンチは無くなってしまったようですね。

DSCF5829.JPG

 駅から外川港へ下ってみました。ここから鯨やイルカウォッチングの観光船が出るそうです。観光船の乗船要件に10歳以上という年齢制限があるので、我が家はしばらくお預けです。

DSCF5836.JPG

 昼飯に外川駅近くの「治ろうや」寿司へ入りました。銚子の郷土寿司ネタはキンメとプリンのような食感の伊達巻とか。キンメは炙り寿司で、塩で食べるのがオススメだそうです。サビ抜き一人前を三女と二人で分けましたが、三女は終始上機嫌でした。

DSCF5839.JPG

 昼食後、外川駅に戻り上り電車で銚子方面へ向かいます。

銚子で補給する鉄分・往路編

 先日の千葉旅行で火が付いた三女の「電車に乗りたい熱」解消のため、平日に休みを取って銚子へ出かけることにしました。最後に銚子を訪れたのは2004年12月。二年半ぶりの訪問になります。

DSCF5786.JPG

 とりあえず切符を購入。総武線特急の「しおさい」で一路銚子へ向かいます。房総方面とは違い、発車ホームは総武線地下ホームになるので東京駅での乗り換えは楽チンでした。

DSCF5789.JPG

 電車に乗るなり駅弁を購入。上の写真は「下総上総」弁当です。朝飯用に三女と二人で分けることにしました。まだまだお酒は我慢我慢。(笑)

DSCF5791.JPG

 電車に揺られること約2時間。銚子駅に到着しました。多少アップグレードされているようですが、二年半前に訪問した時と同じ看板のお出迎え。さすがに隙間に突っ込んだビールの空き箱は撤去されています。

DSCF5796.JPG

 銚子電鉄の乗り換えホームから、今回乗車した特急「しおさい」をパチリ。

DSCF5800.JPG

 10分の余裕で銚子電鉄に乗り換えます。TVで経営危機が紹介され週末は山手線並みの混雑と聞いていましたが、平日の日中は座席が埋まる程度でした。電車の中では窓を開け鉄分と同時に酸素を補給します。

DSCF5801.JPG

 今回は乗り降りを繰り返すので一日乗車券の「狐廻手形」を購入。ぬれ煎餅1枚サービス券も付いています。

DSCF5807.JPG

 上の写真は、笠上黒生駅の交換風景。残り少ない非自動閉塞方式になります。この駅では映画か番組の撮影をやっているようでした。TVを見ず、芸能界に疎い私にはサッパリです。

DSCF5812.JPG

 犬吠で電車を降り、「地球の丸く見える丘公園」へ向かうためタクシーを呼びました。が、後で犬吠駅から公園までの区間を含め「岬めぐりシャトルバス」なるものが運行していることに気付きました。完全な下調べ不足です。

 何はともあれ、上の写真は展望館の屋上から犬吠埼灯台を望んだところ。犬吠駅へはシャトルバスで戻りました。

2007年05月04日

寿司食って呑んだくれるGW

 庭仕事も大体終わり、本日の晩飯は総出で近所の「美浜寿し」へ。また、呑んだくれの予感がします。

DSCF5761.JPG

 上の写真は「さんが焼き」。南房総の漁師料理で、叩いた魚におろしショウガとネギを加え焼いたものです。アワビの殻に入れ、焚き火で焼くのが本来の作り方だとか。

DSCF5762.JPG

 上の写真が上寿司一人前。完全に食べ過ぎです。(^^;

2007年05月03日

南総で過ごすGW

 今年のGW後半は家族総出で千葉の両親宅へ出かけることにしました。上のガキんちょ二人は両親と車で移動したので、私とカミさん、そして三女は電車で移動です。今回はGW中ということもあり、臨時電車を当たりつつ外房線経由にすることにしました。

DSCF5741.JPG

 上の写真は外房線特急の「わかしお」。案の定東京発の電車は指定券が売り切れていたので、自由席車両に発車30分前から並ぶことに。何とか席に座ることができました。

DSCF5740.JPG

 今回乗車した外房線特急は安房小湊駅止まりなので、そこから内房線の普通電車に乗り換えます。

DSCF5743.JPG DSCF5737.JPG

 乗り換え時間を利用して早めの昼食を食べました。ホームにある「南総軒」という売店で「あわび散らし弁当」を購入。あまり腹が減っていないので、三女とカミさんに先に食べてもらいましたが、あわびは三女に全部ほとんど食べられてしまいました。私は残った酢めしと具で胃袋を満たすことになります。(いつものこと)

DSCF5744.JPG

 両親宅に無事到着後、ビオトープ池をチェックしました。数日前に来た弟から聞いていたように、繊維状の藻が繁茂して一部が浮き上がっています。この藻はサヤミドロのようで、実はビオトープの生物にとっては酸素供給や隠れ場所として有益だとか。睡蓮の葉が育てば自然に縮小すると思われるので、今回は放置することにしました。

 また、三月に放流したオタマジャクシですが順調に成長しています。一部は後足が生えかけているようですが、サヤミドロに阻まれて掬うことができません。しばらく様子見です。メダカも順調で、サヤミドロにはメダカの卵が付き、孵化した稚魚も確認できました。

DSCF5747.JPG

 晩飯はお約束のバーベキュー。今回は魚介類中心で、マグロのカマ焼きとサザエのつぼ焼きに挑戦です。

2007年04月17日

国会議事堂と東京地方裁判所

 年度末ということもあって有給休暇消化中です。日程的に半端にも火曜をお休みにしましたが、いつまでも起きない私を見て、次女が学校へ行きたくないモードに... カミさんとの壮絶なバトルの結果、結局私が一日次女の面倒を見ることになりました。

 次女は午前中しばらく休んでいると、体調が回復したようです。(結局夜更かしによる寝不足?) 平日に出歩く機会はあまり無いので、以前からガキんちょ共に見せたいと思っていた国会議事堂と東京地方裁判所に出かけることにしました。

DSCF5632.JPG

 国会議事堂前で丸の内線を降り、国会議事堂の見学を参議院の参観受付へ申し込みます。見学はおよそ一時間。場内では撮影不可ですが、参観ロビーでは上の写真のように議席に座った記念撮影が可能でした。

DSCF5634.JPG

 一通り見学を終え、前庭で再び写真をパチリ。

DSCF5639.JPG

 昼食は国会議事堂前の憲政記念館の「霞ガーデン」にて。次女はサンドイッチ、私はランチメニューの「仔牛のカツレツ」を注文しました。場所が場所だけに店内にお客さんは私たちの他、二組ほど。良く言えば穴場なのでしょう。

 昼食を終えた後、徒歩で東京地方裁判所の入っている裁判所合同庁舎へ向かいました。入り口で本日の開廷表を見て、刑事事件の判決と審判を一件ずつ傍聴することに。裁判の内容は詳しく書きませんが、被告が手錠と腰紐で入廷する様子は次女にとって相当なショックだったようです。次女が自分の人生や社会との関わりを、色々と考えるきっかけになるといいのですが...

2007年04月15日

荒川遊園で過ごす日曜

 最後に訪れてから4年半が経ってしまいましたが、久しぶりに「あらかわ遊園」へ行ってきました。都内にお住まいの人はご存知と思いますが、「浅草花やしき」と並ぶまったり系の遊戯施設です。

DSCF5569.JPG

 園内の支払いはチケットからICカードに変更になっていました。これを三女を除く家族全員に与え、勝手に放牧することに。

DSCF5585.JPG

 おなじみ豆汽車も健在です。長女と次女はポニーの乗馬予約に走って行ってしまいました。

DSCF5617.JPG

 日中は気温も少し上がり、お約束のアイスクリーム(子供用)とビール(大人用)を購入。

DSCF5620.JPG

 帰り際、メインゲート入園口付近では大道芸をやっていました。ちょっと見てみると、これが私の好きなネタのオンパレード。「2001年宇宙の旅」、「さよならジュピター」や「サンダーバード」。30代のSF(?)好きを唸らせるパフォーマンスでした。

2007年04月08日

BlogをUpdateしました

 最近エントリー数が増えサイトの再構築等に支障が出るようになったため、データベースをBerkeley DBからSQLiteに変更しました。また、Movable Typeも3.34にUpgradeしたので、しばらく不具合が無いか様子見です。とりあえずサイトの再構築は問題が無く、処理速度もかなり改善されました。何はともあれ、トラックバックやコメント等で不具合がありましたらお知らせ下さい。

2007年04月07日

トンボ池の護岸工事完了

 長らく水を抜いていた池袋の森、トンボ池ですが、本日護岸工事が完了しました。コンクリートの養生に一週間、その後注水し三週間のあく抜きが必要との事です。その後再度水を入れ替え生体が投入可能になるとか。

DSCF5525.JPG

 護岸は上の写真のようにコンクリートで固められました。池の底をどうするか、今後議論することになります。

DSCF5524.JPG

 ついでに車椅子が通りやすいように、橋にはスロープが付けられました。

DSCF5526.JPG

 上の写真は、芝生の上の機材一式。
 どうもお疲れ様でした。>工事の方々

2007年04月01日

南総一泊旅行・散歩編

DSCF5483.JPG

 早朝、意気揚々と網を持って漁港へ向かう長女。ちなみに釣果はゼロでした。

DSCF5489.JPG

 近くの空き地にはツクシが大量に生えています。ハカマ取りが面倒なので、手を付けずに放置。(笑)

DSCF5492.JPG

 次女は庭で採れた花を器に生けていました。さすが女の子。

2007年03月31日

南総一泊旅行・往路編

 ガキんちょ共が春休みの週末、カミさんも含め家族は全員昨晩移動で千葉の両親宅へ行ってしまいました。私は会社の飲み会で遅くなったので一日遅れで後を追うことに。

DSCF5433.JPG DSCF5435.JPG

 ちなみに同行するのは母親。夜が遅かったので直通電車は無く、君津から鈍行に乗ることになりました。上の写真は東京駅で買った駅弁と飲み物。ほぼ一年前のエントリーでも同じ駅弁を買っています。内容は微妙に変わっているようですが...

トンボ池水抜き作業

 昨年十一月の第一回かいぼり作業以来水を抜いていたトンボ池ですが、ようやく来週から護岸工事が始まることになりました。ここ数週間の間、捕獲されたアメリカザリガニの数は0。ようやく注水の日が見えてきました。

DSCF5428.JPG

 上の写真は工事に先駆け、ここ数日間に溜まった雨水をポンプで排水したところ。池に残った卵塊から孵ったオタマジャクシは、ひきがえるさんにお願いして回収して頂きました。

DSCF5432.JPG

 それはそうと、ログハウス横に設置していた水槽はここ数日の暖気で水が完全に腐敗してしまいました。回収した卵塊も壊滅状態になってしまったので、中の水を捨ててリセットしました。池に溜まった雨水から回収したオタマジャクシを入れましたが、やはり水量に比べ卵塊が多過ぎたようです。池に水が無かったとは言え、残念な結果になってしまいました。

2007年03月10日

椿山荘で呑んだくれる2007年・春

 色々な事が一区切り付きそうな目処が立ったため、春の家族イベントとして椿山荘の「夜桜バイキング」を予約しました。ここは私や弟の結婚式、そしてカミさんのご機嫌取りにと利用させてもらっています。

 今回は料理の写真はありませんが、カミさんの文句が無かったので料理は問題無しと思われます。最近メタボリックな体形を強く自覚しているため、今日のところは食べ過ぎ、飲み過ぎに気を付けながら他の来場者よりも早く会場を後にしました。

DSCF5219.JPG

 しばらく腹ごなしの散歩ということで、夜の庭園を一回り。ライトアップされている三重塔は見事です。人も少なく、普段と違った景色を眺めるには最適でした。

DSCF5222.JPG

 三重塔を過ぎたところには、既に桜が咲いていました。庭園案内によると、しだれ桜のようです。今年は東京に雪が降らず、本格的な冬が無いまま春になったことを実感しました。次は何とかホタルを見に来なくては...

2007年03月02日

岡山お泊り出張・復路編

 出張二日目も無事に仕事を終え、同じルートを逆に辿り東京へ戻ります。金曜日なのでJALもANAも混雑が激しく、荷物チェックに時間がかかり出発が30分程遅れが出てしまいました。

DSCF5198.JPG

 そうそう、到着時には気が付きませんでしたが、岡山空港にはクロスウィングという航空ファンのための専門店が店を出しています。こういう専門店もあるんだなと感心しました。

2007年03月01日

岡山お泊り出張・往路編

 複雑な社内事情を反映して、岡山の部品メーカさんを訪問しました。久しぶりの国内お泊り出張。羽田を8時前に出発する便に乗るため、5時起床でした。

DSCF5177.JPG

 今回の飛行機はエアバスA321。ANAのマイレッジカードも準備しました。

DSCF5181.JPG

 上の写真は赤石山脈? 機内誌で航路を確認すると航路は富士山の北側を通過します。てっきり富士山の南側を通過すると思って座席を予約しましたが、完全にリサーチ不足でした。(^^;

DSCF5189.JPG

 とりあえず昼間の仕事を終え、晩飯は岡山市内の和食屋「杯花羅亭」へ。こちらのすき焼きには、ゴボウが入ります。牛肉は県内の契約農場から仕入れているとのことでした。

DSCF5190.JPG

 すき焼きを食べ終わる頃には、完全に呑み過ぎモード。追加の料理にはさっぱりしたものは無いかとメニューを探し、岡山県の家庭料理「焼ままかりの酢漬け」を注文しました。この魚、東京ではサッパと呼ばれ防波堤釣りの外道ですが、岡山では家庭料理に欠かせない魚だとか。私は骨が硬くて料理に難儀するだけの魚と思っていましたが、こうやってお酢に漬けると香ばしくて骨も柔らかくなり意外と旨いということがわかりました。

2007年02月28日

呑んだくれる水曜@綱島

 明日早朝発で岡山出張ですが、三月末日付けで退職する同僚の内輪(セルフ?)送別会に参加しました。予約等は退職者本人。(笑) 会場は「釣船茶屋ざうお」という居酒屋です。

DSCF5162.JPG DSCF5166.JPG

 会場の綱島店は駅から離れているので、送迎バスで移動。店内にはイケスがあり、餌釣りや引っ掛け釣りが楽しめます。そう言えば去年は釣りに行けなかったなぁ... ちなみに釣った魚は半額になるキャンペーン中でした。

DSCF5163.JPG

 見える魚は連れないものだと思っていましたが、意外と簡単。上の写真は、まさにエビで鯛を釣ったところです。

DSCF5168.JPG DSCF5171.JPG

 野郎十数名で相当数の魚を釣り上げ、全ておいしく食べさせて頂きました。

2007年02月25日

板橋区へ出かけてみる・熱帯環境植物館編

 複雑な家庭内事情を反映して、日曜日の午前中から「板橋区立熱帯環境植物館」へ出かけけることになりました。お目当ては以下の写真、ヒスイカズラです。

DSCF5140.JPG

 花の場所は温室の橋を渡ったところにあるアーチ。頭上から数本の花の束が垂れ下がっていました。

DSCF5148.JPG

 さすが熱帯というだけあって、東南アジアの物産品が売店に置いてあります。スパイスを含む調味料は、かなり気になる存在。

DSCF5150.JPG

 別に狙っていたわけではありませんが、企画展の一環で「マレー料理試食会・販売」が行われていました。先着100名に整理券を配り、代表的なマレー料理を試食してもらおうという企画です。

DSCF5154.JPG DSCF5155.JPG

 会場で配っていたパンフレットを見ると、協賛は「マレーチャン」のようです。長女の通っていた塾の通り道にあったお店なので気になる存在でしたが、まさか板橋まで進出しているとは...

 料理は右上の写真、左側から ナシゴレン(マレーの焼き飯)、右側はカリーパフ、そしてマレー焼き鳥になります。私は子供が残した分まで含めて平らげましたが、神経質な次女は慣れないスパイスに気を悪くしたのか、ちょっと手を付けただけで以後不機嫌でした。


2007年02月10日

南総の春・呑んだくれ編

SL見物の後、近所のスーパーで食料の買出しを済ませました。両親宅に戻ると庭では次女が白いボウルに水を入れ、庭で摘んだ花を綺麗に浮かべています。さすが女の子。

DSCF5025.JPG

 野郎はというと、いきなり庭でバーベキューの準備を開始。ガキんちょ共の空腹が限界に達しそうなので、まずは焼きそばを6玉料理しました。別のグリルではマグロのカマを焼きます。呑んだくれながら料理するのですが、夕方5時前には寒くて部屋の中へ入ってしまいました。

DSCF5027.JPG

 そう言えば近所のセブンイレブンで発見したのが、以下のおつまみケース。最初、こんな味のガムがあるのかと期待してしまいましたが、中身は単なるスルメや貝ひもです。ちょっとがっかり。(笑)

DSCF5029.JPG

 その他に色々とつまみつつ、呑んだくれつつ、南総の夜は更けていきました。

南総の春・鉄分補給編

 JRが千葉県と連携して行っている「ちばデスティネーションキャンペーン」の一環で、南房総にSLが走ることになりました。私は時々、SLの引く車両に乗りながら呑んだくれるという「呑み鉄」最高の贅沢を実践していますが、今回は撮り鉄歴数十年を誇る弟の案内で、走行する列車の撮影に挑戦してみました。

IMG_3276s.JPG

 上の写真は弟撮影の写真。SL撮影のお約束、主連接棒がちゃんと下がっています。撮影場所は館山駅付近の踏み切り。先日新聞で報道されたように、久しぶりの首都圏近郊でのSL運転ということもあって、沿線ではマナーの悪い撮影者が多く出没しているようです。JRは警備を強化したらしく、私が撮影した踏切では列車通過15分ほど前から線路敷地内に陣取っている人を注意して回っていました。

 私はコンパクトデジカメで一眼レフと張り合う気は全く無いので、FinePix F10で動画撮影に挑戦してみました。上のリンクは私が撮影した動画をiMovieで編集し、Youtubeに登録したものです。うーむ、実は鉄道写真の撮影というのもなかなか面白いですね。デジカメのマイクにしては、結構音も良く拾えています。

南総の春

 深夜に現地到着し、一夜が明けました。庭に出てみると、紅梅や白梅は満開を過ぎ、既に散り始めています。近くの木立ではホトトギスも鳴いているし、隣の空き地にはツクシも沢山生えていました。暖冬の南総は春間近と言ったところでしょうか。

DSCF4971.JPG DSCF4972.JPG

 散歩がてら近くの漁港へ行ってみると、漁船を引き上げるスロープにアジサシの幼鳥と思われる集団が群れています。

DSCF4981.JPG

 そっと近付いたつもりでしたが、あっという間に離れ堤防に飛び去ってしまいました。やっぱり300mm望遠が欲しいなぁ...

DSCF5002.JPG

 帰り道、近くのお寺では桜らしい花も咲いています。二月上旬に咲く桜というと河津桜が有名ですが、この花がそうなのでしょうか。

DSCF5013.JPG

2007年02月09日

Drive down to Chiba 2007

 三連休は金曜日の深夜移動で両親の家がある千葉方面へ出かけることになりました。久しぶりにカミさんとガキんちょ共だけを乗せた深夜ドライブです。

DSCF4970.JPG

 上の写真は経由地の海ほたる。ここで弟新婚夫婦と合流しました。

2007年02月03日

夜中のスイーツ

DSCF4946.JPG

 本日は「池袋の森を考える会」の新年会が行われました。公園近くの飲み屋さんで呑んだくれた後、明らかに場違いな集団がカフェへ突入。私は上に掲載したケーキを注文しました。

2007年01月27日

飲んだくれる一月の週末@隋園別館

 久しぶりに怪しげご一家と新宿御苑近くにある隋園別館で飲んだくれてきました。子供たちも大きくなり、かなり厳しい生存競争の実態が明らかに。

DSCF4898.JPG

 とりあえず前菜盛り合わせ。ちょっとメニューが変更されています。(笑)

DSCF4899.JPG

 何の気の迷いか、カミさんは胡麻団子を注文。直径約5cm。これはちょっとアメリカサイズよりも大きめですよ。中のアンコも、ちゃんと充填されています。(笑)

DSCF4901.JPG

 定番の水餃子。子供たちがあっと言う間に食べつくしてしまったので、最後に再注文となりました。

DSCF4904.JPG

 途中に酸菜鍋を追加注文。このタレがまた濃厚で美味なんですよ。

DSCF4905.JPG

 さらに追加注文で北京ダック三点セット。写真は皮のメニューで、他にスープともやしの炒め物が出てきました。最後にカミさん連中は呑み助三人組に付いて行けなくて先に帰ってしまい、モロに家庭内事情が表面化した飲み会でした。(笑)

2007年01月20日

おでん缶 池袋に現る

 秋葉原では有名な「おでん缶」ですが、池袋の森近くの平和通りに設置してある自動販売機で取り扱いがありました。残念ながらチチブ電気前で取り扱っている天狗缶詰のものではありません。ここで取り扱いの「銚子風おでん缶」は信田缶詰製になりますが、実はサバカレーの開発元でもあるんですね。Webをチェックするまでは全く知りませんでした。

DSCF4860.JPG

 場所はここらへん。池袋の森、平和通り側の入り口を、川越街道方面に歩いたところにある酒屋さんの店頭です。

2007年01月13日

餅つく土曜

 次女の通う小学校で、保護者参加の正月遊び(餅つきと鍋)行事がありました。保護者は朝8時集合。次女は昨晩のプールで寝起きの機嫌が悪く、少し遅れての参加となりました。

DSCF4837.JPG

 当日は蒸篭の当番が担当。少子化とは裏腹に保護者の人手は十分。寒い中、ぬくぬくと火に当たらせてもらっています。

DSCF4835.JPG

 早速出来上がったお餅が届けられました。お萩に海苔、そしてきな粉です。これだけで腹いっぱいです。

DSCF4838.JPG

 また、別の場所では鍋が出来上がっています。よく見ると、色々と混沌とした具が投入されているような...

DSCF4840.JPG

 最後は私もメタボリック撲滅の一環で餅つきに参加。参加者一同不慣れなせいか、臼や杵の破片入り木の香り漂うお餅になってしまったものもあります。何はともあれ保護者の方々お疲れ様でした。右腕が完全に筋肉痛です!! (笑)

2007年01月07日

呑んだくれる夜@池袋

 軽く新年会でもと、こちらのBlog管理人の方とサシで呑みに行きました。が、案の定夕方16時(池袋の森公園閉園時間)から23時過ぎまで激しく呑んだくれてしまうことに...

DSCF4834.JPG

 お店は公園の近所にある「東京一本店」。アットホームな店内とメニューです。ここは昼間から開店していて、定食メニューもあります。お値段も手頃だし、オススメの一軒。

2007年01月03日

初詣@秋葉原

DSCF4820.JPG

 毎年恒例、今年もIT業界の発展(+自分の趣味の充実)を祈願して神田明神へお参りに行ってきました。今年は去年のように雨が降ることも無く結構な人出です。去年の熊手を返納して、「商売繁昌御神札」を買ってきました。

DSCF4825.JPG DSCF4827.JPG

 箱根駅伝を見終えたカミさんと湯島聖堂で待ち合わせ、ついでに長女と三女の合格祈願絵馬を奉納しました。ふー、正月疲れが取れません!

2007年01月02日

初夢2007

 最初の風景は自宅近くの裏道。なぜか私は自衛隊の基地公開イベントに徒歩で行こうとしています。気が付くと正面には小高い山があり、石の階段の先にエレベータが。そのエレベータに乗り、降りたフロアを少し歩くとコンクリートむき出しの見晴らし台のような場所に出ました。
 その自衛隊の基地は眼下に見える斜坑が入り口。地上にはケーブルカーの駅のような建物が見え、左右を見ると同じような見晴らし台に人が鈴なりに。こんなに沢山人が乗って大丈夫なのかと思うと、足元ががくんと揺れ斜坑を物凄い勢いで下っていきます。同時に「これはVRによる基地見学です」とアナウンスが聞こえました。これなら機密も守れるし、なるほどなと納得。
 次のシーンでは地下の基地で磁気浮上の乗り物を見学しています。タイルの床の上には厚く氷が張っていました。私が床の温度を尋ねると「-30℃です」との答えが。「制御されていないとランダムに動くんですよ、ほら」と、制服を着た人がその乗り物を手で押してみせる。
 また風景が変わり、気が付くと螺旋階段のある某女子高の中。(パンフレットでしか見たことが無い) 「これから基地周辺をご案内します」とアナウンスが聞こえました。次は私の母校の中学。去年の四月に退官した恩師の姿が見え、私はいつ撮影された映像なんだろうと首をかしげます。後で先生に尋ねてみようと、とりあえずデジカメで写真を撮影。完全に空中視点でした。
 最後のシーンは再び基地の中。古めかしい文字で「娯楽施設」と書いてある扉の向こうはお化け屋敷の入り口でした。何でこんなものが自衛隊の基地にあるんだろうと不思議に思うと、制服を着た人が「凄く怖いですよ。本当に入りますか?」と尋ねます。VRのお化け屋敷って怖そうだなと思いながら「よし、見せてもらいましょうか」と呟きながら扉を開けると、そこで目が覚めました。
----------------------------------
 縁起が良いと言われる「一富士、二鷹、三茄子」とは全く無縁の初夢でした。どちらかと言うと、つげ義春ねこじるの作品に見られるような、解釈を考えると不安になる漠然とした内容でしょうか。
 夢は脳が思考や記憶を整理する際に発生するという説もありますが、私は将来の出来事を予知/予感する現象だと思いたいです。夢の中に現れたお化け屋敷の扉の向こうには覚醒後の現実があったというのは、ちょっと笑えない結末でした。

2007年01月01日

謹賀新年

DSCF4804.JPG

 親戚への新年の挨拶を済ませた後、初詣は夕方にご近所の大塚天祖神社へ行ってきました。今年は色々とくじ運に頼ることになる一年です。おみくじは一応大吉。「少しでも我儘の気を起こして色や酒に溺れるな」だそうです。(^^;

2006年12月30日

長瀞一泊旅行・復路編

 飽食の一夜が過ぎ、翌朝は6時前に目が覚めました。早速入浴の後、浴場近くの休憩室に設置してあるマッサージ機をいじってしばらく過ごします。最近では自宅にもマッサージ機を置く家庭が増えているとか。ガキんちょ三人が家を出たら考えてしまおうかな...

DSCF4758.JPG

 昨晩は就寝が早かったのか、全員7時過ぎには起き出してきました。昨晩朝食は8時半と宿にお願いしていましたが、7時半に変更してもらいました。朝食は麦飯に味噌汁、すくい豆腐をメインに小皿が多数。これが夕食でもいいぐらいかな。

DSCF4767.JPG

 朝食後チェックアウトまでの時間を川原で散策し、10時前の普通電車で往路と同じルートを帰ります。

DSCF4768.JPG

 上の写真は荒川橋梁から下流側を撮影したところ。夏にまた来たいなぁ... 移動時間が短いだけに、かなり楽ちんな旅行でした。帰ったら大掃除しなくては...

2006年12月29日

長瀞一泊旅行・宿泊編

 今回の宿は「長生館」。3時ちょうどにチェックインを済ませ、夕食までの時間を入浴と昼寝(笑)で過ごします。久しぶりの食っちゃ寝ペース。

 そうこうしている間に、あっという間に夕食の時間になりました。今回は別棟の囲炉里庵「花水木」での夕食になります。

DSCF4738.JPG

 上の写真は子供メニュー。今回は長女と次女の分だけ。三女の食事は、大人と子供のメニューから取り分けることにしました。しかし毎回思うのですが、子供メニューってどの宿でも必ずと言っていいほどエビフライ、ハンバーグ、から揚げ、ポテトフライが入っています。うちでは親が無精者なので、晩飯は大体ご飯と味噌汁に納豆をメインに、おかずは適当に追加。案の定、ガキんちょ共は揚げ物メニューを半分以上残してしまいました。

 他の家の事情は知りませんが、他の家のお子さんって今回の子供メニューに入っているような油っこい食事ばかり食べているのでしょうか。食育も観光業界に必要なんではないかと感じました。

DSCF4736.JPG

 子供メニューの話はさて置き、上のしゃしんからが大人メニューになります。食前酒のかりん酒、くるみ豆腐、鮪の煮物、鯉黒酢煮が並んでいました。お刺身は沖ますと山ふぐ。量は少なくないですが、かなり健康志向です。

DSCF4744.JPG

 上の写真は薬膳スープになります。呑んだくれの肝臓に、少しのヒーリング効果。

DSCF4746.JPG

 一足先に、ぼたん鍋にて来年の干支「亥」を賞味。

DSCF4749.JPG

 岩魚の塩焼きです。私もカミさんも魚料理好きなので、このメニューはなかなか良かったです。

DSCF4755.JPG 

 上の写真のように囲炉裏の炭火で焼いたものです。

DSCF4750.JPG

 続いて上の写真のような生麩と茄子の揚げ出しと、うどん、ご飯と味噌汁が最後に出てきました。

DSCF4751.JPG

 最後にイチゴとワインゼリーのデザートが出て終了です。まさに飽食。

長瀞一泊旅行・岩畳編

 カキ氷を食べ、宿に荷物を預けた後、宿から荒川の川原へ出てみることにしました。宿のすぐ近くにはライン下りの発着点がありますが、既に年内の営業は終了しており、周囲は閑散としています。

DSCF4720.JPG

 上の写真は川原から撮影した下流側の様子。ライン下りの舟が係留されています。川鵜の姿は見えましたが、岩畳を散策する観光客はまばらです。宿は空き室も無い状態なのに、皆さん部屋に引きこもっているんでしょうか。

DSCF4723.JPG

 上の写真、対岸に見えるのは「秩父赤壁」。三国志「赤壁の戦い」の赤壁を髣髴とさせることから、こう名づけられたとか。さすがに本場中国の赤壁のように文字は書いてありません。

DSCF4730.JPG

 上の写真は岩畳の探検を終え、みやげ物やが並ぶ通りへの階段を疾走する三姉妹。

長瀞一泊旅行・真冬のカキ氷編

 長瀞駅に到着したのは12時半。チェックインまでは、まだ二時間半もあります。こうなることは事前にわかっていたので、弟オススメの「阿佐美冷蔵」にカキ氷を食べに行くことにしました。ここは日本では数件しかない天然氷の蔵元で、真冬に屋外プールで凍らせた天然水を夏まで氷室で貯蔵し出荷しているそうです。

 「阿佐美冷蔵」は本店が国道140号線沿いですが、電話で確認すると冬場は氷の切り出し作業のためお休みとのこと。宝登山神社へ続く山道には支店があり、そちらを紹介されました。

DSCF4716.JPG

 長瀞駅から、歩くこと数分。目立つ氷旗が冬の寒空にはためいていました。

DSCF4708.JPG

 さすががに夏場は行列ができるというお店も、この時期は閑散としています。真冬でもカキ氷が食べられるということもあって、ガキんちょ共は狂喜乱舞でした。

DSCF4710.JPG

 上の写真は「こだわりメロン」。さすがに一人で食べたらお腹を壊しそうなので、三姉妹で分けることになりました。別に練乳ミルクが付きます。

DSCF4712.JPG

 私が注文したのは「薬草茶お茶請け付き」。今日のお茶は「びわ茶」でした。効能は高血圧や尿酸値の改善とか。(今の私にぴったりじゃないですか...) お茶はオタフクの湯のみ(ちと不気味)に入り、お茶請けは埼玉の名産品、梅干でした。

DSCF4713.JPG

 カミさんが注文したのは上の写真「黒蜜あずきプリン」と「有機栽培コーヒー」です。この人は私と違って極めてマイペースな常識人だということを再認識しました。

長瀞一泊旅行・往路編

 カミさんのイライラゲージが臨界点に近付き、ニコニコ/プンプン比率が悪化しているのを横目に、夏冬の恒例行事、家族旅行を計画しました。今回は日帰りで何度か通過している秩父鉄道沿線の景勝地、長瀞が宿泊先になります。目的地が隣県と比較的近く、宿は一ヶ月前に押さえたので比較的無理の無い旅行となりました。

DSCF4672.JPG

 出発当日8:30起床。余裕で10:30の特急ちちぶ11号に乗車します。他の鉄道も含め、移動は約2時間。15時のチェックインには早過ぎるので、どこかで時間を潰さないといけません。

DSCF4674.JPG

 とりあえず朝食のサンドイッチ等を食べつつ、レオのミネラルウォータで水分補給。

DSCF4686.JPG

 あっという間に西武秩父駅に到着してしまいました。西武秩父駅近くで昼食後、徒歩で駅前の仲店通りを抜け、秩父鉄道への乗り換え駅になる御花畑駅に向かいます。

DSCF4689.JPG

 詳しく時刻表をチェックしていませんでしたが、待ち時間数分で秩父鉄道の接続電車がホームに到着。

DSCF4694.JPG

 しかし、この路線はSLでしか移動したことがありませんでしたが、電車は速いです。(電車約20分、SL約45分) あっという間に荒川橋梁を通過しました。

DSCF4695.JPG

 何のトラブルも無く、長瀞駅に到着。既にライン下りは年内運行終了。屋形船も先日の増水で運休中とか。

DSCF4699.JPG

 駅前の観光ディスプレイ(LED?)には、早くも来年の観光案内が表示されていました。さすが周囲は閑散としています。

2006年12月24日

Noradサンタ追跡2006

 去年と同じく毎年恒例、Noradのサンタ追跡プログラムが始まりました。

noradsanta2006.png

 ただ今サンタはニュージーランドを通過。日本には何時ごろ立ち寄るのでしょうか。サンタの下請けとしては気になるところです。

2006年12月20日

歯の定期点検

 先月末に奥歯のインプラントを交換したついでに、全ての歯のチェックをすることにしました。以下はその一環で撮影した顎のレントゲン写真です。

DSCF4622.JPG

 写真左側、上の歯の左から二番目が先日治療した第一大臼歯です。白く写っている部分がインプラント。歯医者さんの話では、もうちょっとで神経に達する位置まで虫歯が進行していたとか。危ないところでした。

 下の歯は至って健康でしたが、左右両側に第三大臼歯(親知らず)が横向きに装填されています。上の親知らずは既に抜歯済みですが、下も炎症するようなことがあれば抜歯でしょうと念を押されました。今日のところは歯石の除去と歯の表面のクリーニングをやってもらいましたが、それに伴い日頃のケアについても説明を受けました。その内容は私のような面倒くさがり屋にはちょっと無理じゃないかと感じさせるものですが...

 何はともあれ、歯の痛みは乳歯の虫歯で懲りているので、歯周病予防も兼ねて電動歯ブラシの購入を検討することにしました。どうなることやら... (^^;

2006年12月17日

ジュニア囲碁大会

 昨晩の掻い掘り後に行われた「池袋の森を考える会」忘年会で深酒をした翌朝、カミさんの怒声で目が覚めました。すっかり忘れていましたが、10時から日本棋院で「ジュニア囲碁大会」があるとか。私は参加予定の長女を連れて行く約束をしていました。

DSCF4599.JPG

 それにしても日本棋院へ行くのは2005年の5月に行われた「任天堂こども囲碁大会」以来、一年半ぶりになります。長女は先月の囲碁大会では12級の棋力でしたが、一ヶ月の間にめきめきと実力を付けました。今回は級認定の壁と言われた10級で申請。その棋力で何とか三勝二敗の結果となり、正式に10級認定。そろそろ段位が見えてきた?!

2006年12月10日

銚電のぬれ煎餅を追加調達する

 先日通販で届いた銚子電鉄の商品ですが、でんでん酒は一夜で消失。ぬれ煎餅は10枚入りをガキんちょ供に食い尽くされました。(特に三女は辛いものが好き) そこで近所で銚電のぬれ煎餅を扱っているという、三越地下1Fの菓遊庵に行ってみると、結構潤沢に在庫が...

DSCF4572.JPG

 一袋は弟へのお詫びのしるし。三袋は大人用に買い足しました。まだまだ在庫は沢山残っているようです。

DSCF4569.JPG

 とりあえず並べてみました。結構はまる味なのですが、塩分過多が心配。

Wii買ってみる

 カミさんからゲームキューブ用の「ヒカルの碁」を遊びたいのでWiiを調達せよとの指令が下りました。とりあえず今日の午前中は別段の用事も無いので池袋へ行ってみると、何とビックカメラ本店でで11時頃からWiiを販売しているようです。早速行列に加わりました。

 Wii専用のレジは1Fですが、列の最後尾は6Fの階段上。辺りを見回すと、孫のためと思われるお年を召した方々と、子連れの父母。そして外国語を話す方々が、しきりに携帯で連絡を取り合っているようでした。何だか凄いところに来てしまったなぁ...

DSCF4570.JPG

 待つこと一時間半、ようやく1Fのレジに到着しました。途中連絡を取った弟は、完売に間に合わなかったようです。お詫びに銚電のぬれ煎餅を進呈しました。(笑)

DSCF4577.JPG DSCF4580.JPG

 購入したのは以下。

- Wii本体
- はじめてのWii
- ヌンチャク
- Wii Sports
- The Legend of Zelda:Twilight Princess
- D端子ケーブル

 Wii Sportsを長女と対戦してみましたが、強烈なボディの一撃を食らってあっけなくリングに沈んでしまいました。子供の適応力恐るべしです...

2006年12月08日

家で呑み鉄・銚子編

DSCF4549.JPG

 夜遅く帰宅すると宅急便が届いていました。一見して、その箱は銚子電鉄のもの。11月18日に注文した品物が到着したようです。報道で銚子電鉄への注文殺到は聞いていましたが、意外と早く到着しました。

DSCF4550.JPG DSCF4556.JPG

 開封したのが上にある左側の写真。右は主役の「ぬれ煎餅」です。他に注文したのは「でんでん酒」と「玄米あげもち・しょうゆ味」になります。そう言えば、当Blogの初投稿エントリーは銚子電鉄の写真でした。今晩は二年前に訪れた銚子電鉄の写真でも眺めながら、ぬれ煎餅つまんで、でんでん酒でも呑むことができそうです。

 ちょっと背景を説明しますが、事の発端は新聞等で報じられた銚子電鉄の危機。詳しい経緯は報道こちらを参照して下さい。最新情報はこちらと、こちらのBlog。しかし、注文確認のメールに書いてあった銚子電鉄の通販担当と思われる方の名は、googleに尋ねると現役の鉄道マン。地方鉄道を守ろうという方々の熱意には本当に頭が下がります。メッセージとして伝わるのは、社員の方々の補助や寄付に頼らず本業や副業を頑張って危機を乗り切ろうとする心意気。その努力がいつか報われることを願わずにはいられません。

 以下、今まで掲載する機会の無かった銚子電鉄の写真になります。

DSCF0009.JPG

 JR銚子駅に掲示してある、銚子電鉄ホームへの案内板です。隙間にビールの空き箱が突っ込んであるようです。(2004年12月29日撮影)

DSCF0010.JPG

 車両不明の運転台写真。(2004年12月29日撮影)

DSCF0034.JPG

 外川駅に留置中の「澪つくし号」。貨車を改造したオープン遊覧車です。(2004年12月30日撮影)

DSCF0035.JPG

 銚子電鉄の終点、「外川駅」の駅舎です。レトロな雰囲気。(2004年12月30日撮影)

DSCF0047.JPG

 上の写真、「外川駅」の駅舎内になります。運賃表や他の特別切符の案内が所狭しと掲示してありました。(2004年12月30日撮影)

DSCF0056.JPG

 外川駅に停車中の「デハ801」。ブタ鼻のヘッドライトがお洒落。(2004年12月30日撮影)

DSCF0062.JPG

 その運転台から銚子側を撮影したのが上の写真。苔むした路盤が何ともいい感じ。(2004年12月30日撮影)

IMG_2567.JPG

 犬吠から見える夜明け。(2004年12月30日7時4分撮影)

IMG_2570.JPG

 上の写真は犬吠埼灯台です。体力があれば上まで登ることができます。(2004年12月30日撮影)

2006年12月03日

ララバイSINGER

DSCF4528.JPG

 今更ながら白状しますが中島みゆきのファンです。海外出張や駐在中を除き、今までニューアルバムの発売日を逃したことは無かったのですが、今回は色々と忙殺されていて本日の購入となりました。新作のアルバムとしては2003年11月発売の「恋文」以来、三年ぶりのアルバム「ララバイSINGER」です。

 既にニュースでご存知と思いますが、12/15は「中島みゆきのオールナイトニッポン」が一夜限りで復活。放送予定は2006年12月15日(金)25:00〜27:00です。私はCDを手に取るまで知らなかったのですが、初回製造分のみ番組投稿用葉書が同梱されているとか。締め切りは12/11なので、あまり時間が無いじゃないですか... あくしゅ券は出るのだろうか。エコーだけでもいいけど。

 そうそう、カミさんは同じ店でサイモン・ラトルのホルスト「惑星」を購入していました。帯には「惑星(冥王星付き)」と書いてあります。いくら惑星から外されたとは言え、ちょっと意識し過ぎじゃないかと...

サンシャイン国際水族館のクリスマス

 午前中のタスクを終え、午後は家族総出でサンシャイン国際水族館へ。最近週末は別行動が多かったのですが、久しぶりの団体行動になりました。前回ここを訪れたのは、2005年10月。もう一年以上も経ってしまいました。

DSCF4509.JPG

 サンシャインシティでは既にクリスマスの装いです。入り口にはクリスマスツリーとリースが飾られていました。

DSCF4511.JPG

 水槽の中も例外ではありません。ツリーとスノーマンが沈められています。私は見ませんでしたが、恒例の餌付けショーは「サンタの餌付けショー」となっているそうです。無論サンタさんを餌付けするのではありません。サンタの格好をしたダイバーが魚に餌をあげるそうです。

DSCF4525.JPG

 屋外展示のアシカショーも、トレーナーはサンタの衣装。最初だけでしたが、アシカ連中もトナカイの角を頭に付けていました。トレーナーもアシカも激しく動きにくそうです。(笑)

2006年11月28日

奥歯の修理完了

DSCF4483.JPG

 こんな写真で申し訳ありません。先日取れた歯の詰め物ですが、交換用のインプラントが出来上がってきました。さすが10年間に渡る技術の進歩は素晴らしく、インプラントを入れた治療直後から絶好調です。思わず仕事が終わった後呑みに行き、おつまみをバリバリ食べてきました。少し違和感は残っていますが、全く問題無いレベルです。

2006年11月25日

敏感期

DSCF4465.JPG

 三女にも敏感期が始まったようです。

2006年11月23日

東京都児童館こども囲碁大会

 しばらくの間、囲碁教室に通っていなかった長女ですが、夏休み頃から再び囲碁に熱中するようになりました。囲碁教室もその頃から再開し、今日は久しぶりの囲碁大会参加です。前回参加の大会は任天堂こども囲碁大会。大会への参加は実に一年半ぶりになります。(前回の大負けから立ち直った?)

DSCF4396.JPG

 会場の児童館は渋谷にあります。駅から徒歩で、約10分の距離。

DSCF4397.JPG

 久しぶりの大会参加で神妙な表情の長女。午前中は4回対局し、二勝二敗の結果となりました。

DSCF4404.JPG

 昼食後、午後は有段者による指導碁になります。お相手は向井芳織初段です。指導碁の後も長女は数回対局し、結局今日一日で対局8回。12級の棋力をもって四勝四敗の結果となりました。よく頑張った!

2006年11月19日

歯の詰め物が取れてしまう

 日曜日のおやつの三時、板チョコを食いながらお湯割り(笑)を呑んでいると、突然奥歯に硬いものが当たりました。何だろうと手のひらに出してみると見慣れぬ金属片が... チョコレートを攪拌する機械のブレードが折れて混入していたのだろうか、それとも何か別の部品だろうかと思いました。しかし、よくよく見るとブレードの一部とは思えないし、金属の食品混入でよくある金属バリやネジ/ナットの類でもなさそうです。

DSCF4363.JPG

 数秒悩んだ後、いやな予感と共に虫歯治療で詰め物をした歯を舌で触ってみると... 案の定大穴があいていました。この虫歯を治療したのはもう10年以上前。痛む前のチェックアップで見付かったので、神経はそのまま残っていたはず。冷えたお湯割りで口をゆすいでみても、恐れていた痛みはありません。そもそも歯の詰め物が取れるという意識が無かったので驚きました。いずれにせよ飲み込まなくて良かったです。

 何はともあれ明日にでも歯医者へ行って対処方法を考えることにします。ところで、この詰め物って再利用できるんでしょうか。(^^;

2006年11月17日

攻性防壁補強してみる

 風邪の引き始めから一夜明け、全く症状が改善しないまま会社に行ってきました。午後は寒気もするようになり、悪化の予感がします。珍しいですね〜と言われながら、今日は飲み会をキャンセルして早く帰宅することにしました。

DSCF4358.JPG

 上の写真は帰り道に調達した攻性防壁補強セット。リコリスとジキニンの組み合わせが、経験上一番風邪の症状緩和に効くと思います。ユンケルに手を出したのは、ちょっとしたはずみから。今晩はイソジンの喉フレッシュを枕元に置いて早々に寝ようと思います。わかる人にはわかる攻殻機動隊ネタでした。

2006年11月16日

三島出張

DSCF4349.JPG

 久しぶりの出張で三島へ日帰りで行ってきました。どうも風邪っぽく、喉と頭が痛みます。何とか気合を入れねばと、ホームの売店で買ったのは上の写真「21世紀出陣弁当」。おかずの味付けは、ちょっと濃い味です。おつまみにはぴったり?

2006年10月28日

結婚式・お食事編

 弟が椿山荘で結婚式を挙げるという話を聞き、正直心の中でほくそ笑んでしまいました。実は私の式について、ずっとカミさんに文句を言われ続けていることがあります。

 恥ずかしながら事情を説明しますが、私の式では「あいつの結婚式は料理が不味かった」と言われるのが嫌で、極力セレモニーはお金をかけず、料理に資金を投入する予算バランスにしました。確かに当時はいかにも美味そうな料理が次々と目の前に並べられましたが、お色直し等でロクに料理を口にできなかったカミさんからは結婚式の話題が出る度に文句を言われる日々が続いていました。その文句も、弟のお陰でピリオドを打つことができそうです。

DSCF4243.JPG

 とりあえず会場に置いてあった入刀セレモニー用のケーキ。高さが無いので、どこに置いてあるのかと探し回ってしまいました。

DSCF4255.JPG

 こちらは子供用メニュー。あと、ハンバーグ、フライドチキン、茶碗蒸しが続きます。こんなに食わせてしまったら、もっと運動させないといけません!!

DSCF4256.JPG DSCF4257.JPG DSCF4258.JPG DSCF4260.JPG

 上は大人用メニューになります。散々ビールを飲みすぎて料理が食べ切れません。(笑)

DSCF4261.JPG

 途中、お口直しのシャーベットを食べつつ。

DSCF4262.JPG

 ステーキを食べて、ようやくメインディッシュ終了。

DSCF4287.JPG DSCF4289.JPG DSCF4290.JPG

 最後にデザート(スイーツ?)三連発で披露宴はお開きになりました。(別腹)

 帰宅後カミさんに料理の件は満足だったかと尋ねましたが、「料理はいいけど式はチャペルで挙げたかった」と。そうですねえ、次の結婚式はチャペルにしましょうかねえ。(棒読み)

結婚式・セレモニー編

 とりあえず結婚式の流れをざっと記録します。椿山荘では私も9年前式を挙げましたが、後述する理由で神前の洋装というセレモニーにはお金をかけない予算配分にしていました。弟はよせばいいのに、洋装のチャペルという組み合わせ。私は、じっくり観察してやろうという気持ち満々になってしまいました。

DSCF4235.JPG

 上の写真は椿山荘のチャペル。式の最中写真撮影は不可ですが、私は車椅子の祖母と一足先に会場に到着し、写真を何枚か撮らせてもらいました。

 まあ、式の進行は予想通り。一点驚いたのが「誓いのキス」があるということ。私の式は神前だったので、神棚の前で祝詞を読み上げるだけでした。いやはや、本当に神前にしておいて良かった...

DSCF4254.JPG

 式が終わるとフラワーシャワーを浴びながら中庭に出て行きます。私は祖母を案内して待合室へ向かいましたが、入り口には上のようなウエルカムボードが... 犬のぬいぐるみはいいとして、アニメ絵の新郎新婦が来賓の注目を集めていたようです。あーあ、この二人こんなことやっちゃってと来賓の皆さんは思ったでしょうねえ。(笑)

DSCF4271.JPG

 散々待たされた挙句、披露宴が始まりました。宴会半ばには新郎新婦のキャンドルサービスがありますが、これが私の式で最大だった羞恥の瞬間。私の式場は厨房に近い千鳥の間(今のペガサスの間?)でしたが、これが確か人通りの多いエスカレータの横に入り口が。通り過ぎる人達に、ひそひそと何やら囁かれながら待つキャンドルサービスは二度とやり直したくないイベントです。上の写真は同じ光景の再現写真。人通りが少ない会場で良かったな。>弟

DSCF4292.JPG

 最後に「およめさんのお菓子」を来賓に配ってお開きになりました。(新婦の出身地、徳島の風習だそうです)

続きを読む "結婚式・セレモニー編" »

2006年10月22日

IKEAで収納用品を探す週末

 IKEAとはスウェーデン家具の世界的なチェーン店です。以前SanJoseに住んでいた際、San Jose Mercury Newsに掲載された広告を見たのがきっかけとなって、当時新しくできたIKEA Emeryville店に足しげく通っていました。

RIMG0006.JPG

 上の写真は当時撮影したEmeryville店のキャッシャーを出たところの様子。(2000年12月9日撮影) 倉庫形式とセルフサービスのショッピングが物珍しく、当時からかなり気になる存在でした。

RIMG0033.JPG

 これは2000年当時、落書きブームだった長女に買ったイーゼルとチョークのセット。(2000年11月12日撮影) 今でもIKEAは同じ商品を取り扱っているようですが、取れやすかった赤いノブが削除されているなど、さりげなく改良されています。

 2001年3月に帰国後、懐かしいなと思いながらIKEAのHomepageを眺めていると、2006年に関東出店のアナウンスが出ていました。自宅から比較的近い船橋店は2006年の4月に開店したそうですが、なかなか行く機会がありませんでした。ところが、最近子供関係のガラクタが増えるにつれ収納環境を改善したくなり、ようやく重い腰を上げることになりました。

 何はともあれ昼過ぎの帰還を目標に出かけることにしました。連れ合いは長女。移動は現地の様子がわからなかったので、車ではなく電車です。往路は御茶ノ水から総武線→武蔵野線ルートで南船橋まで。

DSCF4193.JPG

 南船橋駅に到着後、店に徒歩で向かいますが思ったほど遠くありません。ただし建物はひたすら巨大です。どうやっても写真に全体が納まりませんでした。

DSCF4191.JPG

 上の写真は朝飯兼用のホットドッグ。私はラージドッグ、レリッシュとフライドオニオン入り。長女はダブルのケチャップ入りホットドッグです。ドリンクはペプシ(私)とメロンソーダ(長女)。やっぱりアメリカ生活で色水飲むのには抵抗無いのかなぁ... >長女

DSCF4192.JPG

 一通り買い物を終え、昼食を食べることにしました。上の写真はEmeryville店で食べたことのあるミートボールです。スウェーデンの典型的な家庭料理だそうで、スウェーデン国旗の小旗が立っていました。ミートボールにベリーのジャムを少し付けて食べるのがお約束とか。以前Emeryville店で同じメニューを注文したとき、ポテトは確か皮付きレッドポテトでした。さすがに日本では皮も芽も取ってあるようです。

 何とか買い物を終え、収納用品を調達するという目的は達成しましたが、カタログを持ち帰ったことによってカミさんの購入欲が増加してしまいました。次回は車で来ることになりそうですねえ。

2006年10月21日

NHK放送博物館に行ってみる

 NHKの時報時計が最近ブログツールとして復活したので、ここでもトップ画面に表示するようにしてみました。公開元の「NHKオンラインLab-Blog」では、青い背景のノーマル版と、木目調背景版の二種類を準備しています。

 ところでこの時計ですが、私はずっとアニメーションだと思っていました。ところが実際は電子連動式の機械時計とか。今でも「NHK放送博物館」で実物を公開しているようです。これは早速見に行かねば...

DSCF4150.JPG

 何はともあれ本日土曜日、昼過ぎに三女を連れて出かけることにしました。丸の内線と銀座線を乗りついて、虎ノ門駅で降り愛宕山方面へ歩きます。虎ノ門三丁目のバス停がある交差点では、愛宕トンネル方面へ曲がり、トンネル直前にある階段を登っていくことになります。上の写真は階段を登り、山の上から階段道を見下ろしたところ。

DSCF4151.JPG

 階段を上り切るとを登ると、目の前に放送博物館が見えました。閉館しているんじゃないかと不安になるぐらい人影が見当たりません。

DSCF4164.JPG

 そんな不安をよそに、博物館は無事開館中でし。お目当ての時報時計は3Fの「時を伝えた80年」というコーナーに展示してありました。それにしても小さい! 実物は手に乗るぐらいの大きさなんですね。

DSCF4169.JPG

 館内には他に懐かしの展示物が盛りだくさんです。上の写真は「できるかな」の「ゴンタ君」とのっぽさんの装備品。連続テレビ小説の展示では、小学校から帰るといつも見ていた「鳩子の海」を思い出しました。(歳がバレル?) 「みんなのうた」の「山口さんちのツトム君」の放送展示では、私は懐かしく、三女は硬直しながら見入っていました。

DSCF4179.JPG

 一通り展示を見て、愛宕山エレベータにて下山します。

DSCF4185.JPG

 帰りは芝給水場経由で東京タワーにアプローチ。ちょっと展望台までと考えていましたが、あまりの人待ちの列に恐れをなし浜松町経由で帰宅しました。ふー。

2006年10月15日

駅弁ダブルの日

 横川往復の今日は、駅弁をダブルで食べる日となりました。

DSCF4052.JPG

 まず、東京駅で買ったのは「秋野菜弁当」。見た目も綺麗で、食材も健康的です。とりあえずアルコール無しで頂きました。

DSCF4113.JPG

 帰路は新幹線車内のワゴンサービスで買った高崎の「とりめし弁当」です。何と公式ホームページがありました。鳥そぼろが、ちと食べにくかったのですがおつまみ弁当としては合格点です。

DSCF4111.JPG

 いつも出張でお世話になっている「リザーブの水割り」×3本と共に美味しく頂きます。これぞ「乗り鉄」ならぬ「呑み鉄」。こんな私を次女は白い目で見ていました。

鉄子ちゃんへの道

 先週のSL旅行に触発されて、次女の鉄道旅行おねだりが始まりました。私も二週連続はちと疲れるなと思いながら、SLと新幹線に乗りたいという次女の欲求を満たすべく、「碓氷峠鉄道文化むら」へ向かうことにしました。

DSCF4059.JPG DSCF4062.JPG

 新幹線で高崎へ到着後、約30分の待ち時間で信越線に乗り継ぎます。窓の開く車両だったので次女はご機嫌。「鉄子ちゃん」の誕生でしょうか? 

DSCF4068.JPG

 約30分の乗車で目的地に到着。乗りたかったトロッコ列車は既に満席だったので、一時間後の車両を予約し場内を散策します。上の写真は場内を巡る2フィートゲージのSL 「あぷとくん」から撮影した鉄道展示館になります。

DSCF4071.JPG

 場内には懐かしの信越本線特急「あさま」189系車両が展示されていました。今の会社に入社以来、かつては量産工場があった長野へ出張するためよく利用したものです。別の場所には車内に入れる展示車両がありました。シートに座ると、妙に懐かしい気持ちになってしまいます。新幹線ができたのは確かに便利ですが、結局働く時間が増えただけなのかも。(笑)

DSCF4073.JPG

 上の写真は除雪用ディーゼル機関車のDD53です。間近で見るのと凄い迫力。展示車両近くの説明を読むと「大出力ゆえ投雪で民家や電柱などに被害を出し、皮肉にも里雪にはDD14形の方が良いということになり山岳地帯に追いやられることとなった」とか。まさに過ぎたるは及ばざるが如し。

DSCF4075.JPG

 話は戻って上の写真は2フィートゲージのターンテーブルです。直径約5m程度? 人力で転車するようになっていました。

DSCF4080.JPG DSCF4082.JPG

 14時のトロッコ出発を待って場内を散策していると、先ほど乗った「あぷとくん」がやって来ました。油煙の匂いと蒸気の漏れる音に心が痺れます。

DSCF4069.JPG

 上の写真は最初に2フィートゲージ乗車の際に撮影した車内の様子。上の写真のように、とても窮屈ですが木造車両がいい味出しています。

DSCF4083.JPG

 トロッコ列車は出発20分前に改札口に並びました。何とか座席に座りましたが、列車先頭のデッキにはカメラやビデオを構えた人達が鈴なりになっています。

DSCF4085.JPG

 出発後、特急あさまを牽引したEF63に見送られながら急勾配を登ります。車内はめちゃ混みで、朝の山手線で感じるストレスを味わうことになりました。

DSCF4089.JPG

 第一の停車ポイントは「丸山変電所」。日本で最初に電化された横川-軽井沢間に電気を供給するため、明治45年に建設されたものです。信越本線を利用する際、いつも気になっていた廃墟でしたが、2002年頃に改修工事が完了したそうです。現在は国指定重要文化財にとか。

DSCF4101.JPG

 トロッコ列車はあっという間に終点の「とうげのゆ」に到着。ここで遅い昼飯を食べた後、同じルートで帰路につきました。上の写真は、トロッコ連射を牽引していたDB201。名前は「シェルパくん」だそうです。

DSCF4109.JPG

 横川駅からは信越線に飛び乗り、高崎からは新幹線の「Maxたにがわ」で帰ってきました。次女はなぜか二階建て車両の一階席がご希望で指定券まで買ったのですが、目線すれすれにホームが見えるわ、走行中は防音壁で景色が見えないわで、乗車中はずっと眉間に皺を寄せていました。

2006年10月09日

列車で行く秩父路

 三連休の三日目。昨晩秋葉で呑んだくれたのが効いたのか、目が覚めると11時少し前でした。カミさんとガキんちょは私の両親に連れ出されているので、昨日今日とプチ独身気分です。こんな大切な日を無駄には過ごしたくないと、秩父方面を列車でひと回りすることにしました。

DSCF3960.JPG

 早々に出発の準備を整え、飛び乗ったのは11時半池袋発のレッドアロー「ちちぶ」。出発直前なので、特急券の窓口扱いは既に締め切り。乗車券と特急券を自動販売機で購入しなければいけません。78分の乗車時間ですが、駅構内や車内での駅弁販売は無く、缶コーヒーで西武秩父駅までを過ごしました。

 とりあえず本日の目玉は「秩父路のSL パレオエクスプレス」。西武秩父駅到着後、秩父鉄道の接続を調べると、どうも中途半端です。(確か2004/7/31に次女と来たときも同じだったような...) 今回は全線踏破を目指し、タクシーにて三峰口へ移動することにしました。

DSCF3965.JPG

 西武秩父から三峰口までのタクシー代は\3460-。せめて一本早いレッドアローで来るべきでした。三峰口到着後、手早く朝昼兼用の食事をすませ、出発20分前の13:40にSLの出発ホームへ入りました。本当はSLの転回作業を見たかったのですが、今回は時間も無く次回へ持ち越しとすることにしました。

 さすがにSLは家族連れに大人気です。あまりモタモタしていると座席が無くなってしまうの、写真撮影もそこそこに車内へ入りました。

DSCF3966.JPG

 上の写真は乗車券とSL整理券、それに乗車証明書になります。

DSCF3994.JPG

 ぼーっと沿線を眺めていると、あっという間に時間が経ちました。皆野を通過してしばらく行くと荒川橋梁を渡ります。ラフティングをしている人達が手を振っていました。

DSCF3996.JPG

 とりあえず呑み始め。これぞ列車旅行の楽しみです。本当はSL弁当をつまみながらビールでもと思ったのですが、早々に売り切れてしまいました。

DSCF4017.JPG

 夕焼けの熊谷駅に到着。回送までの短い時間もSLの写真を撮影する人が絶えません。

DSCF4028.JPG

 で、熊谷からの移動は新幹線にて。「Maxたにがわ」の二階席を陣取って、水割りを飲みながら帰ってきました。鉄分補給完了ですが、いつまで持つことやら。

2006年09月30日

七宝焼きを作ってみる

 今週土曜日は次女の通う小学校で運動会でしたが、同じ大学の構内にある附属中学で生徒祭があるとのことなので様子を見に行ってきました。構内での撮影はご遠慮くださいとのことなので写真はありませんが、保護者会主催の毎年恒例七宝焼きを作ってみました。うまく作れば、なかなかの出来栄えになります。当日一緒に行った長女は猫のアクセサリーを作っていました。

DSCF3838.JPG

 しかし光陰矢のごとし。理科室には私が部活で作ったゴイサギの紙粘土模型が放置されていました。懐かしい先生方とお話ができて、ちょっとは心が安らいだかな。ふー。

2006年09月28日

MacMiniに散財する

 2001年に帰国してからメインマシンの座を奪われていたMacですが、臨時収入があったのをいい事に最新モデルを買っちまいました。

DSCF3818.JPG

 さすがに大柄なデスクトップは目立ちすぎるので、密かにMacMiniをAppleStoreでクリック。上の写真は本体のパッケージですが、驚くほど小さいです。注文内容は以下。(AppleStoreの購入証明そのまま)

製品番号 製品名 数量
BB575JA/A BNDL WIRELESS KEYBOARD & MOUSE-JPA 1
M9270LL/A APPLE WIRELESS KEYBOARD-USA 1
MA272J/A MIGHTY MOUSE WIRELESS STANDALONE KIT-JPN 1
________________________________________________________
Z0DN MAC MINI 1.83 CTO 1
この製品は以下のシステム構成となります:

Processor 065-6674 1.83GHz Intel Core Duo
Memory 065-6676 1GB 667 DDR2 SDRAM-2x512
Hard Drive 065-6750 120GB Serial ATA drive
Optical Drive 065-6680 SuperDrive 8x
Apple Software Solutions 065-6200 None
MAC OS LANGUAGE J065-6752 Mac OS X-JPN
Country Kit J065-6682 Country Kit-JPN
________________________________________________________

 注文は9/22で、注文画面のままの仕様だと24H以内の発送でしたが、HDDとMemoryを変更したので到着は9/28でした。ぽちぽちとカミさんのPowerBookG4に間借りしていたデータを移行していますが、早速HDDの遅さが気になります。しばらく気にしないで使うつもりですが、そのうちSATAのケーブルを引き出して3.5inch 7200rpmのHDDを増設してしまうかも。

 そうそう、付属ソフトですが、まだロクすっぽ使っていません。SafariはGoogleのパーソナライズドページに表示されるGMAILが文字化けしてしまうので、FireFoxをインストールしました。まだまだ楽しめそう...

2006年09月10日

ローカル食を試してみる・番外編

最初に到着したシュノーケリングポイントで昼食を食べることになりました。時刻はお昼を少し回ったところ。久しぶりに泳いで、かなりの腹ペコ状態です。

DSCF3677.JPG

 まず、浜辺にあるテーブルの上に並べられたのはバナナ。まだまだ序の口。ビールを飲みながらお弁当を配ります。

DSCF3678.JPG

 お弁当と言われた包み(タガログ語の新聞で包んである)を開けると、バナナの葉で包んだお弁当が顔を出しました。ちょっとドキドキしてきたかな。(^^;

DSCF3685.JPG

 で、バナナの皮を開けて出てきたのがこちらのお弁当。左側は焼いた皮付き豚肉(毛は取ってありました)と、写真上側は焼き鳥。右側に見える紫色の物体は塩水に漬けたと思われる卵。殻だけ着色してありましたが、かなり塩辛く半分しか食べることができませんでした。右下はトマトです。これら四種類のおかずがご飯に埋め込まれています。

 結局卵半分を除いて、お弁当は完食。異文化体験ができたのは思わぬ収穫でした。一回はいいけど、続くと結構辛いかも。(笑)

夏を取り戻せ!

 私事で恐縮ですが、今年の夏はどこにも行けませんでした。海水浴に行くでもなく、登山に行くでもなくダラダラしている内に8月が終わってしまいました。そのリカバリーという訳でもありませんが、折角南国に来ているのだし、ダイビングで有名(?)なAnilaoへ行ってみることにしました。

DSCF3660.JPG

 到着したのはPacifico Azul Resortです。ここは日本人経営のダイバー向けコテージで、お客さんはほとんど日本人のようでした。到着後、カフェに入ると長淵剛やオフコースがかかっています。上の写真は、そこに掲載されていたダイビングスポットのマップ。

DSCF3664.JPG

 朝食後、とりあえず出航。

DSCF3671.JPG

 上の写真は、最初のシュノーケリングスポットへ向かうところです。ここは無人島で静かなビーチなのですが、かなり珊瑚が死んでいて残念な光景でした。買おうか迷った水中ハウジングは結局買わずじまい。海中で熱帯魚と戯れて、ちょっと水中写真が撮れないことを後悔しました。

DSCF3674.JPG

 何はともあれ、適当に水中散策をした後昼飯のお弁当を食べます。詳細は後のエントリーで説明予定。

DSCF3688.JPG

 一応綺麗な南国の雲を撮影しました。日焼けで背中や肩がヒリヒリ、肩関節は筋肉痛です。(上半身で泳ぐタイプなので) この後別のダイビングスポットへ行きましたが、水深もあったしサンゴも綺麗だったし満足でした。上陸後、一本呑んだビールでくらくらしました。

2006年09月09日

ローカル食を試してみる・その2

 こちらPhilippinesの訪問先は土曜も出勤です。今日も懲りずに食堂のローカル食に挑戦してみました。

DSCF3651.JPG

 本日試すのは食堂にある「CHOW YAN」(お店の名前)。今回はちょっと抑え目にフライドチキンとカップライス×2がメイン。右上は"UPO GUISADO"というメニューで、スペイン語でUPOは「うり/瓜」、GUISADOは「煮込み」という意味です。(Philippnesは約300年間スペインの植民地でした) 中央上はスープですが、こちらの店では魚のダシが効いたお澄ましという感じです。今回のメニューは結構口に合いました。ふー。

2006年08月28日

携帯の電池が膨張する

DSCF3536.JPG

 上の写真は巷で有名な「妊娠電池」。FOMA P901iSに付属していたものですが、購入から約11ヶ月後の状態です。ここ数ヶ月電池の持ちが悪化したことを我慢しながら使っていましたが、明後日から海外出張ということもあり最寄り駅のドコモショップでチェックしてもらいました。

 結果は電池の無償交換。以下はドコモショップ店員さんが話した内容の要旨になります。

- 保障期間内であり、電池は明らかに膨張しているので交換する。(裏蓋が外れないレベル)
- 電池の充電容量は半分以下に低下。
- 電池の新品交換は店員さんの個人的な裁量。通常電池は交換対象外。
- 私が説明した「帰宅後充電クレイドルに入れ、朝取り出す」方法でも電池に負荷がかかり電池膨張の原因になる。(要はユーザの使用環境に要因がある)

 色々と尋ねたいことはありましたが、出張の準備をしなければいけないので、早々にドコモショップを後にしました。本当に末端のユーザーサポート担当の方は大変そうです。

 帰宅後この一件を同じ携帯を使っているカミさんに話したところ「○×(私の名前)の電池と私のを交換してよ。どうせ明後日から海外出張でしょ?」とのこと。誰か私の気持ちを理解してくれる人はいるでしょうか?

2006年08月24日

冥王星は惑星から除外

 正式な声明が出るとしたらこちらのサイト。
 日本語の声明はこちらかな? 国立天文台のページに速報が掲載されました。

 Wikipediaでは早速冥王星の項が更新されています。アメリカ人は自分たちが発見した唯一の惑星を格下げされて、きっと憤懣やるかたないだろうなぁ... このポスターも冥王星が描かれているうちに手に入れるべきでしょうか。

 占星術への影響はわかりませんが、太陽系最果ての冥王星が惑星から格下げになるのは残念。最初から惑星扱いされていなかったら、銀河鉄道999の凍てつく冥王星駅や、宇宙戦艦ヤマトのガミラス冥王星基地も物語中に登場しなかっただろうに。あと、セーラープルートも。(^^;

2006年08月12日

家族の肖像

 カミさんがコンパスの使い方を長女に教えました。これを描いてみてと長女に対極図を見せたところ、最初は単なる線画を描いてきたそうです。

DSCF3349.JPG

 後でその図を改めて見ると、彩色と「お父さん」、「お母さん」の文字が追加されています。これって長女の家族観なのでしょうか? 面白い...

2006年08月06日

せめて、ボランティアらしく

 昼食後、やってきたのは池袋の森。最近トンボ池のザリガニが活性化しているようなので、久しぶりに豊島区公園緑地課の腕章を付け、放流生物の駆除をお手伝いすることにしました。

DSCF3328.JPG

 今日は天候も良く、管理人室にはセミの抜け殻と、そこから羽化したと思われるアブラゼミが並んでいます。
 ザリガニ獲りはと言うと、炎天下の元一時間ほど頑張ってみました。釣果はザリガニ大×3(うち一匹は捕獲ネットからの引き上げ個体)、ザリガニ小×4です。適当に水底のヘドロをさらうと、数センチの小さなザリガニが一匹か二匹がかかりました。大きな繁殖可能個体はかなり駆除されたと思いますが、やはりザリガニの繁殖活動は続いているようです。

 トンボ池の復活を目指してザリガニ駆除を続けてきましたが、これでは完全なイタチごっこです。やはり水を抜いてヘドロを除去し、一定期間は乾燥させザリガニを根絶した方がいいんじゃないでしょうか。そうしないと、水草もメダカも増えないし、時間の無駄だと思うのですが。(と、自分に残された夏を指折り数えてみる)

2006年07月29日

呑んだくれる週末@お台場ビーチ

 梅雨明け間近と思われる土曜日、怪しげ一家(?)とツルんでお台場へ出かけました。今日は偶然にも隅田川の花火大会です。人は隅田川大橋方面へ流れたのか、お台場は比較的空いていました。

DSCF3251.JPG

 ビーチにあるマリンハウスで待ち合わせしつつ、ガキんちょ供は浜辺で貝拾い。親はデッキで呑み始めます。今夏初の子供用カキ氷はブルーハワイでした。今回は4時以降の待ち合わせなので、海からは夕刻の涼やかな風が吹いています。

 到着の連絡を受けた後、ガキんちょ供の足洗いに手間取りつつデックス東京ビーチの「鴻星海鮮酒家」へ流れました。こちらの店に入るのは二回目です。

DSCF3260.JPG DSCF3261.JPG

 左の写真は「アワビと湯葉の煮込み」、右は冬瓜とシイタケの貝柱のあんかけです。他にも色々と注文しましたよ。フフフ。

DSCF3262.JPG

 ビールの次は紹興酒。ちとカロリー高そうですが。(^^;

DSCF3264.JPG

 最後にはスイーツで。上の写真は「ウサギのマシュマロ」です。私は甘いものが苦手なので、黙々と呑み続けていました。残念ながら蟹とオコゼは入荷が無く、次回以降の持越しとなっています。

 レストランを出た後、同じ建屋にあるゲームセンターに入りました。ちと不健康かなと思いつつ散財。エアホッケーに燃えたので、右手が筋肉痛です。

DSCF3267.JPG DSCF3269.JPG

 レインボーブリッジの夜景や、パレットタウン大観覧車のネオンを眺めながらユリカモメで帰ってきました。疲れた...

2006年07月21日

2006年の夏休みラジオ体操始まる

DSCF3156.JPG

 今年は梅雨が明けぬまま、東京の小学校は夏休みに突入しました。今年もラジオ体操にお付き合いする6週間が始まります。上の写真は夏休みラジオ体操初日の様子。雨がしとしと降っている中、ラジオ体操の放送と当公園のラジオ体操主催者の方によるスピーチだけを聞いてきました。そう言えば去年の初日は晴れ。梅雨も明けていたと思います。

 あと、夏休みラジオ体操初日は毎年恒例お土産の配布があります。今年は親子共々アンパン×2でした。

DSCF3158.JPG

 ところで、上に掲載した写真は今年のラジオ体操出席カードです。去年は二つ折りでしたが、今年は半分サイズで、さりげなくコストダウン? とりあえず猫タイプの次女も小学校に上がったので参加しています。

2006年07月15日

椿山荘で呑んだくれる夜

 梅雨時の天候の悪さで、外遊びができないガキんちょ供が部屋を荒らしています。私もぐちゃぐちゃに散らかった部屋にはうんざり。子供の世話を押し付けるなと、カミさんの三角形の眼差しも突き刺さります。家族のストレスゲージが沸点に達する前に、何とかご機嫌取りのネタを探さなければいけない状況になりました。

 かと言って遠出する元気はありません。静かで適当にオイシイ料理が食べられる場所は無いものかと探したところ、11年前に結婚式を挙げた椿山荘の広告が目に留まりました。ここは蛍の人工飼育をして、毎年六月頃から蛍を鑑賞しながら夕食を食べるというイベントを行っています。それは一瞬で予約が埋まってしまう人気のイベントなのですが、その後に「夏祭りファミリーディナーバイキング」という催し物があるようです。Webにある説明を読むと、何やら私のような庶民向けのイベント。ちなみに、椿山荘は自宅からタクシーで約15分の距離。子連れでも移動は楽チンなので、即決で予約をしました。

DSCF3099.JPG

 とは言うものの、当日も準備には予想通り手間取り開場ぎりぎりの到着となりました。カミさんと次女はワンピースの適当にカワイイ格好をしていましたが、長女はいつものお遊びルック。私はTシャツにGパンの軽装です。まあ、別に結婚式に出る訳じゃないからいいか... 上の写真は、代金と引き換えに配られた本日のお品書き。そして、夜店のチケットです。

 しかしガキんちょ供は、こういった式場に来るのは初めてなんだなと思い知らされました。しきりに「高級な感じがするよ!」「ねえ、これって高級だよね?!」と連発していました。いやはやお父さんは恥ずかしいよ、恥ずかしいよ。

DSCF3092.JPG DSCF3095.JPG

 何はともあれ、こちらはお皿に盛ったバイキング料理です。(サンプル) カミさんは子供の世話にかこ付けて、私に給仕をさせていました。何も食べられなかった結婚式の恨みを晴らすべく、カミさんは黙々と料理を口に運んでいます。

DSCF3103.JPG

 料理が一段落し、ガキんちょ供のお腹も良くなってきたところで、夜店がある庭園に出てみました。ここは結婚式の時、記念撮影をする場所でもあります。娘三人連れて、再びこのテラスに立つとは想像もしていませんでした。ライトアップされた三重塔が夜空に映えています。

DSCF3105.JPG

 夜店には定番の金魚すくいや、

DSCF3114.JPG

 怪しげなおもちゃ屋さん、あり。

DSCF3108.JPG

 次女は金魚と水風船をゲット。長女も金魚を自力ですくっていました。とりあえず二匹の金魚は家のメダカ水槽に投入しましたが、めちゃめちゃ違和感があるので何とか隔離したいと思っています。

 この後庭園を一回りして、会場に戻り時間まで呑んだくれていました。来年こそは蛍を見たいなぁ...

2006年07月05日

25年振りの給食当番

 先週に続き、今週も水曜日に会社を休みしました。仕事手配屋であるカミさんの命を受け、次女が通う小学校で給食の準備を手伝うためです。ここの小学校では週一回の給食がある一年生の間だけ、保護者が交代で配膳の手伝いをすることになっています。実はこの小学校は私の母校でもあり、今でも先輩など関係者が少なからず在籍しているのでサポートは必須です。

DSCF3006.JPG

 本日の給食メニューはナンドックにニンジンソテー、それに豆腐とチキン、キクラゲの卵スープ。飲み物はコーヒー牛乳、デザートはオレンジでした。ナンは保護者と先生用はラージサイズ、子供用はその半分のサイズとか。小学生は体格差があるので、学年が上がるに従って食材のサイズを大きくしているそうです。今回は連絡不行き届きで、大人用の大きめナンは声の大きな生徒さんに渡っていました。

 しかし今でも思い出すのはカレーのお代わり争奪戦。私が給食当番だった当時は、わざと自分の分を最初に少なく盛って、お代わりで山盛りというテクが一般的でした。しかしこれはお代わりが少ないと昼飯が減ってしまうという諸刃の刃。当時の損得については、とうの昔に忘れてしまいましたが。(笑)

2006年07月01日

鯨食ってみる

DSCF2992.JPG

 昼飯を食った回転寿司屋に鯨の寿司ネタが出ていました。私は小学校の給食で鯨の竜田揚げやしょうが焼きを食べた世代ですが、寿司ネタとしての鯨は初めて見ます。臭みがあるかと思いましたが、試しに食べてみると意外とさっぱり味。カミさんの目くじらも、これぐらいさっぱりしているとありがたいのですが。

2006年05月30日

上野動物園に行く平日

 次女は今年の春に小学校へ上がったばかりですが、今日は遠足行事がありました。保護者は現地への送迎をするために一日駆り出されましたが、平日にノコノコと動物園に行くなんて初めてかも。

DSCF2788.JPG

 集合時間間近、ゲート付近には一般客の姿は無く修学旅行生や児童生徒の姿しか見えません。

DSCF2792.JPG

 とりあえずゲート付近のパンダ舎へ。写真は上野動物園に一匹残ったリンリンです。

DSCF2794.JPG

 こちらはゴリラの森にある体重計ですが、どう見ても上二桁はトマソン

DSCF2806.JPG

 次女のキリン観察に付き合いつつも、

DSCF2809.JPG

 両生類館でカエルの展示を見てきました。次女の同級生には両生類を観察していた集団もいましたが、対象が動かないので写生にはもってこいの相手です。

山形お泊り出張・復路編

DSCF2774.JPG

 何とか仕事を終え、到着したのが「さくらんぼ東根」駅です。駅前には、かの佐藤錦を生んだ佐藤栄助のブロンズ像が建っていました。この像は建立早々にサクランボがもぎ取られるという不名誉な事件で有名になりましたが、現在は復元されて元の姿に戻っています。

DSCF2775.JPG

 こちらは駅舎内に設置してある無添加ジュースの自動販売機。自動販売機には山形安達農園と書いてあり、何やらオーガニックな雰囲気を醸し出しています。とりあえず紅玉ジュースを一杯試してみました。自家製を強く印象付ける沈殿物が瓶の底に見えましたが、そんな事は全く関係無く爽やかな酸味でかなりお勧めです。この自動販売機を見つけたら、迷わず何か買ってみましょう。

DSCF2782.JPG

 上の写真はお約束の駅弁。やっぱり呑んだくれのおつまみには、幕の内が一番?

2006年05月28日

山形お泊り出張・往路編

 複雑な身辺事情を反映して、日曜日の移動で山形へ一泊出張をすることになりました。乗った新幹線は午後2時過ぎ。禁煙の指定が取れなくて、喫煙社で呑んだくれながらの移動です。

DSCF2739.JPG

 新幹線ホームの駅弁売り場で見かけたのが上の写真、「夕刊フジ特選おつまみ弁当」です。包装紙の裏側は数独の問題と、この駅弁のお勧めポイントが書いてありました。

DSCF2740.JPG DSCF2743.JPG

 中身はこちら。右の写真は上段、左は下段です。確かに個々の料理はいいのですが、どうも一度に出されてしまうと目移りしてしまいます。個人的にはマーブルチーズとゴーヤーチップスは余計かな? 鶏肉磯辺揚げとがんも煮はいい感じでした。二弾、三弾に期待です。

2006年05月27日

東大五月祭をちょっと見に行く

 お天気の悪い土曜日、長女と三女が暇をもてあましています。(次女は家に居たがりなので除外) 雨も降っていますが、久しぶりに東京大学の五月祭を見に行くことにしました。中学生の時には五月祭好きな友人がいて毎年のように見に行っていましたが、今回は実に約20年ぶりです。

DSCF2732.JPG

 そんな中最初に立ち寄ったのが高電圧実験室。中学生の時にも見に行った記憶があります。二階から見下ろす実験エリアには威圧感のある設備が並んでいました。放電実験の音と光に驚いたのか、いつもは肝の据わっている三女が大泣き。ちょっと刺激が強過ぎたかな?

2006年05月21日

海の生き物返却

 天気予報によると台風一過の東京では気温も上昇し、良く晴れた一日になるそうです。海の生き物を帰すため、これ幸いとお台場へ出かけることにしました。

DSCF2706.JPG

 同行したのは長女と次女、そしてそのお友達です。大人一人に子供三人、とりあえずお台場ビーチの売店で腹ごしらえ(?)をすることにしました。そにしても海が見える場所で直射日光を浴びると、なぜかビールに手が出てしまいます。これって条件付けかなあ。

DSCF2711.JPG

 何はともあれ海の生き物を元居た海に放流。写真を後で見て気が付いたのですが、沖の方でボラらしい魚が跳ねています。

DSCF2717.JPG

 ビーチでは手漕ぎボートのレースが開催されており、凄い人出でした。お台場では日差しは強いものの、風は涼やか。絶好のお台場日和です。

DSCF2722.JPG DSCF2721.JPG

 昼飯はお台場デックスの築地玉寿司にて。左は店長お任せ寿司、右は子供達の注文したお子様寿司です。これってやっぱり弱肉強食の一形態?

2006年05月20日

交通博物館の解体工事始まる

 交通博物館は、先週の5/14をもって閉館になりました。最終日の様子はニュースや新聞でも報道されていましたが、私は近所に住んでいながら様子を見に行くことはかないませんでした。そう言えば前回交通博物館に行ったのは2001年の帰国直後です。
 その一週間後の今日、午前中は久しぶりの良い天気になりました。秋葉をぶらつくついでにと、閉館後の様子を見に行ってみました。

DSCF2686.JPG DSCF2687.JPG

 入り口に設置してあるSLと新幹線の先頭部分、そして屋外展示の車両は既に塀で囲われており、内部では既に解体工事が始まっているようです。大宮の鉄道博物館オープンまでは一年。万世橋駅も含め、交通博物館の跡地利用計画は決まっていないそうです。せめて子供と一緒に楽しめる施設ができるといいのですが。

2006年05月05日

北海道物産展

DSCF2647.JPG

 一人暮らし二日目。東武デパートの8Fアクアガーデンに寄るついでに、「初夏の大北海道展」を覗いてみました。あまりの人出に気押されつつ、お昼の弁当を調達。上の写真は佐藤水産の市場弁当です。

2006年05月03日

ゆりかもめに乗ってみる

 お台場からの帰り道、少し遠回りですが豊洲経由のルートを試してみました。以前は有明が終点でしたが、今年の三月末に豊洲まで延伸になっています。

DSCF2598.JPG

 お台場で列車を待っていると、いきなりゆりかもめが停止してしまいました。駅内アナウンスによると異常を感知したとのことですが、何事も無く数分後には復旧しました。先日のハブ破損事故のこともありセンサの検出感度を上げているのかも。

DSCF2604.JPG

 上の写真は路線の延伸に伴い新設された「市場前駅」。6年後には東京中央卸売市場築地市場に替わる、豊洲新市場ができるそうです。現在駅周辺は造成工事が行われており、まだ何もありません。駅は無人駅で、降りる人は全くいませんでした。

呑んだくれる憲法記念日@お台場ビーチ

 連休初日、再び怪しげ一家(?)とお台場へ出かけました。スマイリーマークの子供用サングラスにドキリとしつつ、親はデッキで呑んだくれです。

DSCF2569.JPG

 まずはビールの飲みながら、子供は放牧。小学校三年生の三人連れなので、浜辺でも時々居場所を確認すれば大丈夫でしょう。水温はまだ低く、泳いでいる猛者は見当たりません。

DSCF2570.JPG

 色々と連休のイベントもあるせいか、結構な人出でした。

DSCF2572.JPG

 お台場ビーチでは潮干狩りができるようです。上の写真は、そこで採れたアサリ。

DSCF2574.JPG

 こちらは第二弾。(本当のところビールは+α弾) アイスクリームとチェロスはお子様用です。

2006年04月30日

南総日帰り旅行・復路編

DSCF2535.JPG

 半ば予想していた穴掘り労働を終え、逃げるように帰路へ。上の写真はお馴染み外房線のローカル電車です。

DSCF2536.JPG

 ホームの高さは低く、電車に乗り込むのにはヨイショと足を上げなければいけません。

DSCF2539.JPG

 都心では見られない窓の開くローカル線で、特急の始発駅である館山へ向かいました。暑がりの次女は窓から入る涼やかな風に上機嫌です。

DSCF2543.JPG

 館山駅で買ったのが、ぬれ煎餅のおつまみバージョン。何とマヨネーズ付です。写真に撮ったものの、カミさんへのお土産にすることにしました。

DSCF2544.JPG

 代わりにおつまみにしたのが、こちら幕の内弁当。よく信越線で長野へ出張していた時は、この組み合わせでよく呑んだくれていました。

DSCF2545.JPG

 次女のお弁当はこちら。食べ残しを狙っていましたが、一食ぺろりと平らげてしまいました。おまけに白ご飯もおねだりされてしまい、ちょっと予想が外れました。まあ仕方が無いと、次女と追加で買った裂きイカを半分こ。他に水割りをダブルで注文し、飲んだくれ状態で自宅に到着です。

 帰宅後先に書いたぬれ煎餅を差し出したところ「千葉のお土産は海産物が常識」と言われ、酔いも半分醒めてしまいました。これは、想定外。

南総日帰り旅行・散歩編

 ようやく目的地へ到着。とりあえず次女が海を見たいと言うので、歩いて海岸へ出ることにしました。

DSCF2512.JPG DSCF2513.JPG

 道端の雑草に紛れて、南総を彩る花が咲いていました。左はマリーゴールド、右はポピーです。

DSCF2514.JPG

 時間がゆっくりと流れる路地を抜け、海岸へ出ました。少し歩くと海岸が岩場に変わります。

DSCF2515.JPG

 天然ライブロックが足元に転がっていました。そう言えば、この近所近くの館山湾はサンゴの北限だそうですね。

DSCF2516.JPG

 今日は中潮で、かなり海岸線が引いていました。この近辺やアワビやサザエの漁場で、漁業権を持つ人以外は採取禁止となっています。

DSCF2519.JPG

 少し歩くと白子港に到着。共同荷捌所は既に静まり返っていました。ここのバケツには、売り物にならない外道が放り込まれています。中には体長50cmぐらいのシュモクザメが入っていました。

DSCF2520.JPG

 港にはおこぼれ目当てかボラの大群が泳いでいました。体長5cmから、大きいものは30cm以上です。

南総日帰り旅行・往路編

 複雑な家庭事情を反映し、次女を連れて南房総まで出かけてきました。七時台の特急ビューさざなみに乗り、一路館山方面を目指します。

DSCF2505.JPG

 やはり電車の旅と言えば、お楽しみは駅弁。今回目に入ったのは30品目バランス弁当です。最近は地域の名産品に加え、こういった健康志向の駅弁が売り出されるようになってきました。次女が買い込んだのはカツサンド。

DSCF2508.JPG

 車窓を眺めていると、船橋駅前のザウス跡地に建つIKEA船橋店が見えました。IKEAは北米でお世話になったスウェーデン家具のお店ですが、日本への出店は大いに期待しています。この沿線にはCOSTCOも出店しており、まさに北米の西海岸駐在経験者にとっては懐かしく思える店が並んでいます。

 そう言えばCOSTCOの発音、本当は「コスコ」。日本のホームページには「コストコ」になっていました。何か違う〜。

DSCF2510.JPG

 色々と思いを巡らせているうちに、電車は千倉駅へ到着。目的地最寄り駅へ向かう次の電車は一時間待ちだったので、タクシーで移動しました。

2006年04月29日

飲んだくれるGW@隋園別館

 怪しげ一家(お互いにそう思っている?)と、新宿御苑近くにある隋園別館で飲んだくれてきました。ここに来るのは半年ぶりです。以前のメニューはこちら

DSCF2501.JPG

 今回は冬季限定の鍋料理に代わって、羊肉の串焼きを注文しました。

DSCF2502.JPG

 こちらは白酒のマオタイです。グラスに「紹興酒」と印刷がありますが、気にしないで下さい。

2006年04月27日

じゃがポックル内地に来たる

DSCF2474.JPG

 これは知る人ぞ知る、北海道限定のお菓子「じゃがポックル」です。一度会社で口にしてから、何とか手に入れたいとチャンスを伺っていました。通販等を調べてみましたが、軒並み品切れ。Googleに尋ねても、関心の高さが伺えます。

DSCF2473.JPG

 そんな状況の中、いつも朝食を買っている駅のコンビニで「いもこっち」なるものを発見しました。4/25発売開始で、二ヶ月間のキヨスク限定だそうです。どちらも製造はカルビー。見た目も似ているし、ちょっと興味を引かれて買ってみました。

 両者の関係はよくわかりませんが、なるほど食感はよく似ていました。買い溜めしようか悩ましいです。(笑)

2006年04月23日

京王プラザホテルで盛り上がる

 中学校を卒業してから二十数年、部の顧問だった恩師のご退官に合わせて記念の集いが開催されました。私はそこへノコノコと軽装で現われ平静を装っていましたが、昔と変わらぬ恩師を横目に、すっかり変わってしまった友人、後輩(全く変わらない人もいますけど)の姿を見て、過ぎてしまった年月にただただ圧倒されるばかりでした。

DSCF2460.JPG DSCF2462.JPG

 まあ、独白はこれぐらいにして上に掲載したお菓子を紹介します。これは後輩の女性が先生方にプレゼントしたアイシングクッキー。とても丁寧に作られていて、見ていても楽しいので写真を撮らせてもらいました。別に宣伝するわけではありませんが、ご入用の方はこちらからどうぞ。

DSCF2463.JPG

 最後はBRILLANTになだれ込み、私を含めたATM(要は支払いの面倒を見るOB最年長組み)が最後まで盛り上がっていました。まあ、想定内、想定内。

2006年04月16日

バケツプリンに群がる

DSCF2415.JPG

 法事で親戚が集まったところへ、弟が投入しました。見かけによらず、なかなか美味。
 googleに尋ねると結構人気の商品みたいですが、店名を検索キーワードから除くとネイティブのバケツプリンが引っかかります。

2006年04月08日

チューリップ満開

DSCF2345.JPG

 午前中は次女の小学校入学式。校庭では花壇に植えられたチューリップが満開でした。

2006年04月04日

等々力緑地の夜桜

DSCF2337.JPG

 散りかけの夜桜。野郎だけの花見。
 ちょっと寒いネタ?

2006年04月01日

桜咲く四月

 今週末が桜の見頃です。ところが日曜日は桜を散らす雨が降るとか。来年の桜を五体満足で見る自信が無いので、今年の桜を見物に九段方面へ出かけることにしました。

 私と同じ事を考える人が多かったのか、九段は例年以上の人出です。地下鉄の駅から地上へ抜ける階段は牛歩状態。何とか地上へ出ましたが、九段周辺は凄い混雑で歩道橋も落ちそうでした。

DSCF2309.JPG

 九段から靖国神社の鳥居を抜けると、少しは混雑も落ち着きます。以下の写真は、拝殿から遊就館にかけて満開の桜。

DSCF2318.JPG DSCF2320.JPG

 その後は九段周辺の混雑を避け、白百合学園の前を抜け飯田橋経由で帰宅しました。桜を見るのも楽じゃないです。

災害は忘れた頃にやってくる

 先日Movabletypeにログインしようとすると、以下のメッセージが...

Invalid_login.jpg

 慌ててメールをチェックすると、このWebを設置しているProhostingからシステムのハードディスク障害が現地時間3/29 8:30AM に発生したというお知らせが入っていました。(Prohostingは北米Utah州のLake Utah東岸にあります) 一応バックアップからシステムをリストアして障害は復旧したそうですが、一部のデータが消えているとか。何やら私が見舞われた問題と関係がありそうです。

 念のためサーバ上のデータベースをバックアップと比較してみましたが、ファイルの破損は無さそうです。googleでMovabletypeのログイン不具合情報を検索してみると、Berekley DBのバージョン不整合に症状が似ていることがわかりました。とりあえず初期と現在のバージョン情報を比較してみると、

Original : Version 1.804
Current : Version 1.811

 一応ビンゴのようで、この場合データベースを更新することで対応が可能なようです。早速サポートに変換を依頼しましたが、一晩返答を待っている間にサーバのメンテナンスcgiからコマンドが直接出せることがわかり、自分でデータベースの更新を試してみました。具体的には /db で db_upgrade *.db *.idx を実行するだけで、作業は一瞬で完了します。

 その結果、何とすんなりログインできるようになってしまいました。結局データは破損しておらず、ハード障害に伴って更新されたBerekley DBのバージョン不整合によりデータベースが読めなくなっていただけのようです。

 しかしいつも返答の早いProhostingのサポートですが、今回は全くメールの返事がありません。元々一般ユーザだけではなくE-Commerceにも力を入れていたようなので、金銭が絡むサイトの対応に追われているのかもしれません。きっと週末も稼動なんでしょうか。

2006年03月29日

続・牽引治療を受ける

 首の痛みはだいぶ良くなりました。牽引治療は計三回、今回は二回目です。以下は前回のエントリーで紹介しそこねた牽引治療器の写真。

DSCF2282.JPG

 この輪になっている部分に治療を受ける人の顎と後頭部を引っ掛け、機械は自動的にワイヤーを一定間隔/荷重で引っ張り上げます。私の場合は15秒間隔で10秒ずつ、荷重は10kgfでした。治療中は自分の姿を想像して、吹き出さないように注意しないといけません。

DSCF2283.JPG

 これはナースコールのボタンと説明されましたが、本当は機械直結の緊急停止ボタンでしょう。赤いボタンがナースコールなんてありえません。この手の機械にはパトライトがお似合いなんじゃないかと思います。

2006年03月26日

低反発性枕を試す

DSCF2279.JPG

 首の痛みを少しでも解消できるならと、最近良く見かける低反発性の枕を買いました。(本当のところはカミさんに買ってもらったんですけど) 東急ハンズで実物を見てみると、TEMPURの製品で大体お値段は大体一万円前後。この手の雑貨が安かった北米生活が懐かしく思えてきます。とりあえず海外の通販サイトで同じ製品を探してみると、お値段は大体$80-程度。今の為替レートを考えると妥当ですかねえ。

2006年03月25日

また、池袋の森へ出かける

DSCF2276.JPG

 上のヒキガエル、トラックバック先のエントリーと同じ彼氏です。トンボ池の片隅で鳴いているのを(出遅れたのを悔やんで泣いている?)のを目ざとく次女が見つけました。

 トンボ池の浅瀬に産み落とされたヒキガエルの卵ですが、一部はオタマジャクシへの変態も終え泳ぎ出していました。次の週末には、オタマジャクシの群泳を見ることができるかもしれませんね。

2006年03月24日

牽引治療を受ける

 まだ親と一緒に寝ている一歳半の三女ですが、ベッドの上で長女や次女がそうだったように私とは直交姿勢のH字型になっています。頭がこちらを向いている時は連続頭突き、足では不意のヒールキックが得意技。夜中に目が覚めると、まめに川の字配置へ直すようにしていました。

 一昨日の早朝、同じように上体を起こして三女を動かそうとしたところ、左肩甲骨下辺りに鋭い痛みが。しばらく我慢していると寝返りも打てないほど痛むようになってしまいました。

radiological_image.jpg

 痛みが引くことを期待して一日我慢しましたが、どうも悪化の傾向です。上は痛みに耐えかねて駆け込んだ外科で撮ってもらった頚椎付近のレントゲン写真。診断によると、頚椎の変形が慢性的に進行し、実はそれが痛みの原因になっているそうです。

 詳しく話を聞くと、頚椎は普通前の方が出っ張るように湾曲しているそうです。それが私の場合逆に反っており、本来バランスしているモーメント荷重が頚椎の根元付近に負荷を与えているとか。慢性の場合、頚椎の一部が変形するそうですが、私の首はその症例と思われるそうです。

 とりあえず筋弛緩剤と痛み止めの湿布をもらいましたが、この手の症状には「牽引」なる治療法があるそうです。今日はその一回目を受けましたが、機械に命を預けるのは飛行機だけでカンベンです。どうも治療中はリラックスできず、腰も少し痛くなったような... 早く治ってほしいです。

2006年03月19日

池袋の春

 子供達に今年はもう蛙が卵を産んだという話をしたところ、何とオタマジャクシの実物を見たことが無いと聞かされました。これはイカンという訳で、子供三人を連れて出かけたのは一駅離れた池袋にある「池袋の森」。ここのトンボ池では、蛙が卵を産み、既に一部はオタマジャクシに成長しているそうです。

DSCF2253.JPG

 これはトンボ池の中に産み落とされている卵。最初は場所がわからなかったので、居合わせたこちらのBlogの管理人さんに場所を教えて頂き、おまけに生ヒキガエルまで見せて頂きました。本当にありがとうございます。

DSCF2254.JPG

 公園の管理人室前には、オタマジャクシ隔離水槽が置いてあります。案の定子供たちからはオタマジャクシを飼いたいコールが。片付けたばかりのゾエア水槽ですが、すぐに出番となりそうです。

2006年03月15日

SAYONARA Clie

DSCF2248.JPG

 2003年5月に購入したClie TG-50ですが、SONYのPDA撤退ということもありキーボードの付いたW-ZERO3に乗り換えることにしました。最初に買ったPDAはHP200LX、次がJornada720、GENIO e550と変遷しました。その後Clieに乗り換えたのは、WinCEの複雑怪奇なシステムに嫌気を感じたのが理由です。基本的に200LX以降のPDAには満足していません。

 とりあえずTG-50付属のIntellisyncでOutlookへデータを移行しましたが、どうもW-ZERO3との同期がうまくいきません。色々といじくっているうちに、PCのデータが重複コピーされて、ぐちゃぐちゃになってしまいました。国内でもPalmOS採用のスマートフォン出ないものでしょうか...

次女卒園する

DSCF2241.JPG

 次女の卒園式と謝恩会に出席するため、会社を一日休みました。
 講堂での卒業式と、手作り謝恩会。先生方、二年間どうもお世話になりました。

2006年03月12日

サクラサク?

DSCF2233.JPG

 桜の特徴は花軸が長く、梅や桃は枝に直接花が咲くのが特長とか。
 これって本当に桜なんでしょうか? 日当たりの良い、大塚駅に向かう都道にて。

2006年02月18日

飲み会@浅草

DSCF2205.JPG

 怪しい人達と浅草で飲み会。散々おでんを食った後、最後はお茶漬けで。写真は海苔茶漬けですが、海苔がご飯よりもたくさん入っていたような。

2006年02月13日

山形出張

 久しぶりの山形出張。新幹線をもってしても、日帰りでは実質働いている時間よりも移動時間が長くなってしまいます。帰りは5時代の新幹線で帰路につきました。

 下の写真は車内販売限定の駅弁。これに水割りの缶×α杯を買い込み、調子良く飲みながら帰宅しました。今年の冬に東北へ来たのは初めてだったのですが、例年以上の積雪です。新幹線も除雪が追いつかないのか、雪の壁からせり出した積雪を新幹線が擦りながら走っていました。

DSCF2197.JPG

 これは駅弁の中に入っていた能書き。はやて弁当といい、最近の駅弁にはこの手の説明書がよく入っています。

DSCF2198.JPG

2006年02月12日

葛西臨海水族館

 秋葉原にすずめっき線を買いに付き合ってくれた次女へのサービスに、葛西臨海水族館に行ってきました。保育園の遠足付き添いで数年前にも来たような記憶がありますが、今回は三女も連れての再訪です。

DSCF2146.JPG

 ひと通り水族館内を見終わり、屋外に出るとペンギンの生態展示コーナーがあります。ここは階段を下りたところに水中からペンギンを観察できる場所があり、地上とは違った俊敏な生態を見ることができました。下の写真は、そのひとコマ。近くで眺めると、ペンギンって結構目つき悪いです。

DSCF2152.JPG

 展示池の一角には金網で仕切られた雛ペンギンの隔離コーナーがありました。我が家にも子供の隔離コーナー欲しいです。

DSCF2154.JPG

2006年02月04日

凍える上野動物園

 何の気まぐれか、長女と次女にお願いされて冬の動物園に行くことになりました。帰国直後の2001年6月以来です。開園直後を狙って上野動物園に行くと、案の定人影もまばら。入り口近くに集合している幼稚園保育園の集団が気勢をあげています。

DSCF2112.JPG

 パンフレットを手に取り、番号に従って巡回。半分も来たところで寒さのためか燃料切れ寸前です。キリンは飼育舎に引きこもって見ることはできませんでした。ペンギンは寒さをものともせず、はつらつとしています。

DSCF2117.JPG

 弁天門側から動物園を出て、昼飯を食べに池之端方面へ歩きます。ガキんちょ共はボートに乗りたがりましたが、却下! 不忍池は風が強く、ちと危険そうでした。

DSCF2119.JPG

2006年01月22日

飲んだくれる日曜日

 長女を連れ、秋葉経由で買い物をした後池袋で昼飯を食べることにしました。長女のお目当ては東武屋上のムシキングです。

DSCF2110.JPG

 昼飯に立ち寄ったのは、メトロポリタンプラザ7FのLIONです。とりあえず昼過ぎからハーフ&ハーフの中ジョッキ×2杯。やっぱり休日はこうじゃないとね。

DSCF2111.JPG

 おつまみはエスニック風の牡蠣焼き。ホットソースがよく合います。

2006年01月02日

神田明神初詣

DSCF2012.JPG

 毎年恒例、IT業界に身を置く立場から神田明神へお参りに行ってきました。今年は二日の参拝ながら、小雨の中結構な人出です。

 去年の熊手を返納し、今年は一つアップグレードした\1500-のものを買いました。

DSCF2018.JPG DSCF2077.JPG

 ついでに手を出したのが上の写真のこれ。神田明神のTI守りです。PCに貼ったのが右の写真。違和感無く溶け込んでいるのが神田明神の技量なのでしょうか。

2005年12月25日

Lonpos 4D

DSCF1981.JPG

 次女がサンタにお願いしたクリスマスプレゼントは"Lonpos 4D"というパズルゲームでした。このゲーム、繋がった球体を組み合わせて平面や立体図形を作るものなので、昔流行った"Pentomino"に似ています。
 それにしてもどこからこんなパズルの情報を仕入れてきたのか。次女の嗜好はちょっと大人っぽい(?)ようです。

2005年12月24日

Noradサンタ追跡2005

 毎年クリスマス恒例、Noradのサンタ追跡プログラムが始まりました。ただ今の時間、新幹線の100倍もの速度で日本を通過中だそうです。

2005年12月17日

飲んだくれる年末@隋園別館

 怪しげな方々と共に、新宿御苑近くにある隋園別館で飲んだくれてきました。

DSCF1948.JPG

 前菜盛り合わせの後、水餃子の次に来たのは「合菜戴帽」。野菜大目で結構お気に入りです。

DSCF1949.JPG

 こちらは中華鍋物。メニューは失念してしまいましたが、満州風漬け物の和え寄せ鍋かな? ソースは癖になる美味しさ。
 
DSCF1950.JPG

 北京ダックは三点セットは多すぎるので、今回は皮だけ。

DSCF1951.JPG

 最後に杏仁豆腐がデザートです。

2005年12月08日

餅つき行事で頑張る

DSCF1931.JPG

 次女が通う幼稚園で餅つきの行事がありました。当日は毎年恒例で某相撲部屋の力士さん二人がお手伝いに来てくれています。私を含め男親数人もお手伝いに借り出されました。お相撲さんが豪快に杵を振るう横で父親数人が頑張っても自然とギャラリーの声援は一方へ向かいます。(笑)

 上の写真は途中で見かけたイチョウ並木。紅葉した葉が目に刺さります。足元は落ち葉の絨毯でした。

2005年12月07日

呑んだくれる夜@新宿

DSCF1927.JPG

 帰宅間際に携帯電話が鳴りました。電話をかけて来たのは中学校時代の同級生♂、何でも一人で飲んでいるから付き合えとか。話を聞くと場所は新宿京王プラザホテル2Fにある、BRILLANTというバーだそうです。海外を転々としていた頃は出張先のホテルにあるバーで一杯というのはよくやっていましたが、日本に帰ってきてからはすっかりご無沙汰していました。

 上の写真はオリジナルカクテルのラ・フェスタ。第22回HBA創作カクテルコンペティショングランプリ(国土交通大臣賞)受賞だそうです。他にも多々呑んでしまい、久しぶりに山手線終電コースでした。

2005年12月02日

三女、点滴治療を受ける

P1010001.JPG

 一昨日から続いていた三女の下痢がひどくなり、また昨晩からは嘔吐もするようになってしまいました。カミさんは既に有給を使い果たしているので、私が三女を病院へ連れて行くことになります。診断の結果、病名は感冒性の胃腸炎。食事をしてもすぐに吐いたり下したりしてしまうので、病院で点滴治療も受けることになりました。

 乳幼児は血管が細く、注射の針がうまく入りません。先生も散々苦労しましたが、何とか成功。三女の病状悪化が、病院が開いている平日だったのは不幸中の幸いでした。

2005年11月26日

祝! はやぶさ着陸

 本日朝7時過ぎ、JAXAの打ち上げた小惑星探査機「はやぶさ(MUSES-C)」が小惑星イトカワに二回目の着陸を行いました。一回目の着陸は事後に判明し、表面の岩石採取はかないませんでしたが、二回目の着陸ではサンプルの採取装置の動作が行われたようです。前回の着陸から注目していましたが、打ちっぱなしのNASAやESAの惑星探査衛星と違って、はやぶさの探査計画はインタラクティブな面白さがあります。

 しかしLiveCamに映るリポビタンDと8インチフロッピー、そしてパイプ椅子の会議室。海外でも気が付いた人はいるのでしょうか。

2005年11月03日

入間航空祭

 陰鬱な気分のときは空や海を眺めることにしています。飛び石休日の文化の日、以前から弟に誘われていた入間航空祭に行ってきました。

DSCF1822.JPG

 まずは会場最寄り駅の西武池袋線「稲荷山公園駅」。予想以上の人出です。池袋から来ると踏み切りを渡るのですが、案の定大渋滞となりました。

DSCF1834.JPG DSCF1846.JPG

 会場に到着したのはCH-47(輸送用ヘリコプターです)の飛行展示中でした。その後は昼休みの後、お待ちかねブルーインパルスの曲技飛行になります。やはり目前で行われる曲技飛行は感動モノ。連れて行った長女と次女を交互に肩車していました。

DSCF1853.JPG

 曲技飛行を終えて、着陸したブルーインパルスのT4。辺りには帰投フライト目当ての方々が多数居残っていました。

秋深し

DSCF1859.JPG

 実家で採れたざくろです。子供達が「歯が抜けた〜」と、食べ残したざくろの種を持ってきました。(笑)

2005年10月18日

新潟県柏崎出張

DSCF1744.JPG

 複雑な身辺事情を反映し、新潟県の柏崎市へ出張することになりました。この近辺は金属加工の中小企業が集中し、有名なところではiPod裏面の鏡面研磨を手がける会社もあるようです。(お隣の燕市ですが) 今回の訪問先も某Appleの部品を手がけているそうです。会議室には見慣れた製品の部品が展示されていました。

 往復は新幹線と在来線。片道三時間の旅程でした。上の写真は新幹線社内で食べた駅弁です。帰路ではおいしいご飯をつまみながら、またもや呑んだくれてしまいました。

2005年10月08日

本日のスパイス

DSCF0016.JPG

 雲行きの怪しい三連休、初日の土曜は次女の幼稚園で運動会でした。午前中で終わりなので、囲碁教室に通う長女以外で昼はお茶大前のナマスカへ。ここは次女のリクエストでしたが、三女も恍惚とした表情でナンを食べ満足そうでした。

DSCF0018.JPG

 夜は長女の通う小学校の父兄懇親会です。久しぶりに飲み放題メニューだったので、山崎のダブルばかりを飲んだくれていました。上の写真はデザートのアイスクリーム。中身と容器が同じかは定かではありません。

 その後二次会はカラオケへ。翌朝筋肉痛決定です。

2005年10月02日

ゲームカートリッジ洗浄される

DSCF1597.JPG

 朝方洗濯機から乾燥済みの衣類を取り出していると、何かが床に落ち軽い音を立てました。上の写真は、その落下物。Nintendo DS用のゲームカートリッジのようです。とりあえず長女を問い詰めると、友達から借りたポケモン・ダッシュだとか。だからあれほど洗濯物はポケットを確かめるように言ったのに...

DSCF1600.JPG

 ゲームカセットは弁償するとして、保存データを救えるか確認することにしました。外装は既に熱で変形しており、そのままではDSに入りません。外装の接着部分を剥し、熱で膨れている部分を切り落とすことで何とか本体に装着可能になります。上の写真はカートリッジの中身ですが、Mask ROMにSerial EEPROM各一点と簡単構成でした。

 取り急ぎ動作チェックをすると何と問題無し。(唖然) いやはや、本当にソリッドステートって強いものです。どこかに外装だけ売っていないかなぁ...

2005年10月01日

晩飯のおかず

DSCF1590.JPG

 晩飯は両親と近所のお粥屋さんへ行きました。ここは珍しい中華粥の専門店です。お粥はダシが効いている上に、揚げパンの入った本格的なもの。一品料理もなかなかで、上の写真はオススメのアジの丸揚げ野菜あんかけです。

ガチャピン現る

DSCF1584.JPG

 池袋東急ハンズ入り口前に何やら人だかりが。遠目で見ると、皆さん携帯電話をかざして写真を撮っているようです。その中心に居たのは、何と「ガチャピン」。彼は1973年に放送を開始した「ポンキッキ」という子供番組の人気キャラクターです。今でも「ポンキッキーズ」として番組は続いているそうですね。(次女に聞いたら「知らな〜い♪」だそうです)

2005年09月21日

本日の給食

 次女の幼稚園で行われる定例の誕生日会に出席するため、会社を休みました。本当はそんな場合じゃないのですが、家族の信用残高維持のため已むを得ません。その月に誕生日を迎える幼稚園児の保護者(昔は父兄と呼んだそうですが)は壇上で二曲合唱。私以外はお母様方ばかりでした。後には先生方の劇が続きます。

DSCF1554.JPG

 誕生日会が終わり、長女は二次保育へ放り込みます。今週は長女が通う小学校の授業参観週間でもあり、どんな神妙な顔をしているのかと小学校へ向かいました。本日はまた、祖父母を招いて給食を一緒に食べるイベントもあったようです。上の写真は、当日の給食。私の父が顔を出していましたが、現代の給食はどうかと尋ねたところ「コッペパンと脱脂粉乳でも食わせときゃいいんだ。こんなに食わせて、もっと運動させなきゃどうするんだ。」と憤慨の様子。言い方はともかく世界で十億人が肥満と言われている今世紀、そう考えるのもアリなのかもしれません。

 その後、小学校は2時前に切り上げ、先日より体調の悪かった三女を医者へ連れて行きました。診察結果は風疹か突発性湿疹。風疹の予防接種を受けていないこと、また保育園では風疹が流行っていることもあり、おそらく風疹ではないかと思われます。医者からは明日も保育園を休むよう言われたので、自動的に明日も会社を休むことになってしまいました。

2005年09月18日

バックパッカーへの道しるべ

 へとへとになって名古屋駅で帰りの新幹線を待っているとき、最後の事件がありました。帰りの新幹線が出発する10分前、出発ホームへ登ったところ長女が行方不明。慌てて待合室やホームを探したのですが、どうも見当たりません。直前の行動を考え直しているとホームへ出た直後、長女に出発ホームと座席番号を教えたのを思い出しました。実際乗るはずだった列車はその一本後だったのですが、脊髄反射行動に長けている長女はホームで待っていた一本前の列車に乗ってしまったに違いありません。乗るはずだった列車に乗りそびれ、ホームから数度の呼び出しと先発列車への確認を駅員さんにお願いしたところ、案の定先行列車内で車掌さんに保護されていることがわかりました。

 いつもは喧嘩が絶えない次女ですが、長女が行方不明になった後めそめそしていました。なにはともあれ長女の無事を次女に告げると、へへへという顔をして笑顔が戻ります。ヤレヤレ、だから女の子は信用できない。

DSCF1531.JPG DSCF1535.JPG

 駅員さんの取り計らいで東京駅で長女と落ち合うことになりました。次女は長女と分ける予定だった名古屋サンドを独占し、ご機嫌です。私はひと安心とばかりに、「みそかつ&えびふりゃ〜弁当」をおつまみに呑んだくれることにしました。ちなみに最後の長音記号は「ー」ではなく、「〜」です。適当にビブラートをかけるのが、正しい発音なのでしょうか。

 東京駅到着後、新幹線の南側改札方面にある駅員事務所へ行き、長女をピックアップしました。どんな神妙な顔をしているのか、相当なショックを受けているのではないかとドキドキだったのですが、本人はケロリとしていました。駅員さんと本人の話を総合すると、名古屋出発後に車掌さんに保護され、車掌室に移動。その後、車掌さんの取り計らいでグリーン車の空き座席を陣取って悠々と車窓見物をしていたそうです。東京駅到着後はテレビを見ながら煎餅を食べ、ジュースを飲んで迎えを待っていたとか。この一人旅に味をしめて、バックパッカーになってしまわないかと心配になりました。

ポケモンパークの一日

DSCF1509.JPG

 子供達との信用残高を積み増すため、お約束のポケモンパークへ行くことにしました。周到な準備のもと、新幹線のぞみの指定券を握り締め東京駅へ向かいます。上の写真は、朝食の「日本の味博覧会」駅弁です。子供達はやわらかカツサンドを頬張っていました。

DSCF1512.JPG

 名古屋駅へ到着すると、自然と目は駅弁屋へ向いてしまいます。ご当地名産を探すと、名古屋コーチンやら味噌カツを盛り込んだお弁当が並んでいました。いやはや、これは試さねばなるまい。

DSCF1515.JPG

 名古屋駅から一駅の「あおなみ線ささしまライブ駅」で降ります。まあ混雑は予想の範囲内とメインゲートをくぐりましたが、既にまわりのお子様方は相当な気合の入りようです。とりあえず会場を一望しようと観覧車に乗りました。上の写真は、そこから眺めた会場の様子です。

DSCF1520.JPG

 本日のお天気は快晴。ぐんぐん上昇する気温を感じつつ、園内の露店に目が行きます。やはり観光地プライスには乗せられまいと、自動販売機でお茶のペットボトルを調達しました。

DSCF1521.JPG

 しかし、凄い待ち行列です。注意を怠ると、子供達は己の欲求のままに並ぼうとします。これは良い機会と分-時の換算を教えながらパーク内をまわりました。

2005年09月17日

日暮里駄菓子問屋街

DSCF0044.JPG DSCF1498.JPG

 カミさんに以前から頼まれていた剣先スルメを調達するため、日暮里の駄菓子問屋街を再訪しました。上の写真左が2003年2月当時の面影です。ここは駅前再開発の一環で、現在40階建てのビルが建設途中でした。

 肝心の駄菓子屋ですが、二軒だけ付近に残っていました。その店頭の様子が右の写真です。何とか剣先スルメ \1700-/箱で調達できました。この駄菓子屋さんは、およそ二年後を目処に完成する駅ビルに入るそうで、今後剣先スルメの調達は一安心です。

ヨドバシのある週末@秋葉

DSCF1496.JPG

 iPod nano探索の一環で、開店最初の週末を迎える秋葉のヨドバシへ出かけました。結果は4G在庫無し。それにしても、エライ混雑でした。皆さんヨドバシを物見遊山なのかなぁ... 他人のことは言えませんけど。(笑)